ブログ

ホーム > ブログ | 広島で注文住宅・リフォームなら株式会社岡田工務店 百彩住宅
ブログ
「災害に対しての心構え」広島工務店 広島の家 災害を考える家 投稿日:2020年07月11日

日本の水災害の歴史から学ぶ


 

梅雨がなかなか終わってくれませんね。

 

各地で災害が起き、雨災害の怖さを思い知らされます。

 

昔は、気象衛星ひまわりといえば予測確率が低かったような記憶がありますが

 

ひまわりが年々高くなってきています。

 

しかし、あまりの気象予想精度が高くなっても大規模災害による死者数が減っていないのが現状です。

気象災害死亡者数

 

日本の大規模災害原因を調べてみました。

 

戦後から調べましたが、戦後すく大きな台風が着てたくさんの被害が出ました。

 

戦後の為、防災という事が出来ずたくさんの命が奪われました。

 

その災害要因は梅雨前線と台風

 

戦後で家もバラックという状況と護岸整備も不十分

 

戦中森林の乱伐採のため土砂崩れも多く発生しています。

 

昭和30年までの間はどこかの県で災害が発生し1000人以上の命が失われました。

 

発電と治水としてとしての役割として

 

1951年ごろからダム建築が盛んにおこなわれ始めました。

 

毎年と言っていいほど各所でダムか完工となりそこしづつ整備されてきましたが

 

昭和34年の伊勢湾台風の甚大な被害で国も大きく移行しました。

 

その2年後の昭和36年1月に「災害対策基本法」が公布され

 

災害対策を総合的かつ計画的に進めることとし

 

防災計画の作成、災害予防、災害発生時の対策や救援、復旧などの基本がまとめられました。

 

残念ながらその年にも大きな災害がありたくさんの命が奪われました。

 

そして、治水のための放水路整備などが出来て

 

少しずつ大雨により災害に対して対応できるようになりました。

 

昭和高度成長が訪れ建築ラッシュと共に増勢が行われ乱開発が進みました。

 

土地がない広島でも各所で団地開発が行われ過去の歴史や地名を消していきました。

 

昭和42年には呉市において大規模災害が発生

 

(昭和46年球磨川の氾濫)

 

それ以後も周期を置いて梅雨前線による大雨土砂災害が発生しています。

 

全国的に調査した結果、九州、四国、山口、千葉、埼玉、茨木、中部、岐阜、北海道

 

細かく調査していけばもっとポイントが出ると思いますが

 

災害が発生する場所は基本決まっています。

 

その場所の歴史を知ることで対処できると思うのですがなかなか難しいみたいです。

 

高度成長期の乱開発から40年以上が過ぎました。

 

コンクリート擁壁、間知石も劣化してきています。

 

今まで見たことがない泥や土が流れていたら注意が必要です。

 

点検をする必要がある団地も見受けられます。

 

山手に住む方は裏山の状況確認

 

川そばに住む方は、満潮時刻の確認と水位の確認

 

避難経路と避難施設の確認も必要と思っています。

 

ひまわりの進歩と共に情報が多く得られるようになったにもかかわらず

 

災害でなくなる方が減っていません。

 

大規模災害クラスの大雨の回数も年々増えています。

 

どうこう言っても自己判断になりますのでしっかり備える必要があります。

 

特に過去のデーター的に7月8月9月10月まで大規模災害が起こるデーターが出ています。

 

日本はやはり台風による災害が多いです。

 

地震も怖いですが、台風に強い家は、地震にも災害に強い家につながります。

 

防災を考えた家づくりとても大切です。

 

「雨風しのいで強い家」家づくりの基本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
「匂いと臭い」広島工務店 広島の家 失敗しない家づくり 投稿日:2020年07月8日

 


匂いと臭い


 

匂いと臭いの違いご存知ですか?

 

匂い・・・よい匂い

 

臭い・・・悪い匂い

 

漢字でも違いがあるように人にもにおいの捉え方に差があります。

 

味覚もにおいが直結していて臭いで好き嫌いがを判断します。

 

テレビって見て聞くから良いもの

 

においがテレビから発生したら誰も見なくなると思います。

 

土砂や氾濫災害を気軽にテレビで放送していますが

 

目で見る以上に現地は過酷な状況だと思います。

 

何か出来ないか?と模索しているところです。

 


臭いから判断する


 

私は、においに敏感で蕁麻疹がすぐ出ます。

 

カビ臭化学製品が苦手で目がかゆくなったり咳も出てきます。

 

ブックオフ、ニトリなどは長くいられません

 

住宅診断や耐震診断などでお家に上がる事が良くありますが

 

湿気の多い家はすぐに反応してしまいます。

 

そのような家の特徴としては、床がフワフアしていたり

 

天井や壁の色がまだらになっています。

 

床下の結露若しくは湿気が多い

 

天井や壁のまだらの原因は表面結露が原因で断熱が入っていない弱いなど原因があります。

 

窓の位置が悪かったり風が入る窓や開口をタンスなどでつぶしている

 

床の場合は床下換気口をつぶしていたり、物があふれている家庭が多いですね。

 

よく窓を開けて風通しされている家は比較的空気がきれいです。

 

カビは健康に良くないので対策はしっかりしたい所です。

 


木材の臭い


 

木材の臭いっていい匂い?と思う事があります。

 

私は、産まれてから、木の中で育ってきました。

 

遊び場はお爺さんの作業場所

 

おがくずで遊んでいました。

 

構造材的に松と桧と杉の木をたくさん使っていたため

 

特に松材が多かったので

 

松の臭いは、爺さんの臭い好きだったかと言えば(笑)

 

今でも木の香りと言って松を出されるとちょっと苦手です。

 

しかし、桧と杉は好きな匂いですね。

 

程よい量なら良いですがずっと嗅ぐと鼻がムズムズしてきます。

 

合板にもにおいがあります。

 

近年使われる、シナ合板も臭いがあり苦手の人もいます。

 

ラワンべニアは特に湿気が多いこの時期ドブ臭を発します。

(私的な表現ですが)

 

昔の家はトイレなどの下地によく使われていたので

 

梅雨時期、この臭いでトイレが漏れていると行ってクレーム対応を良くしていました。

 

内装の仕上げ材としてラワン合板仕上げ、ウレタン塗装仕上げをすることあるようですが

 

ウレタンを塗っても臭いを発します

 

乾燥したようなひりひりした感じ(アトピー)かゆくなるので要注意です。

 

塩ビ系の材料も同じような状態の材料があります。

 

ニトリの家具などそれらが合わない人は避けるべきです。

 

臭いを感じるのは人間の体を守るための手段で

 

敏感か鈍感かの差で変わってきますが人に備わっています。

 

木に囲まれた家も良いですが、バランスと量が大切

 

木の量の黄金比ってあると思っています。

 

写真ではよく見えますが、写真では臭いは伝わってきません

 

そこが判断するのが難しい所です。

 

デジタル化がすすみ目だけで判断しがちですが

 

実際に臭いを感じてもらいたいと思います。

 

時が経つと麻痺しがちですが、本当に良い家は時間が経っても臭いが気になりません

 

これって、見えない所ですが大切な失敗しない家づくりの秘訣です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
「コロナ対策とカビ対策」広島工務店 広島の家 失敗しない家造り  投稿日:2020年07月6日

地球温暖化とカビ


 

地球温暖化が進み世界中で災害が発生しています。

 

日本でも

 

観測史上最大の大雨などのニュースが

 

毎年耳にするようになり災害も発生しています。

 

地球の歴史にとっては繰り返されてきた

 

変動かもしれませんが人類にとっては大きな問題です。

 

今年のコロナウィルスも地球変動による影響も考えられなくはない

 

私はそう思っています。

 

冬場に発生が多いインフルエンザと違い

 

温度が高い夏にもその威力が衰えないというのは怖い話です。

 

ウイルスの進化によるものと言えるかもしれません。

 

歴史上では、肺炎という病気の流行は繰り返されてきました。

 

それぞれ特徴があり

 

ワクチン等が出来ていないため

 

対応できない状態が続きたくさんの犠牲者が発生したといわれます。

 

細菌というのはコロナに限らず色々な形で存在しています。

 

カビ菌も変化していく可能性があります。

 

カビは、30度を超える環境には増殖できません

 

しかし、気候変動により気温が上昇し

 

その温度でも増殖生息できるカビが発生し

 

35度以上でも生息できるカビが現れると

 

人間の36℃から37℃体温内でも増殖可能で

 

新たな病原体が変貌し人間に猛威を振るう事が考えられます。

 

そのような事態を想定してカビ対策を考えて家造りを進める必要があります。

 


カビ対策の家


 

 

コロナ対策を考える事と同時にカビ対策を考えることが重要になります。

 

私が、カビやコロナ対策で一番有効なポイントとして挙げることは

 

ふき取りが容易

 

換気設備やエアコンもシンプルで掃除しやすい

 

掃除機の普及で家で掃除機をかけることが多くなりましたが

 

掃除機の排気はどうしても埃を舞い上げるので拭き掃除をしてから

 

掃除機をかけるというのが理想な形となります。

 

コロナの影響で除菌消臭剤やアルコールなどでの

 

除菌方法が多く出ていますが、樹脂やプラスチックアクリルなどは

 

相性が良くない物もあるので使用には注意が必要です。

 

特にアルコール系でふき取ったお家の便座は艶がなくなっています。

 

私は、中性洗剤を水で薄めて水拭きとから拭きで掃除する方法を推奨しています。

 

実際、国際感染研究所や経済産業省もコロナ対策として推薦しています。

 

https://www.nite.go.jp/data/000109230.pdf

 

家にとっても優しいため是非お勧めいたします。

 

カビ対策として有効対策

 

通風

 

湿度の制御

 

ふき取り

 

とにかくふき取りが一番有効です。

 

しかし、カビが発生しているところは

 

むやみにふき取らず

 

消毒用アルコールカビ取り剤を濡らしカビにあてて

 

ゆっくりカビをふき取る作業をするようにしましょう。

 

健康を考えて家を造ることが、失敗しない家造りのポイント

 

デザインとコロナ対策カビ対策をしっかり考えた家造り大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
 最近のエントリ
 カテゴリー
ブログ(486)

はじめに(10)

プロフィール(7)

遊家ができるまでの秘話 Secretstory(15)

社長のつぶやきコラム(86)

岡田工務店こだわりの家づくり(59)

「歳を取らない家」(8)

健康になる家(9)

遊家の家づくり(128)

住宅医のつぶやき(8)

初めての家造り(11)

健康住宅 空気環境(13)

失敗しないリフォーム(2)

ストレスを軽減する家(16)

家造りポイント(10)

賢い資金計画(1)

賢い キッチンづくり(4)

賢い 浴室づくり(3)

賢い 庭づくり(1)

賢いメンテナンス(7)

賢いエネルギー(5)

賢いリフォーム(2)

賢い家造り(14)

健康住宅 睡眠(4)

健康住宅 ストレス(12)

健康住宅 カビ(14)

健康住宅 色(5)

困った ややこしい同居や相続(0)

健康住宅に 照明(4)

困った 中古住宅(1)

困った 片付け(1)

困った マンションリフォーム(1)

困った 涙のクレーム(12)

困った 環境問題(59)

困った 火災(5)

困った 離婚と家(4)

困った 結露(4)

困った 火災保険(1)

安心 二帯住宅(2)

安心 耐震診断(12)

安心 耐震構造(6)

長持ち 健康(12)

こだわり リビング・ダイニング(2)

こだわり子供部屋(1)

こだわり 家電(5)

こだわり 照明 光 色彩(8)

こだわり 家造り(7)

長持ち こだわり(4)

長持ち 土地(2)

長持ち 間取り(2)

長持ち 基礎(7)

長持ち シロアリ(2)

長持ち 構造材(6)

長持ち 屋根(1)

長持ち 断熱気密(8)

長持ち 外壁(5)

長持ち 外壁塗替え (2)

長持ち 音(10)

長持ち 高気密高断熱(2)

長持ち 通風計画(8)

長持ち 設備(5)

長持ちキッチン(3)

長持ち デザイン(0)

長持ち 家具(1)

長持ち 光熱費(2)

長持ち 内装(4)

長持ち 壁紙(1)

長持ち 畳(0)

長持ち リフォーム(4)

長持ち ウッドデッキ(0)

長持ち 現場管理(3)

長持ち その他(0)

長持ち 家に関係なし(0)

長持ち外壁塗装(3)

施工住宅動画紹介(5)

子育て日記(6)

失敗しない家造り(21)

賢い共稼ぎの知恵(1)

ブログアーカイブ
岡田工務店の強み
パッシブライフ
ブログ
イベント情報
施工事例
ただいま施工中
リフォーム事例
メルマガ登録はこちら
OKADAチャンネル
会社案内
資料請求・お問合せ
コンテンツ
  • 岡田工務店の強み
  • パッシブライフ
  • ブログ
  • イベント情報
  • 施工事例
  • ただいま施工中
  • リフォーム事例
  • メルマガ登録はこちら
  • OKADAチャンネル
  • 会社案内
  • 資料請求・お問合せ
  • 物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル

    物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル
    こだわり社長のつぶやき
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ