こだわり社長

ホーム > こだわり社長のつぶやき
こだわり社長
「平成最後のバームクーヘン」広島 高気密高断熱 投稿日:2019年04月22日
平成があと僅かで終わろうとしています。
バームクーヘンづくりを初めて約一年険しい道のりでした(笑)
早稲田神社になにか食体験できるイベントを作ってと依頼され
工務店に食を依頼して来るところもすごいですが
「いいよ!」と気軽に了承する自分も結構すごい(笑)

あやめ幼稚園で初めて体験したバームクーヘン

私のバームクーヘンの出会いはあやめ幼稚園で体験したバームクーヘン体験
ホットケーキミックスの生地を使い
竹を使い火にかけながら廻す濃く普通の焼き方
簡単にできるだろうと考えていました。
早稲田神社仲間にバームクーヘンの歴史の広島発祥情報を教えてもらい
手軽で作ろうとする自分に喝を入れました。
バームクーヘンの歴史や発祥を調べると奥が深く
中途半端が嫌いな自分の心に火が付きました。

木家造人プライド

木を使う者としてこだわりたいのが心棒
バームクーヘンは、樫の木で焼いたとどこかに書いてあり
やはり、広島県産樫の木にこだわりたい
木のエキスパート大竹の小城六衛門商店に相談探してくれました。
小城社長の提案で樫の木以外の木も使っても面白いのではないか?
5種の木を用意してもらいました。
生地も無添加にこだわり仲間と一緒に開発
何度も何度も失敗を繰り返し味の追求をしていきました。
生地もある程度完成すると今度は焼き方の追求
火加減

焼きのタイミング
塗り重ねるタイミング
回転の速さを検討しながら形にしていきました。

平成最後のバームクーヘン

平成最後のバームクーヘンイベントの依頼先
広島百貨店の老舗「福屋」さん企画『大人のための贅沢な森遊び』
なかなか、粋な企画だと思いながら参加させたいただきました。
コンロは3台

メレンゲ作りをたいへんしてそれからバームクーヘン焼き体験
わいわい言いながら楽しく体験していただきました。
今回は、それぞれのチームのバームクーヘンを食べ比べてもらい
焼き上がりの違いを確認してもらいました。
木を扱う工務店としてのこだわりと自然を体験すると言うことで
ブナ
山桜
樫の木

森に生えている木の材質によって焼き上がりの違いを確認してもらいました。
木の密度によって違いがよくわかり驚かれていました。
苦労した結果、「どれも美味しい!」と言っていただき
福屋で売れるとも言ってもらえました(笑)

平成最後のバームクーヘンのいい思い出です。
私の担当が終わったあと
ジビエカレー、ジビエ料理やトーチで焚き火、星の天体観測などの体験もさせていただきました。



ものづくりと「愛情」って深い
制御され機械で造る時代
想いの籠もった手作りは
機械では味わえないエッセンスが造り手の愛情に含まれます。
好き
楽しい
喜んでもらう
いろいろな気持ちがこもった物はやはり素晴らしい
私は、相手の喜んでもらう顔を想像しながら「愛情を注ぐ」家造りをしています。

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
「こだわりから見えるもの」広島 高気密高断熱の家 投稿日:2019年04月18日

こだわりから見えるもの

 

人の感じるものすべて家に関わっています。

 

私のこだわりはすべて家造りに通じています。

 

例えば昨年から取り組んでいるバームクーヘンづくり

 

バームクーヘンも奥が深く

 

どんどんハマっていきました(笑)

 

バームクーヘンコンロのこだわり

 

 

「ただの棒を置く台じゃん!」と思いがち

 

ただのコンロではありません

 

コンロも色々と考え悩み作り出されました。

 

一斗缶を半分に切る

 

どのように半分に切るか?

 

普通は長方形に切りそうですが

 

建築屋としてはそれでは火力にムラが出る

 

アルミを三角にする事で集熱し

 

ムラのない熱を作れないか検討して採用しました。

 

炭の火力を安定させる為に

 

大きさの違う穴を空けました。

 

コンロ研究と共にコンロ台も開発

 

熱いアルミのコンロ台を支える台

 

軽さと持ち運びを考慮して木を採用

 

解体組立が出来るようにしました。

 

しかし、木は火に弱いそう思われがち

 

その欠点を補う為にの工夫

 

アルミの放熱性を考え木とアルミの間に

 

空間を設ける事で台木が燃えない工夫をしています。

 

 

木にも当然こだわりを持っています。

 

 

カールユーハイムさんが100年前

 

 

広島で始めて焼いたバームクーヘンに使われた芯棒

 

 

かしの木

 

 

忠実に当時を再現したいと思いましたが

 

 

それ以上に思ったのが熱伝導

 

 

よく竹などを使われていますが

 

 

空洞があるため熱が伝わりやすく熱い

 

 

木のプロとしては譲れない事

 

 

握りやすさ回しやすさ長さ重さ

 

 

熱の伝わりやすさを検討し太さを決定

 

 

そして実験を兼ねて木の比重と共に

 

 

5種類の国産広葉樹を集め検討

(かしの木は広島県産)

 

 

その中でベスト3を決めました。

 

 

かしの木は、熱の吸収率もよく

 

 

熱を貯めるのに

 

 

熱を手元まで伝えにくいので熱くならない

 

 

 

 

一番安定してバームクーヘンが焼ける木でした。

 

 

さすが、カールさん!

 

 

すごい

 

 

そして、ヤマザクラ!ブナ!

 

 

 

 

 

山桜は、使えば使うほど味が出る木

 

 

木も正確で個性があって面白いと思いました!

 

 

木は本当に素晴らしい

 

 

こだわりから見えるもの

 

 

「それは真実」

 

 

私のこだわりの家は「真実」の塊です。

 

 

何事にもこだわり尽くす

 

 

妥協の文字はありません(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
「バカ真面目な人生」広島の家 投稿日:2019年04月14日
相見積



残り僅かな人生を時間をかけ



命懸けで培ってきた技術と知恵アイデアを



ただで手に入れようとする人達は人殺しです(笑)



マッチングサイトや家造りに責任ない人達が



相見積を煽り利益を得



不真面目でお金に貪欲な人達が人を騙し



欲のくらんだ役人や政治家達の汚職や都合で



とりあえずの競争入札という



下げているのか



上げているのか



分からない様になり



見抜く事や



信用しない人が増え



世の中曲がった世界になりました。



コストダウンを研究し



相手の幸せを思い



絶対正義を貫くこれが大事と思っています



利益優先、手間暇抜く



「幸」一本抜かれ



「辛」に変わる



人を騙すシステムが偉く



真面目はバカという時代



要領を高めシステムに乗るのは簡単ですが



そこまでの過程を知る努力も大切!



実際会って目を見て話す



理想の話か



現実の話か



良いところだけのうわべの話か



良いところ悪いところ含め



真実の話かの見極め



そこにたどり着いた過程を聞く



家造人は作者でもある



家庭の未来ストーリー描き



未来まで幸せに暮らせる家を



バカ真面目に造る









バカ真面目に育てられる息子達



令和時代に生きる事が出来るのか?



不安ですがバカだから自分を真じます(笑)





ページ先頭へ
岡田工務店の強み
パッシブライフ
ブログ
イベント情報
施工事例
ただいま施工中
リフォーム事例
メルマガ登録はこちら
OKADAチャンネル
会社案内
資料請求・お問合せ
コンテンツ
  • 岡田工務店の強み
  • パッシブライフ
  • ブログ
  • イベント情報
  • 施工事例
  • ただいま施工中
  • リフォーム事例
  • メルマガ登録はこちら
  • OKADAチャンネル
  • 会社案内
  • 資料請求・お問合せ
  • 物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル

    物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル
    こだわり社長のつぶやき
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ