ブログ

ホーム > ブログ > 岡田工務店こだわりの家づくり
ブログ
「あなたの家は人間でいうと何歳?」高気密高断熱の家 投稿日:2019年04月12日

 

つながりって面白いですね。
ONE条さんと競合になりお家を建てさせてもらったり
3軒S友林業のリフォームの問い合わせがあると思ったら
20年オーバーの2軒M井さんの建てた建物相談
なぜか重なるものですね。
ごちゃごちゃになりそうです。

ハウスメーカーの家から見えてくるもの

ハウスメーカーは以前にも書きましたが一番古いハウスメーカーで積水で60年
住友林業や三井も決して古くからあるわけではありません
しかも、ユニット系から入っているため耐久年数は高くはありません
実際、建物を見せていただくと住宅の劣化度がまったく違います。
自分たちが造った家とハウスメーカー家の違いはどこにあるか明確に分かっています。
しかし、メーカーブランド力及びプランニング力が強くよく見える
これは、私たちみたいな小さな岡田工務店では対抗できません。
しかし、岡田工務店がハウスメーカーに勝るものは現場対応力と経験指数
95年の歴史もそうですが、20歳でこの本格的に建築業界に入り
28年間たくさんの経験を積んできました。
50年前合板フローリング
33年前サイディングは夢の外壁材といわれ
私が入社したころ塩ビ製品が出始め、塩ビ製品はすごいと言われました。
コストダウンが流行したころのマンションは直貼り工法
バブル時期は、外壁全面タイル
造作浴室からユニットバスになりシステムキッチン
アルミ樹脂サッシュアルミ混合
ペアガラスや複合サッシュ
今も湧き出るように新製品が出ています。
その中で言えることは、既製品に頼ることの「リスク」が挙げられます。

商品を売るの事で企業は利益を得ます。
しかし、既製品はパーツが無くなると全交換という形になり
簡単に交換できるものなら良いですがユーザーの負担が大きくなります。
現在、住宅メーカーの生き残りをかけた形態が
スクラップ&ビルドビジネスから長期保証メンテナンス循環ビジネスに変わってきました。
オリジナル商品をつくり、周期的にメンテナンスで縛り利益を上げる手法
15年前から大手ハウスメーカーが、種植えし今収穫時期に来ています。
ハウスメーカー責任逃れるため、メンテナンス事業として系列子会社を立上げ攻勢をかけ始めました。
(ハウスメーカーの下請けしていた時、このシステムを予測して推進していましたが却下されました)
しかし、そのメンテナンスの金額はメーカー価格
家を建てた後、資金計画に入れていなかったメンテナンス価格がのしかかってきます。
それで困っている建物が多くあり相談を受ける事が多くなりました。
長寿命住宅ようやく言われ始めましたが形だけで
長期的に耐久性が浅い建材が多く将来どうなるんだろうと心配しています。
今後、建材メーカーも統合されたり消滅するところも増えると思います。

建材に頼らない交換メンテが容易な家づくりが見直されると思います。


昔からの家づくりの基本
「時代を感じ未来を予測する」
木造住宅を受継いできた者が伝え残す言葉だと思います。

あなたの家は人間でいうと何歳?

耐震診断やインスペクションなどをする機会が増え
築年数の違う家をたくさん見ることが多くなりました。
築60年の家
ハウスメーカーや建売築浅の家
建築家の家
たくさんの家を見てきて
近頃思うことは、人間1歳と家の1歳が同じでない事
60年経っている建物なのに若く見える家
たった10年しか経っていないのに老けて見える家
3年しか経っていないのに死んでいる家(苦笑)
本来、日本の木造住宅は、火事さえ合わなければ長持ちし
歳を取らないはず


私が勝手に近頃の住宅の家年齢換算すると

1年で2歳
5年で10歳
10年で20歳
20年で48歳
30年で70歳


このくらいのペースで劣化経過しているように見えます。
残念の家が多くメンテナンスの程度で変わってきますが
結果、建材依存していることが原因と思っています。


岡田栄治が目指す家づくり

いくら性能や機能が良くても使い勝手や部品が交換ないと壊されます。
いくら安く造っても、メンテナンス費用が掛かれば同じです。
(予算に合わせ必要部分にお金をかけ、交換できるところのコストを落とすが大切)



いくらかっこよく造っても流行に流されてしまえば、家に対しての愛着がなくなります。
私がつくるった家が30年40年経っても喜んでもらえなる家でないと



私が死んだ後の後継者に顔向けできません
永遠のライバル父の造った家は、亡くなった後もたくさんの喜びの声をいただき



正直、うれしい反面、負けた感があり悔しい気持ちもあります。
父が残した家が今でも喜んで住んでいただいて住み続けられているのは
「妥協しない家づくり」と「歳をとらない家づくり」をしてきたからだと思っています。
世の中に建物を残す責任と重圧は、歴史を守ってきた者しかわからないかもしれません
私の造る家は「全力棟求」
大げさと思われますが命がけです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
「蛙の子はカエル」広島注文住宅 投稿日:2019年04月8日

蛙の子はカエル


 

近頃、父の建てた60年ものや54年物のリフォーム依頼があり

 

現地調査に伺わさせてもらいました。

 

その建物を本当に気入っていただき

 

「本当に良い建物を作って貰ったので後世に残したい」

 

リフォームを決めたと言うことです。

 

生前

 

「お前がすることはわしの時代にやり尽くした」

 

「機械が新しくなっても日本の家造りの考え方は同じ」

 

「時代や流行に流されるな!」とよく言われました。

 

エアコンやバリアフリーや断熱性能や外装内装材簡素化など

 

時代は大きく変わっていきました。

 

普及材料や機械等の良否がこれから決められようとしてきます。

 

ハウスメーカーや建材メーカーが標準化されまだ20数年しか建っていません。

 

今からあらゆるところでメンテナンスが発生してきます。

 

住み手も高齢化になり最初からバリアフリーで慣れ親しんだため

 

今まで以上に段差に気を付ける必要が出てきます。

 

股関節を鍛えていないと言うことの弊害です。

 

 


昔を知ることの大切さ


 

昔を知ることは本当に大切で

 

「昔の家はなぜ和室に段差があるのか?」

 

このことも知らず段差を悪者にされる方がいらっしいますが

 

これは理にかなった素晴らしい理由があります。

 

時代は代わり残念ながら和室が減ってきましたが・・・

 

細かい収まりに関しても昭和スタイルとはいえすごく出来たデザイン

 

 

正直、悔しいくらい考えられています。

 

材料がない時代なので製品に頼らず収まりでかっこよさを

 

表しているところが素敵です。

 

その建物を細かく見ると随所にこだわりがみえ

 

なんか悔しさまで感じます。

 

こだわりは蛙の子はカエルと思いますが、追いつかない永遠のライバルです。

 

平成生まれの昭和を知らない子達がこれから主役になります。

 

良き昭和イムズと令和を融合させ新しいモードを作り上げて行きたいと思います。

 

素敵な家を求めるならば、丈夫で長持ちは当然ですが

 

造り手のこだわった納まりは家を後世に残す秘訣です。

 

近年、そこまで考えて家造りをしている業者って少ないでしょうね。

 

薄々気づいていましたが何でもかんでもこだわって生きてきたため

 

あらゆるものに精通した記念物的な工務店かもしれません(笑)

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
「岡田工務店の外壁塗装」広島 外壁塗装  投稿日:2019年03月15日

外壁明装の季節到来ですね。


 

これから梅雨前にかけて外壁塗装のシーズンになります。

 

外壁塗装は位置の間にか外壁屋さんがする工事と思われますが

 

岡田工務店も工事しています。

 

岡田工務店が外壁塗装工事は、塗装業者に丸投げではなく

 

専属で個人塗装職人を使って施工しています。

 

家を一棟建てるため、塗装以外にも

 

住宅の総合的な管理ができ

 

致命的な問題も事前にキャッチして修繕することができます。

 

だだ化粧をするだけでなく、下地を大切にすることが大切です。

 

そして、現場管理の大きなポイントとして

 

やはり外壁塗装の目的は家を長持ちさせるという事

 

そのためには、様々な知識が必要です。

 

その知識を持ち合わせ最適な処方をすること

 

それが本物の外壁塗装工事になります。

 


失敗のしやすい為の色決め


 

外壁塗装をされたとき、品のないお宅を見受けます。

 

申し訳ないですが、品を下げ貧乏そうな家になっている家

 

いかにも安く塗装したんだなぁ~という感じ

 

もったいない話です。

 

岡田工務店の塗装は風景と調和した塗装工事を目指しています。

 

折角、綺麗にするのに品を下げるというのはもったいない。

 

大切なポイントです。

 

岡田工務店は、建築用パースを使い周囲の植栽や彩まで考慮を行い色を調整しています。

 

日の当たりや角度によっても景色が違うので

 

色々な角度を考慮して考えています。

 

 

パース見比べチェック状況

 

失敗しない塗装工事のポイントです。



ページ先頭へ
 最近のエントリ
 カテゴリー
ブログ(394)

はじめに(10)

プロフィール(7)

社長のつぶやきコラム(79)

岡田工務店こだわりの家づくり(16)

「歳を取らない家」(5)

遊家の家づくり(120)

初めての家造り(8)

ストレスを軽減する家(3)

家造りポイント(6)

賢い資金計画(1)

賢い キッチンづくり(2)

賢い 浴室づくり(2)

賢い 庭づくり(1)

賢いメンテナンス(3)

賢いエネルギー(1)

賢いリフォーム(1)

賢い家造り(8)

健康住宅 睡眠(4)

健康住宅 ストレス(6)

健康住宅 カビ(7)

健康住宅 空気環境(4)

健康住宅 色(3)

健康住宅に 照明(1)

困った 中古住宅(1)

困った 片付け(1)

困った マンションリフォーム(1)

困った 涙のクレーム(10)

困った 環境問題(52)

困った ややこしい同居や相続(0)

困った 火災(4)

困った 離婚と家(2)

困った 結露(2)

困った 火災保険(1)

安心 二帯住宅(2)

安心 耐震診断(8)

安心 耐震構造(2)

こだわり リビング・ダイニング(1)

こだわり子供部屋(1)

こだわり 家電(4)

こだわり 照明 光 色彩(5)

こだわり 家造り(1)

長持ち 健康(8)

長持ち こだわり(1)

長持ち 土地(1)

長持ち 間取り(1)

長持ち 基礎(5)

長持ち シロアリ(2)

長持ち 構造材(6)

長持ち 屋根(1)

長持ち 断熱気密(6)

長持ち 外壁(2)

長持ち 外壁塗替え (0)

長持ち 音(7)

長持ち 高気密高断熱(1)

長持ち 通風計画(4)

長持ち 設備(3)

長持ちキッチン(1)

長持ち デザイン(0)

長持ち 家具(1)

長持ち 光熱費(2)

長持ち 内装(4)

長持ち 壁紙(1)

長持ち 畳(0)

長持ち リフォーム(3)

長持ち ウッドデッキ(0)

長持ち 現場管理(2)

長持ち その他(0)

長持ち 家に関係なし(0)

施工住宅動画紹介(5)

子育て日記(6)

住宅医のつぶやき(4)

長持ち外壁塗装(2)

ブログアーカイブ
岡田工務店の強み
パッシブライフ
ブログ
イベント情報
施工事例
ただいま施工中
リフォーム事例
メルマガ登録はこちら
OKADAチャンネル
会社案内
資料請求・お問合せ
コンテンツ
  • 岡田工務店の強み
  • パッシブライフ
  • ブログ
  • イベント情報
  • 施工事例
  • ただいま施工中
  • リフォーム事例
  • メルマガ登録はこちら
  • OKADAチャンネル
  • 会社案内
  • 資料請求・お問合せ
  • 物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル

    物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル
    こだわり社長のつぶやき
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ