ブログ

ホーム > ブログ > 長持ち 健康
ブログ
「カビ調査」 広島の工務店 投稿日:2019年01月25日

光町マンションカビ調査に行きました。

 

マンションの一室を調べる中でまず重要なことは

 

その部屋の方位を調べることからはじめ風向きチェック

 

 

外気温と室温と湿度、サーモカメラを使い結露部分の温度を調べ原因を調べます。

 

 

 

 

 

 

そして、室温に対して対象部屋が何℃結露するかを算出しました。

 

クロス張替えをするのは簡単ですがクロスを交換するだけでは解決しません

 

対象部屋で寝起きする人の健康状態を確認

 

鼻炎系のアレルギーが有ると聞きカビが原因要因の一つと判断できる

 

部屋に入った時なんとなくけだるく感じたので二酸化炭素濃度を測る

 

二酸化炭素濃度が異常に高い3000ppmことに驚きました

 

原因はリビングのファンヒーター

 

空気の移動で2酸化炭素のたまり場になっているようなので

 

窓を最低2分開ける様にお願いし

 

実際開けると室温は1度程度の低下で600ppmまで下がりました。

 

さすが気密の高いRCと思いました。

 

 

カビは元から死滅させてクロスをはらないとすぐに発生します。

 

提案的にインナーサッシュ(二重窓)

 

換気及びサキュレーターなどで空気溜まりを作らないことが大切

 

予算の都合もあると思いますのでまずは最小限で出来る改善方法を提案しています。

 

 

 

ページ先頭へ
「インフルエンザ」広島 工務店 投稿日:2019年01月23日

息子がインフルエンザ


家に帰ると息子がインフルエンザAに
 
先週の木金土は東京で過ごし
 
日曜日は家でゆっくり
 
月曜日の午前中で発熱
 
喉の痛みを訴えて
 
昨日、インフルエンザ判定
 
潜伏状況を考える
 
木曜日の飛行機
 
土曜日の電車
 
土曜日の飛行機
 
この中のどれかだと思う。
 
やはり、マスクの防衛が必要だったかもしれない
 
新薬を飲み
 
昨晩は、変な幻覚行動を起こし
 
今朝鼻血が出たらしい
頑張れ!

幻覚行動に注意が必要

 
大人であれば電車通勤や自動車、自転車運転
 
子供は、バルコニーや出窓や階段廻りに注意が必要です。

温活のススメ

だけど、悪い話だけではない
 
高齢者は別として高熱を出す頃で体に蓄積されている
 
悪性の細胞を死滅させてくれる効果もある。
 
バカな私は、高熱が出たら喜ぶので家族に笑われる。
 
息子も私の子なので
 
「お父さん39度まで熱が出たよ」と喜ぶ
 
時間があるときはギリギリまで薬を飲まず発汗で補う
 
長年、基礎体温をどうしたら上がるか研究していますが
 
いくらお風呂に入ってもサウナに入っても
 
食べ物で調整しても
 
体温を39度まで上げることは不可能で
 
やはり、風邪を惹かないと難しい
 
強い体にするためには刺激が必要
 
体温と免疫力の関係は大きく
 
 
体温管理はとても重要
 
温活は基礎体温を上げるためには
 
食生活や運動だけでは難しく
 
部屋づくりが大切な要素になり
 
部屋づくりをする上で
 
新築やリフォームで皆さんに断熱を熱く語る理由はそこにあります。
いくらお金があっても
 
いくら遊びたくても
 
いくら仕事がしたくても
健康でなければ何も出来ません。
 
次は流行に敏感な自分かなぁ~(笑)
ページ先頭へ
「風通しの良い家」広島 工務店 投稿日:2019年01月21日

昔の小学校はスートーブ

 

私の通っていた牛田小学校は木造校舎がありました。

 

部屋をガンガン温めて授業を受けていました。

 

しかし、隙間風がすごく窓際は寒くてしょうがなかった気がします。

 

牛田小学校も近年エアコン化され暖房はエアコンに代わりました。

 

勉強的にはあまり熱くないほうが良いと思いますが寒すぎると

 

風邪をひきやすくのインフルエンザが流行り始めます。

 

FFタイプの暖房器具は空気汚染や2酸化炭素発生率が多く

 

2000~3000ppm以上に達することが多く小学校の換気回数

(1000ppm以下が望ましい)

 

基準2.2回/hになるとほぼ開けている状態になる。

 

そこで換気扇が登場することになるが配管ダクトの場合清掃の都合で性能低下している現状

 

既存の換気扇では対応出来ないため窓を開ける必要がある

 

エアコン導入が推進されているが旧小学校のつくりであれば

 

教室状況はますますドライアイや喘息などが増え劣悪化されるかもしれません

 

だだ、子供は順応する能力はあると思うので大丈夫とは思いますが・・・

 


風通しの良い家


 

近年、断熱気密性能が上がりエアコン普及率も大きく変化してきています。

 

住宅においての考え方も代わり色々な仕掛けができました。

 

換気能力に関してCO2 1000ppm以下を保つには〈0.5回/h〉

 

計算では満たしていても

 

実生活において換気回数足りない気がします。

 

家族の人数によっても違う暖房器具や機械によって違いますが

 

換気扇に頼るのは難しいのが現実です。

 

天井の高さなど部屋の容積により変わってくるCO2濃度

 

空気は見えないため確実なのは窓を開けての空気の入れ替え

 

その場合短時間でクリーンな空気にしようとしようと思うならば

 

風通りの窓配置になります。

 

特に居室や子供室は入念にチェツクしましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ先頭へ
 最近のエントリ
 カテゴリー
ブログ(382)

はじめに(10)

プロフィール(7)

社長のつぶやきコラム(77)

岡田工務店こだわりの家づくり(10)

「歳を取らない家」(2)

遊家の家づくり(120)

初めての家造り(8)

ストレスを軽減する家(3)

家造りポイント(6)

賢い資金計画(1)

賢い キッチンづくり(2)

賢い 浴室づくり(1)

賢い 庭づくり(1)

賢いメンテナンス(3)

賢いエネルギー(1)

賢い家造り(4)

健康住宅 睡眠(2)

健康住宅 ストレス(6)

健康住宅 カビ(7)

健康住宅 空気環境(4)

健康住宅 色(3)

健康住宅に 照明(1)

困った 中古住宅(1)

困った 片付け(1)

困った マンションリフォーム(1)

困った 涙のクレーム(10)

困った 環境問題(52)

困った ややこしい同居や相続(0)

困った 火災(4)

困った 離婚と家(2)

困った 結露(2)

困った 火災保険(1)

安心 二帯住宅(2)

安心 耐震診断(6)

安心 耐震構造(2)

こだわり リビング・ダイニング(1)

こだわり子供部屋(1)

こだわり 家電(4)

こだわり 照明 光 色彩(5)

こだわり 家造り(1)

長持ち 健康(6)

長持ち こだわり(1)

長持ち 土地(1)

長持ち 間取り(1)

長持ち 基礎(5)

長持ち シロアリ(2)

長持ち 構造材(6)

長持ち 屋根(1)

長持ち 断熱気密(6)

長持ち 外壁(2)

長持ち 外壁塗替え (0)

長持ち 音(7)

長持ち 通風計画(4)

長持ち 設備(3)

長持ちキッチン(1)

長持ち デザイン(0)

長持ち 家具(1)

長持ち 光熱費(2)

長持ち 内装(4)

長持ち 壁紙(1)

長持ち 畳(0)

長持ち リフォーム(2)

長持ち ウッドデッキ(0)

長持ち 現場管理(2)

長持ち その他(0)

長持ち 家に関係なし(0)

施工住宅動画紹介(5)

子育て日記(6)

住宅医のつぶやき(3)

賢いリフォーム(1)

長持ち 高気密高断熱(1)

ブログアーカイブ
岡田工務店の強み
パッシブライフ
ブログ
イベント情報
施工事例
ただいま施工中
リフォーム事例
OKADAチャンネル
会社案内
資料請求・お問合せ
コンテンツ
  • 岡田工務店の強み
  • パッシブライフ
  • ブログ
  • イベント情報
  • 施工事例
  • ただいま施工中
  • リフォーム事例
  • OKADAチャンネル
  • 会社案内
  • 資料請求・お問合せ
  • 物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル

    物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル
    こだわり社長のつぶやき
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ