ブログ

ホーム > ブログ > マンションリフォーム
ブログ
「空間をクリエイトする」広島工務店 広島リフォーム 防音室 投稿日:2018年08月14日

いだる暑さが続きますね。

 

最高気温を見るのが嫌になります。

 

広島の最高気温って実際もっと高いと思うのですが観測している場所は中区上八丁堀

 

広島地方気象台の場所になります。

 

結構緑が多い場所で最高気温を測定しているので気象庁の発表よりも通常の街中は

 

気温が高いと思います。

 

車高の低いベビーカーに乗せていると赤ちゃんなど注意しましょう!

 


エイジング


 

お盆休みといいたいところですが現場でやりたい作業があり

 

その作業で暑さと戦っています。

 

只今、施工中の賃貸ルームいよいよ最後の仕上げに掛かりました。

 

エイジング(アンテークに見せる技法)用いて

 

コーディネートしているのですが、小技を効かせています。

 

オーナーおまかせ依頼というのも合って

 

キッチン・建具・家具など手作りで作ります。

 

今日は、土間のエイジング下地づくりでした。

完成したらオープン見学会を行います。

 

その時はぜひ遊びに来てください(笑)

 

 

ページ先頭へ
「カッコいい賃貸ルーム」広島工務店 広島リノベーション 投稿日:2018年03月17日

春一番

 

花粉症が猛威をふるっています。

 

ティッシュの消費が激しくなります。

 

現在は、花粉も含めPM2.5や光化学スモックが浮遊しています。

 

風向きの問題もあり広島は平均して北北東の風が多く飛んできます。

 

北北東方面はどうしても山手からの風のため花粉を運びやすい状況です。

 

空気の入れ替えは平均的にAM11時ぐらいから南南西に代わる風に合わせ行うことをお勧めいたします。

 

PM2.5や光化学スモックは日本海側もしくは南西方向から浮遊してくるので

 

長時間の入れ替えはお勧めしません

 

 

来週から賃貸リフォームに取り掛かります。

 

 

五日市でおしゃれでかっこいい賃貸を造り好評を得ているので自信をもっています。

 

 

今回、広島市内で造ります。

 

 

ご期待ください!!

 

 

 

 

ページ先頭へ
広島 健康住宅パッシブライフ 「マンションチェック」 投稿日:2016年10月27日

カープの話題で持ち切りですが私も心労です。

 

29日にサンフレ森崎選手の引退試合があります。

 

サッカーファンは、昼サッカー夜野球の人もいると思います。

 

広島って本当にスポーツに恵まれた街素晴らしい!!

 

 

 

「マンション」

 

家造りのこだわり

 

たくさんの日々家が誕生しています。

 

日本住宅において家造りをする中で思うこと

 

家の値段が高くなり、収入が減っている現実

 

住宅を持つべきか?賃貸で住み続けるべきか?を悩むところです。

 

よく、マンションと住宅も比較されますが、

 

私はマンションも造り住宅も造ってきて

 

「岡田さんが住むならばどっち?」と言われれば迷わず「一軒家住宅」を選びます(笑)

 

 

住宅においての共用部と専用部の費用をパパッと計算してみると

 

専用部分の材料を集計してみると「えっ?これだけ?」という材料しかありません

 

あと、施工費これもビックリするくらいの単価です。

 

マンションは土地代と共用部費用が大半になります。

 

金額的な事でいえば圧倒的に住宅の方が

 

自己所有比率が高いので同じお金を出すならば一軒家と答えます。

 

街中の地域や生活条件を考えたら一軒家は難しいという方もたくさんいらっしゃいます。

 

新築マンションや中古マンションで購入を考えられている方も多いと思います。

 

 

マンション選びのポイントとリフォームポイントいくつかご紹介いたします。

 

 

マンションでも角部屋や最上階、最下階や玄関ドア付近など結露対策が必要となります。

 

マンションの場合、発砲ウレタン+GLという形が多く今でもあまり対策が取られていないません。

(コストと部屋の広さ確保のため難しいため断熱に関してはレベルが低い)

 

通常のマンションは立地によりますが南側バルコニー北側共用廊下というパターンが大半です。

 

西側の角部屋は西日対策、東側の部屋は寒さ対策が必要となります。

 

北側に押入れや収納がある場合は、使い物にならないくらいの結露が発生する恐れがあります。

 

広島においてマンションで北風が南南西に向かって吹き下ろします。

 

その方面に風を遮る隔てや近隣にマンション等がない時は直接ドアに冷たい風が当たり

 

ドアが結露水で大変なことになります。

 

 

ポイント1

マンションの建っている向きと部屋の玄関ドア位置

 

玄関ドアの位置が冷たい風が当たらないように工夫されているか?

RCマンションの場合、気密性がいいのですがどうしても性質上、北側玄関が寒くなります。

全空エアコンを設置していても共用玄関ドアがどうしようもなく断熱性能が弱いため冷気が入ってきます。

住宅では、温度ムラを検討しヒートショック対策をしますが、

玄関ホールと通じている廊下が多いため廊下が寒い傾向になり洗面やトイレに行くときにひんやりしたところを

移動しないといけないので廊下が玄関ホールが寒い傾向があります。

実際、対策は難しいのですがずっと昔から思っていることはその廊下に何か電気代の少ない暖房設備が設けれないか?と考えています。

(玄関ドアに車の曇り止めみたいなヒート線をつけてマンションの屋上で太陽光を設置して共用電気を使い結露対策をすることができれば最高!)

 

玄関ホール廻りにコンセントがないマンションが多いのでチャックポイントです。

 

ポイント2

エアコンの取付位置と方法

 

中古マンションは本当に悩みます。勝手にコアを開けることができないので

実際どうすることもできあないマンションが多く

「うるるとさらら」は配管が大きくなりクーラースリブに収まらないマンションもあります。

何もないマンションを買ってエアコンの配管だらけになちゃったという傾向になります。

特に北側の部屋はエアコンがつけられないという条件の部屋もあるので

クーラースリブとコンセントの位置に注意しましょう!

 

 

ポイント3

PSと配管方法と電気製品

 

 

設備系はマンションでは本当に重要です。

マンションの配管は共用配管と専用配管に分けられます。

専用配管は床下に転がしてある配管、共用配管は縦に落ちる配管で

昔と違い今の配管はよくなりましたが、縦に落ちる排水配管は部屋内を通っていることが多く

古い建物では上階の使った排水音が共鳴して伝わってくることがあります。

設備のスリブの入れ間違えやなどにより偏心させているなどで排水時の水が偏心部にあたり

音を出すことがあります。特にキッチン部分付近にPSがあるときはちょっと耳を澄ましてチェックしましょう

 

そして、家電製品(冷蔵庫、洗濯機)が入らない場合があります。

冷蔵庫や洗濯機が大きくなり、持っている洗濯機が入らない場合があります。

引っ越す前にちゃんと注意しましょう!

 

住宅と違いマンションは自由が利きにくいので最初のチェックが大変重要です。

 

そして、中古マンションやリフォームにおいても十分検討して行う必要があります。

 

マンションリフォームもマンションをよく熟知している業者に依頼されるのがお勧めです。

 

マンション点検、チェックは夕方遅めがお勧めです。

 

(水廻り、西日、冷え込み、子供の騒音など色々なことが一度に確認できる)

 

 

岡田工務店ではインスペクション及びマンションリフォーム等も行っています。

 

マンション断熱改修も得意です。

 

DSC06625.JPG

 

ゼネコン時代 ライオンズマンション、藤和不動産マンション、ダイヤパレスの現場監督

 

メンテナンス&クレーム対応担当をしてきた知恵と経験があります。

 

是非、ご活用ください(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ページ先頭へ
お問合せ・資料請求
ページトップへ