ブログ

ホーム > ブログ | 広島で注文住宅・リフォームなら株式会社岡田工務店 百彩住宅 - パート 2
ブログ
「またも大雨による災害」広島工務店 広島の家 失敗しないリフォーム 投稿日:2020年07月4日

熊本球磨川氾濫


 

毎年この時期になると災害が発生する。

 

今年も災害が発生し被害が拡大する様子

 

毎年、聞くようになった

 

過去最高の降水量という言葉

 

年々、この言葉に重みを感じなくなった。

 

熊本県は、私が福岡に住んでいるときからよく大雨により災害がありました。

 

八代、人吉あたりは、特に大雨に被害にあっています。

 

大雨の雲が流れる方向はある程度決まっていて

 

南南西から北北東に流れています。

 

 

 

風水にもよく出る方位です。

 

 

その方向に位置する地域は大雨に遭遇しやく

 

 

球磨川は、その方位に対して垂直に川が流れているため

 

 

大雨に北北東山面で受けた雨水が一気に球磨川に流れ出し

 

 

川が増水しやすい環境になっています。

 

以前、人吉旅行でくま川鉄道に乗った時「山が近いなぁ~」という印象がありました。

 

九州西日本は、やはり南南西から北北東に沿ったルートで災害が多く発生します。

 

 

正直、この大雨災害は住宅の性能だけでは防ぎようがありませんので

 

避難場所を抑えておく早めの避難することがポイントになります。

 


土地の特徴を知る


 

人が住む場所には必ず歴史があります。

 

造成され新しく出来た団地であれ必ず歴史が刻まれています。

 

その歴史をもとに住宅は計画されないといけません

 

広島においては、急傾斜地地域などの指定があり

 

なかなか選別しにくい場所もあります。

 

山の高さやその山の形質などを分析すると大体予想が出来ます。

 

特に今は、グーグルマップや過去の航空写真も閲覧できるので容易になりました。

 

平地の場合、古い建物を観察すると歴史の紐が解けます。

 

建物の建ってる高さの設定がどうなているか?を想定する事が出来ます。

 

現在は、下水道の処理方法や能力によっても変わってきます。

 

合流式なのか、分流式なのかによっても変わります。

 

合流式の場合、下水処理場の処理能力によって変わってきます。

 

下水管の工事も整備され良くはなってきますが、下水管工事中の場合は用心が必要です。

 

https://www.city.hiroshima.lg.jp/site/gesuido/2641.html

 

分流式の場合、雨水ポンプ場などがある場所は注意が必要です。

 

雨量と潮の満ち引き状況で変わってきます。

 

大雨と満潮は重なることが多いので潮の満ち引きも考慮する必要があります。

 

広島太田川であれば高瀬堰が治水の役割を持っています。

 

この治水コントロールの判断で広島が守られています。

(今一番危ないなぁと気にしている川は、五日市 岡の下川です。)

 

https://www.mlit.go.jp/river///shinngikai_blog/shaseishin/kasenbunkakai/shouiinkai/kihonhoushin/070119/pdf/s2-3.pdf#search=%27%E5%BA%83%E5%B3%B6%E5%B7%9D%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E6%B0%B4%E9%87%8F%27

 

家は人の生命と財産を守る事が大切です。

 

しかし、人の力ではどうにもならない時もあります。

 

ハザードマップを確認

https://www.city.hiroshima.lg.jp/site/saigaiinfo/2663.html

 

「我が家の防災マニュアルを作る」事を提案します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
「大雨と樋」広島工務店 広島の家 失敗しない家づくり 投稿日:2020年06月26日

今年も大雨が降っています。

 

広島もたくさんの雨が降りました。

 

バケツをひっくり返したような雨という言葉もよく聞きます。

 

その雨が屋根に伝わり樋に流れます。

 

集中豪雨になどの大雨では雨が流れ切らずオーバーフローし

 

壊れたように若しくは詰まったように見えます。

 


降水量と樋の排水能力


 

当たり前についている樋ですが、樋にも性能があります。

 

この性能の違いで排水能力が変わってきます。

 

樋は軒樋と竪樋の組み合わせに変わってきます。

 

大雨での排水能力の検討も必要です。

 

樋の種類で大きな差が出ますが

 

それ以外にも埋設雨水配管の性能も重要になります。

 

樋の性能が良くても雨水配管が悪いと排水能力は低下します。

 

雨水を側溝等に流す場合、雨水枡から雨水管きょで流す場合

 

その排水状況によって大きく変わってきます。

 

 

街中で合流式の場合、雨水と汚水が同時に流れるため

 

公共埋設配管、下水処理場能力によっても変わってきます。

 

広島市の中心街は、埋設配管の交換工事が勧められ性能が変わってきています。

 

今まで浸水していた場所も少しづつ改善されてきています。

 

しかし、大雨と満潮が重なると排水量が減少するため排水能力が大きく低下

 

高性能の樋をもっても排水が出来ない場合があります。

 

雨水排水能力と雨水埋設配管能力と樋の性能を考えて計画する必要があります。

 

 


樋の取付高さと耐久性


 

 

軒樋も取り付ける地域によって取付位置が変わってきます。

 

雪が多い地域では、樋を付けない場合もありますが

 

雪が樋に絡みにくい(すがもり)位置に、樋の取り付け位置を下げ樋の受金物を増やします。

 

屋根の角度や降水量によって軒樋の高さの位置を調整していきます。

 

瓦の出や広小舞の取り付け方、軒先水切など

 

微妙の調整ですが、この調整により鼻隠しの汚れ具合が変わってきます。

 

 

家が古くなったと感じる要因の一つに鼻隠しや破風の汚れがあり

 

わずかな工夫で見た目の耐久性が大きく変わってきます。

 

 


雨風しのいで家は長持ち


 

家は、「雨風しのいで家は長持ち」という言葉を言い伝えられてきました。

 

目立ちにくいことですが、家の耐久性ににおいてとても重要な要素なので慎重に検討するとが重要です。

 

屋根材と樋の細かい納まりをキチンと瓦や板金屋と協議し進める必要がありとても重要な作業です。

 

瓦の性能確認と樋の納まり確認

 


樋を点検する


 

樋の点検は、軒先の為危険です。

 

樋を点検する方法として弊社はドローンを活用しています。

 

ゴミが詰まっていたりして排水が出来ない場合

 

場合によっては雨漏りの危険性が出てきます。

 

 

樋の点検をすることをお勧めいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
「夏息苦しくなるのはなぜ?」広島工務店 広島の家 広島リフォーム 投稿日:2020年06月23日

 


季節の変わり目に体調を崩す


 

梅雨から夏にかけて体調が崩しやすく上、体が重く感じます。

 

私も毎年、春先、梅雨、秋口体調が悪くなります。

 

特に近年、急に暑くなる傾向があり体が順応しません。

 

何でだろう?とずっと考えていました。

 


めまいの原因


 

 

耳鳴りもこの時期ひどく、敏感な人はめまいが起こります

 

数年前、私もめまいに襲われ終わったと思いました。

 

病院に行き、点滴を打つと楽になりました。

 

主治医の水入先生に聞くと季節的なめまいと言われました。

 

耳石が原因ともいわれます。

 

私は建築屋さんなので建築と物理を掛け合わせて考えてみました。

 

まず、めまいに関しては耳から起こることが多いと聞きます。

 

 

この季節、温度差が激しく

 

6月23日 7:00 20.9℃ 12時 30.5℃ 温度差9.6℃もあります。

 

気圧が変わると体調が崩れやすいのもありますが気圧だけでなく

 

熱も関係していると思っています。

 

夏になると息苦しく感じませんか?

 

空気は温まると膨張する性質を持っています。

 

温度変化が激しいと膨張する空気に上手に順応できず

 

体が対応できないため体が悲鳴を上げて体調を崩します。

 

歳を重ねるごとに体が鈍くなり

 

鼓膜が山を登った時のように耳が詰まったような状態になります。

 

 

鼓膜がエンジンのピストンの様にパコパコした状態です。

 

エアコンが効いた部屋からいきなり外に出ると的面に出て頭も痛くなります。

 

困ったものです。

 


コロナと体調


 

コロナにより在宅勤務が増えていると思います。

 

子供達も外に出る機会が減っていると思います。

 

それが、これからエアコンが効いている部屋で過ごしていて

 

急に暑い外に出ると

 

順応していない体の状態で膨張空気に触れると

 

立ち眩みやめまい、頭痛が起こり危険な状態になると思います。

 

風通しの悪いバルコニーは熱がこもり

 

洗濯物を取り込む際、大変危険な場所になります。

 

温度管理が重要になり、体を慣れさせる必要があると思います。

 

 


新たな発想


 

今後、住宅やオフィスで必要になる空間として考えているのが

 

「体慣らしルーム」

 

冷房温度を仮に28℃に設定、外気温が38℃近くあれば

 

いきなり10℃以上の温度差に対応しないといけない状態になり

 

どんな体も悲鳴を上げます。

 

別に部屋でなくてもいいとは思いますが

 

風通しよく体が外気と馴染むため自然空気と触れる空間です。

 

現在の物件含め何か形に出来ないか考案しています。

 


 

当たり前の規格の家ではなく、常に新たな時代に合わせた家づくりをしています。

 

 



ページ先頭へ
 最近のエントリ
 カテゴリー
ブログ(486)

はじめに(10)

プロフィール(7)

遊家ができるまでの秘話 Secretstory(15)

社長のつぶやきコラム(86)

岡田工務店こだわりの家づくり(59)

「歳を取らない家」(8)

健康になる家(9)

遊家の家づくり(128)

住宅医のつぶやき(8)

初めての家造り(11)

健康住宅 空気環境(13)

失敗しないリフォーム(2)

ストレスを軽減する家(16)

家造りポイント(10)

賢い資金計画(1)

賢い キッチンづくり(4)

賢い 浴室づくり(3)

賢い 庭づくり(1)

賢いメンテナンス(7)

賢いエネルギー(5)

賢いリフォーム(2)

賢い家造り(14)

健康住宅 睡眠(4)

健康住宅 ストレス(12)

健康住宅 カビ(14)

健康住宅 色(5)

困った ややこしい同居や相続(0)

健康住宅に 照明(4)

困った 中古住宅(1)

困った 片付け(1)

困った マンションリフォーム(1)

困った 涙のクレーム(12)

困った 環境問題(59)

困った 火災(5)

困った 離婚と家(4)

困った 結露(4)

困った 火災保険(1)

安心 二帯住宅(2)

安心 耐震診断(12)

安心 耐震構造(6)

長持ち 健康(12)

こだわり リビング・ダイニング(2)

こだわり子供部屋(1)

こだわり 家電(5)

こだわり 照明 光 色彩(8)

こだわり 家造り(7)

長持ち こだわり(4)

長持ち 土地(2)

長持ち 間取り(2)

長持ち 基礎(7)

長持ち シロアリ(2)

長持ち 構造材(6)

長持ち 屋根(1)

長持ち 断熱気密(8)

長持ち 外壁(5)

長持ち 外壁塗替え (2)

長持ち 音(10)

長持ち 高気密高断熱(2)

長持ち 通風計画(8)

長持ち 設備(5)

長持ちキッチン(3)

長持ち デザイン(0)

長持ち 家具(1)

長持ち 光熱費(2)

長持ち 内装(4)

長持ち 壁紙(1)

長持ち 畳(0)

長持ち リフォーム(4)

長持ち ウッドデッキ(0)

長持ち 現場管理(3)

長持ち その他(0)

長持ち 家に関係なし(0)

長持ち外壁塗装(3)

施工住宅動画紹介(5)

子育て日記(6)

失敗しない家造り(21)

賢い共稼ぎの知恵(1)

ブログアーカイブ
岡田工務店の強み
パッシブライフ
ブログ
イベント情報
施工事例
ただいま施工中
リフォーム事例
メルマガ登録はこちら
OKADAチャンネル
会社案内
資料請求・お問合せ
コンテンツ
  • 岡田工務店の強み
  • パッシブライフ
  • ブログ
  • イベント情報
  • 施工事例
  • ただいま施工中
  • リフォーム事例
  • メルマガ登録はこちら
  • OKADAチャンネル
  • 会社案内
  • 資料請求・お問合せ
  • 物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル

    物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル
    こだわり社長のつぶやき
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ