ブログ

ホーム > ブログ > 2月, 2020 | 広島で注文住宅・リフォームなら株式会社岡田工務店 百彩住宅
ブログ
「家は家族を守るシェルター」広島工務店 広島で家を建てる 投稿日:2020年02月28日

家は家族を守るシェルター


 

家は家族を守るシェルター15年前から言い続けています。

 

コロナウイルスが猛威を振るっています。

 

県によっては学校の休校が決まり、自宅待機が余儀なくされています。

 

自宅待機といえど自宅が「安心なのか?」と言う疑問があります。

 

自宅も共同生活

 

共同生活なので、安心とは言えません

 

近年の住宅は、マンションや住宅の気密化が勧められています。

 

私も気密化は賛成派ですが、考え方を誤ると住宅が凶器に変わります。

 

インフルエンザ流行し、供がインフルエンザにかかると

 

家中の人がインフルエンザ感染していくことがまれにあると思います。

 

近くにいることが原因という事もありますが、住宅の性質もかかわっています。

 

高齢者も増えインフルエンザで死亡する人が2010年あたりから年々増えています。

 

原因は、何か?

 

 

あくまで仮説ですが、住宅の作り方にも変化が訪れた時期が重なります。

 

2003年からシックハウス対策の義務付けされ、換気についても規制が出来ました。

 

室内においての環境は昔に比べると改善されてきました。(私は苦手な材料が今でもありますが・・・)

 

24時間換気も義務付けされ良い方向に舵を切られました。

 

近年、住宅も高性能化しRCの建物にやや劣りますが木造住宅も気密化が進みました。

 

ここ10年で住宅の換気や冷暖房の仕様も増え色々な方式が出てきました。

 

全館空調、全館換気など第一種換気も増えてきました。

 

床下エアコンなどもあります。

 

良いシステムもありますが、落とし穴もたくさん潜んでいます。

 

やはり、家族の共同生活をする

 

家の中で誰かがインフルエンザに掛かってしまったら

 

人を隔離しなければなりません。

 

院内感染が起こる原因は病室を隔離することが出来ない事が原因です。

 

 

ダイヤモンドプリンセス号も感染者が増えたのは、全館空調がエアロゾル原因?

 

もし、各部屋の独立した空調であれば、あそこまで広がらなかったのではないか?と思っています。

 

感染症病棟でない施設の病院に行くと感染する可能性があるので、

 

コロナ発生地域の病院は大したことがないのであれば病院に行くのは避けるべきだと思います。

 

以前父が、結核で吉島病院に入院したことがあり、換気設備についての大切さを聞き

 

その後、総合病院の手術室(無菌室)などを造った時に色々換気や空調ついて学びました。

 

感染症病室や無菌室や空調が重要ですが、一般住宅は当然そこまで出来ませんし必要ありません

 

しかし、空調設備に依存するのは怖いので切り替えが効くことが大切と思います。

 

そのために、ゾーンで切替できる空調などがあればいいのですが、なかなか難しいので

 

私は、第三種換気を主として考えています。

 

専門家からすれば時代遅れかもしれません

 

しかし、四季があり湿度が変化する日本、カビ対策含め、今も昔も変わっていません

 

やはり、風通しが良い家が一番健康には良いと思っています。

(花粉症の人もいるのですべてではないですが・・・)

 

自然風や温度変化を利用して窓を開けて短時間で一気に換気させることを進めています。

 

ですから、風向きにこだわっています。

 

さて、コロナウイルスが、エアロゾル(微粒子)汚染されるようであれば

 

周囲にコロナに掛かった方がいる場合

 

狭小住宅で周囲の住宅の排気口に換気ユニットの給気口があると屋内に汚染の可能性が出てきます。

 

給排気の位置の確認をお勧めいたします。

 

インフルエンザでもコロナでも感染者がいれば24時間換気を止めて隔離する

 

定期的に窓を開けて一気に空気の入替をすることをお勧めいたします。

 

風通しの良い家は、共同生活にとても大切重要項目の一つです。

 

常日頃は、高気密高断熱で計画性を持った24時間換気

 

屋内のCO2濃度を安定させるかを考え

 

ウイルス患者が出た時は隔離し、効率よい換気に切替えることが出来る

 

これが私の理想的な考えです。

 

 



ページ先頭へ
「岡田工務店外壁塗装」広島工務店 広島で家を建てる 投稿日:2020年02月12日

株式会社岡田工務店

 

外壁塗装のPVです。

 

 

 

ビデオプロジェクト 2019-04-16



ページ先頭へ
「シャワーヘッドを考えてみる。」広島工務店 広島で家を建てる 投稿日:2020年02月10日

人それぞれ違うシャワーヘッドの使い方


 

 

シャワーヘッドについていろいろ考えてみました。

 

たかが、シャワーヘッドと思っていましたが

 

たくさんの人にリサーチすると

 

人それぞれ使い方が違い、正直驚きました。

 

まず、立って使うか、座って使うかの違い

 

シャワー派の方は立って使う人が多く

 

湯船につかる方は座って使い

 

高齢者の方は座って使う事が多いみたいです。

 

シャワーヘッドを固定して使う派、持って使う派

 

ふたパターンに分かれ

 

座って使う方は、シャワーヘッドを持って使っている

 

人の方が多いみたいです。

 

理由は、正面にシャワーヘッドがないため

 

アライズ

 

片側だけシャワーが当たり「気持ち悪い」と言われます

 

私は、基本シャワーヘッド固定派ですが

 

近頃、前にかがむのが、つらくなり、持って使うようになりました(笑)

 

 

 


だから?


 

 

だから?

 

と、言われそうですが

 

毎日、つかうシャワーヘッド

 

考えてみたら、結構面白いかも!と興味がわきました。

 

シャワーヘッドの重みをリクシルショールームで確認してみました。

 

スイッチ付エコフルシャワーfile_imagefile_image

 

288g~140g

 

平均200g前後の重さですが、

 

にぎった感覚で重さの違いを感じました。

 

水圧によっても重みが変わってくると思います。

 

手に持って使う、高齢者は

 

そのわずかの違いでも、疲れ方が違うといいます。

 

 


シャワーヘッドの選び方


 

 

 

 

シャワーヘッドの選び方

 

座って使う派と、立って使う派でまず分かれます。

 

立って使う派は、拡散幅が広いほうが全身にシャワーが当たります。

 

しかし、水の線が細いと、湯が、さめやすく体がなかなか温もりません。

 

好みを調整できる、ヘッド切替タイプをお勧めします。

 

しかし、これは、固定して使う方向き

 

固定して使う方は、スイッチは使わないので必要ないと思います。

 

手にもって使う方は、重いシャワーヘッドになり

 

ストレスになるかもしれません。

 

軽いシャワーヘッドをお勧めします。

 

座って使われる方は、シャワーの拡散が広いと

 

勢いの関係で、体が温もりにくいかもしれません

 

手元に吐水口があるのでスイッチはあまり必要ありません。

ワイドレバー水栓

掃除する時は楽なので絶対ではありませんが、ヘッドが重くなります。

 

 

座って手にもってシャワーを使われる方は

 

シンプルなシャワーヘッドが使いやすいと思います。

 

先日、シャワーヘッドを節水多機能シャワータイプに交換

 

母は、シャワーヘッドを持って使う派で

 

ヘッドが重くなり、年老いた母に大不評を受けましたが、

 

妻は、ヘッド固定派で問題ないみたいで

 

マッサージが気持ちいいと喜んでいます(苦笑)

 

家族内でよく協議してシャワーヘッドを決める事をお勧めします。

 

 

 


節水シャワーヘッド


 

 

 

節水シャワーヘッドって、本当に節水になるのか

 

正直、疑問に思っています。

 

節水となり、シャワーの線が細くなり湯が冷めやすくなりました。

 

41度の設定温度が42度で使うようになりました。

 

 

湯の勢いが弱いため、洗った感じの爽快感がない

 

 

そのせいで、シャワー時間が長くなった気がします。

 

 

汚れを落とすには水圧がポイントで

 

 

節水にして、水圧が弱くなったのであれば

 

 

返って湯を出している時間も長くなり無駄が増えている可能性があります。

 

 

興味があるので

 

 

NO節水と節水シャワーヘッドで満足度に対しての湯量の検証をしてみます。

 

 

これって、一時エネルギー消費量算定プログラムに含まれる内容です。

 

 

 


浴室の断熱と基礎断熱にこだわる理由


 

 

私が、ユニットバスに頼らない浴室の断熱と基礎断熱にこだわる理由

 

基礎断熱は

 

ただ、底冷えがしないという理由だけではありません

 

給湯器から送られてくる配管が

 

基礎断熱内を通れば

 

給湯温度が下がりにくいという理由もあります。

 

床下断熱は、どうしても冷やされた床下から

 

給湯配管が送られるため湯温度が下がります。

 

配管メーター数で変わりますが、配管が長ければ1℃の温度差が発生します。

 

給湯機の1度の差は、わずかかもしれませんがバカになりません

 

1日7円ですが、月に217円、年間2604円、35年で91140円にもなります。

 

これって、大きい金額とと思いませんか?

 

浴室の断熱にこだわる理由は、ヒートショックだけでありません

 

ユニットバスの断熱性能は、壁厚を大きく取れない理由で

 

 

メーカーが言っているほど性能は高くありません

 

そのため躯体内での断熱性を上げる必要があります。

 

浴室の断熱を高くすると、湯気の量が減りカビの繁殖を抑えることが出来る他

 

シャワーの湯が冷めにくくなるため節水シャワーの機能が活かされます。

 

湯の温度低下も抑えられるため、光熱費の節約にもなります。

 

たかがシャワーヘッドですが、実に奥が深い(笑)

 



ページ先頭へ
 最近のエントリ
 カテゴリー
ブログ(486)

はじめに(10)

プロフィール(7)

遊家ができるまでの秘話 Secretstory(15)

社長のつぶやきコラム(86)

岡田工務店こだわりの家づくり(59)

「歳を取らない家」(8)

健康になる家(9)

遊家の家づくり(128)

住宅医のつぶやき(8)

初めての家造り(11)

健康住宅 空気環境(13)

失敗しないリフォーム(2)

ストレスを軽減する家(16)

家造りポイント(10)

賢い資金計画(1)

賢い キッチンづくり(4)

賢い 浴室づくり(3)

賢い 庭づくり(1)

賢いメンテナンス(7)

賢いエネルギー(5)

賢いリフォーム(2)

賢い家造り(14)

健康住宅 睡眠(4)

健康住宅 ストレス(12)

健康住宅 カビ(14)

健康住宅 色(5)

困った ややこしい同居や相続(0)

健康住宅に 照明(4)

困った 中古住宅(1)

困った 片付け(1)

困った マンションリフォーム(1)

困った 涙のクレーム(12)

困った 環境問題(59)

困った 火災(5)

困った 離婚と家(4)

困った 結露(4)

困った 火災保険(1)

安心 二帯住宅(2)

安心 耐震診断(12)

安心 耐震構造(6)

長持ち 健康(12)

こだわり リビング・ダイニング(2)

こだわり子供部屋(1)

こだわり 家電(5)

こだわり 照明 光 色彩(8)

こだわり 家造り(7)

長持ち こだわり(4)

長持ち 土地(2)

長持ち 間取り(2)

長持ち 基礎(7)

長持ち シロアリ(2)

長持ち 構造材(6)

長持ち 屋根(1)

長持ち 断熱気密(8)

長持ち 外壁(5)

長持ち 外壁塗替え (2)

長持ち 音(10)

長持ち 高気密高断熱(2)

長持ち 通風計画(8)

長持ち 設備(5)

長持ちキッチン(3)

長持ち デザイン(0)

長持ち 家具(1)

長持ち 光熱費(2)

長持ち 内装(4)

長持ち 壁紙(1)

長持ち 畳(0)

長持ち リフォーム(4)

長持ち ウッドデッキ(0)

長持ち 現場管理(3)

長持ち その他(0)

長持ち 家に関係なし(0)

長持ち外壁塗装(3)

施工住宅動画紹介(5)

子育て日記(6)

失敗しない家造り(21)

賢い共稼ぎの知恵(1)

ブログアーカイブ
岡田工務店の強み
パッシブライフ
ブログ
イベント情報
施工事例
ただいま施工中
リフォーム事例
メルマガ登録はこちら
OKADAチャンネル
会社案内
資料請求・お問合せ
コンテンツ
  • 岡田工務店の強み
  • パッシブライフ
  • ブログ
  • イベント情報
  • 施工事例
  • ただいま施工中
  • リフォーム事例
  • メルマガ登録はこちら
  • OKADAチャンネル
  • 会社案内
  • 資料請求・お問合せ
  • 物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル

    物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル
    こだわり社長のつぶやき
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ