ブログ

ホーム > ブログ > 賢いリフォーム
ブログ
「10年点検」 注文住宅 広島 工務店 投稿日:2019年05月20日

10年点検


高須台の家も10年を迎えました。

 

あっという間の時間

小さかったお子さんも成長しストーリー新たなストーリー生まれています。

 

家にとって10年は、わずかな時間の経過と思える家でないといけません

残念ながら、近代の家は消耗品的な造りが多いため

同じ10年でも家の劣化に差が出てきます。

特に人工的な商品は劣化指数が高く

紫外線劣化や熱劣化によりダメージが多く見られます。

私の作る家は10年経っても外壁劣化はあまりありませんでした。

10年前

10年後

 

 

残念ながら換気扇外部フードは汚れていました。

これは、専用の汚れクリーナーで洗浄します。

 

内装も構造からバランスよく木組み設計しているため

クロスも目立ったひび割れはなく良好の状態でした。

設備関係も漏水等の問題なし

しかし、キッチンはやはり消耗品

頻度が高いためクリーニングが必要な状態でしたので後日

クリーニングに伺いたいと思います。

 

基礎断熱の床下も問題なし含水率を含め良い状態でした。

あと、フローリングは少し考えるところがありました。

うずくりフローリングが流行っていた時代

私もその当時予想できなかったのですが、エンボスが凸凹があると

椅子などのひこずりで削れるという事が分かりました。

見た目的にメンテナンスが必要なので対応させていただこうと思います。

 

 

あまり気付かれていないですが、設備埋設配管は汚れています。

結構、問題がある状態のお家が多いです。

配管内の写真はリアルなので割愛

 

 

近年節水型トイレの普及で配管に流れる水量が大きく減ってきました。

それに伴い、配管にたまる汚物が残り、配管にこびりついている状態

油汚れも食洗器で洗う事が多くなり配管に溜まっている状態が多く

年数を重ねるうちにその汚れ(油系と汚物)が積層化されいずれ配管つまりに繋がります。

節水型エコ6が2006年発売

それ以降住宅の配管は詰まりやすくなっているので

エコの意味が減るかもしれんが空で水やお湯を流す

定期的に配管の高圧清掃することをお勧めいたします。

 

岡田工務店は、年点検の時に配管の高圧洗浄をサービスで行っています。

あまり目立たない作業ですが、家を長持ちさせる上の大事な点検項目です。

 

 


100年先を考える


100年なんて大げさ

弊社も親子三代がたすきリレーしてようやく100年を迎えようとしています。

広島市内は、原爆により家が焼失したのもあり100年残っているお家はあまりありません

だから、100年も残る家というのは本当にまれなことだと思います。

古民家でよく何百年も保っている家がありますが、根本的に家の構造が違います。

昔の知恵が集結して出来上がった家

修理しやすいく、時には壊しながら修繕していきました。

そのために、家を長く保つことが出来ています。

しかし、現在の住宅は既製品パーツや機械に頼りっぱなしで60年保証とか長期保証を言っていますが

疑問だらけです、1パーツそれぞれの対応年数がバラバラ

実際、30年もつの?という建材もたくさんあります。

 

 

テントパーツの劣化破損

(○○パッキン)と同じ材質

 

 


交換率が高い建材たちに振り回される時が来る


 

交換すれば修理代がかかる

 

修理=時限爆弾(お金出費)

 

これは、本当に長持ちするという事にはなりません

私は100年長持ちする家という気持ちでつくることで

5年が1歳、100年が20歳という気持ちで家づくりをしています。

そのくらいの長いスパンで想定した家でないと35年という時間が短くなり

たくさんの地雷が潜むことになり

家計に重荷になることにつながり長持ちする家でなくなります。

 

 

うすうす皆さん気付かれていると思いますが

家が壊れなかったら企業はどうなるか?

 

企業利益

 

丈夫で長持ちは企業にとってプラスを生みません

ほどよく壊れるこれも生き残るための術

 

 


小さいころから 父が酔った時、何度も聞かされた言葉


 

「丈夫で長持ちする家は、儲からんじゃろ!」

「社長のところは丈夫すぎるけんねぇ~」

「儲け方が下手じゃ!」ってよう言われたわ!」

「じゃけどの!家は儲けるために造るんじゃないで」

「喜んでもらう事を考えて一生懸命造るんで」

「儲けようと思って家を造ると守りに入って家がボロくなる」

「そうなると喜んでもらえん」

「そのためには丈夫で長持ちする家」

「まずそれが一番なんじゃ」

「それを分かってもらうまでには時間は掛かかるけどの」

「中途半端な物を残すと生きるのがしんどうなる」

「ちゃんとしとけば、自信をもって胸張って生きれるけん」

「そこが大事なんで!」

「あいつら調子に乗って儲けに走ったあいつらは今おらん!」

「まじめで丈夫で長持ちする家造らんと会社はもたん!」

「目先で考えずしっかり悩んで生きんと、お前もあいつらと同じになるで!」

「人任せにせずちゃんと考えて最後は自分の目で確かめんといけんで」

「よう覚えとけよ!」

 

はっきり言って相当うっとうしかったですが、洗脳って怖いものですね。

私の生き方のベースになっています(笑)

 

この思いは伝わりにくいですが10年後、30年後、60年後と時が経つにつれて伝わります。

(残念ながら60年後は私は生きてはいないですが(苦笑))

 

 

住宅デザインと施工が一体化しないと長持ちする家を造るのは難しい

私が設計とデザインと施工にまで関わり、いろいろな知恵を後世に教え伝えていく

これも大事な事、歴史を造る仕事として岡田プライドの誇りを持って造っています。

 

なんか書いていたらだらだらなってしまいました。すいません

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
「4K難民」広島 工務店 投稿日:2019年02月15日

テレビのブロックノイズ障害との戦い

 
ドラマ好きの二人からのテレビが映らない
 
鬼のような苦情に耐え切れず
 
ケーブルテレビに変えました。
 
15歳の時にこの家に越してきて
 
33年テレビの歴史が大きく変わりました。
 
VHS VS ベータ戦争
 
BS放送
 
ブラウン管テレビから
 
プラズマ VS 液晶戦争
 
アナログ放送廃止から地上デジタル放送に代わる
 
その間の同軸ケーブルは
 
75Ω当時最新だった5C-FBはもはや化石
 
BSは映るがCSは不可能な配線で取替不可能
 
それだけでもカープが見れずストレスなのに
 
最新の4K8Kになれば完全に死にます。
 
S-5C-FBやS-7C-FB時代
 
同軸ケーブルを入れ替えられない
 
そもそも電波の受け取り方が違うので
 
4K対応テレビだからと思って見ていても
 
普通のデジタル放送だったという
 
4K8K難民がうじゃうじゃになる予想です。
 
だけど、私が思うに映像がよく見えても
 
肝心の目が見えないと意味がないので
 
4Kテレビを買う前に

私はタナカの眼鏡で先にメガネを買います(笑)
リフォームで壁を剥ぐならテレビ配線も交換しましょう!


ページ先頭へ
「何が違うの?本物の高性能住宅とは」広島の工務店 投稿日:2019年01月28日

高性能住宅


近頃よく聞く高性能住宅

 

高性能住宅は構造や断熱材

 

気密性能わかりやすい部分だけで表現

 

している傾向で

 

私的に??と思うことが多々あります。

 

コストが安く作るのは当然ですが

 

いるものを減らすのは

 

コストダウンではありません。

 

ローコスト住宅というのもいかがなものなのか?

 

「造る家に何年住みたいですか?」

 

ずっと聞いてきました。

 

高度成長期時代は

 

「息子の代になれば建て替えればいいんよ」

 

という言葉をよく耳にしてきました。

 

今の時代は昔と違い

 

長寿命化を目指すようになってきました。

 

私が見てきた大工にも種類があります。

 

マンションの造作大工

 

建売大工

 

注文大工

 

なんちゃって宮大工(笑)

 

大工教育を受けてきた師匠によって

 

その違いが大きく変わります。

 

木造住宅の家造り中の材料で

 

構造材、波柄材、仕上材と大きく分類されます。

 

わかりやすいのは構造材や仕上材ですが

 

波柄材についてあまり語る人はいないと思います。

 

しかし、この波柄材の使い方一つで大きく

 

家の良否が変わってきます。

 

住宅メーカーや設計事務所であっても

 

波柄材の使い方を熟知している

 

人は少ないと思います。と言うか

 

どこでどの様に使われているか

 

すら分からない人が多いのではないか?

 

当然、適正な使い方も

 

結構、大工さん任せで

 

師匠の教え通りで良いも悪いも

 

それぞれ癖を持っています。

 

知っていますか?

 

住宅会社の殆どの大工さんって木完後

(大工の仕事が終わること)

 

完成した家をあまり見ていない事を

 

職人さんって実は流れ作業で

 

仕事の責任が薄い事を今は昔と違い

 

棟梁や職人の責任が下請け工務店や内装業者になり

 

結果、木を見て材料を見て仕事する職人が

 

減ってきました。

 

波柄材の量が多いほど手間や人工がかかり

 

コストが上がりますが

 

長持ちさせる為必要な作業になります。

 

岡田の家は手間がかかると

 

職人嫌われますが絶対に必要な仕事なので

 

抜けませんし単価も多少高くなります。

 

残念ながらなかなかわかってもらえません(涙)

 

しかし、その作業の重要性は

 

5年10年それ以上になると

 

耐久性や住宅性能の差が大きくわかります。

 

高性能住宅の本質は

 

今ではなくその先にあると思います。

 

私が社長になり目指してきた

 

「経年劣化に強い家」

 

高性能住宅10年物が沢山生まれて来ています。

 

10年経っても変わらない雰囲気と快適空間

 

照れるくらいの喜びの声を頂き嬉しく思います。

 

長持ちさせるには

 

波柄材のこだわり大切です!

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
 最近のエントリ
 カテゴリー
ブログ(398)

はじめに(10)

プロフィール(7)

社長のつぶやきコラム(80)

岡田工務店こだわりの家づくり(19)

「歳を取らない家」(5)

遊家の家づくり(120)

初めての家造り(9)

ストレスを軽減する家(3)

家造りポイント(6)

賢い資金計画(1)

賢い キッチンづくり(2)

賢い 浴室づくり(2)

賢い 庭づくり(1)

賢いメンテナンス(4)

賢いエネルギー(1)

賢いリフォーム(1)

賢い家造り(8)

健康住宅 睡眠(4)

健康住宅 ストレス(6)

健康住宅 カビ(7)

健康住宅 空気環境(4)

健康住宅 色(3)

健康住宅に 照明(1)

困った 中古住宅(1)

困った 片付け(1)

困った マンションリフォーム(1)

困った 涙のクレーム(10)

困った 環境問題(52)

困った ややこしい同居や相続(0)

困った 火災(4)

困った 離婚と家(2)

困った 結露(2)

困った 火災保険(1)

安心 二帯住宅(2)

安心 耐震診断(8)

安心 耐震構造(2)

こだわり リビング・ダイニング(1)

こだわり子供部屋(1)

こだわり 家電(5)

こだわり 照明 光 色彩(5)

こだわり 家造り(2)

長持ち 健康(9)

長持ち こだわり(1)

長持ち 土地(1)

長持ち 間取り(1)

長持ち 基礎(6)

長持ち シロアリ(2)

長持ち 構造材(6)

長持ち 屋根(1)

長持ち 断熱気密(6)

長持ち 外壁(2)

長持ち 外壁塗替え (0)

長持ち 音(7)

長持ち 高気密高断熱(1)

長持ち 通風計画(4)

長持ち 設備(4)

長持ちキッチン(1)

長持ち デザイン(0)

長持ち 家具(1)

長持ち 光熱費(2)

長持ち 内装(4)

長持ち 壁紙(1)

長持ち 畳(0)

長持ち リフォーム(3)

長持ち ウッドデッキ(0)

長持ち 現場管理(2)

長持ち その他(0)

長持ち 家に関係なし(0)

施工住宅動画紹介(5)

子育て日記(6)

住宅医のつぶやき(4)

賢い共稼ぎの知恵(1)

長持ち外壁塗装(3)

ブログアーカイブ
岡田工務店の強み
パッシブライフ
ブログ
イベント情報
施工事例
ただいま施工中
リフォーム事例
メルマガ登録はこちら
OKADAチャンネル
会社案内
資料請求・お問合せ
コンテンツ
  • 岡田工務店の強み
  • パッシブライフ
  • ブログ
  • イベント情報
  • 施工事例
  • ただいま施工中
  • リフォーム事例
  • メルマガ登録はこちら
  • OKADAチャンネル
  • 会社案内
  • 資料請求・お問合せ
  • 物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル

    物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル
    こだわり社長のつぶやき
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ