ブログ

ホーム > ブログ > 10月, 2020 | 広島で注文住宅・リフォームなら株式会社岡田工務店 百彩住宅
ブログ
「高気密高断熱の難しさ」広島工務店 広島高気密高断熱 失敗しない家造り 投稿日:2020年10月30日

高気密高断熱の難しさ


 

いつからだろう?

 

家づくりの基本が忘れられてきているのは?

 

木造住宅は揺れています。

 

固有周期的に0.1秒から0.3秒

(ゆらゆら揺れる時間)

 

 

 

地震時にはそれが大きくなり

 

 

建物の固有周期と地震動の周期が一致すると、共振現象により揺れが大きくなり、破壊につながります。

 

周期1~2秒の揺れは「キラーパルス」と呼ばれ、木造家屋に大きな被害をもたらす特徴があり

 

 

地震の周期と住宅の周期が重ならないようにする事がとても大切になります。

 

台風によっても建物は大きく揺れます。

 

そして、偏芯率と剛芯との関係を検討する事が大切になります。

 

 

それが高気密高断熱を造る上で大切な要素になります。

 

 


高気密高断熱と構造


 

近年、建材の種類が増えた事により、高気密高断熱を造ることが容易になってきた流れがあります。

 

従来の断熱材+付加断熱をすることで断熱性能を上げることは容易になりました。

 

気密も面材材料やテープを多用することで完成時のC値を上げることが出来るようになりました。

 

先ほど書いたように、家は常に揺れています。

 

その揺れに対して順応した構造や断熱建材をバランスよく組み合わせないと

 

その揺れに対応できない状態になります。

 

断熱材や気密建材の特徴を踏まえ

 

その地域。その場所と材料の良否が変わってきます。

(断熱材の書いていないレアな特徴を遊家ができるまでの秘話の中に書いていきます)

 

建物の劣化を調査する為に廿日市市の耐震診断を請け負っています。

 

古い建物を調査することは、建物のレベルアップ為の重要な資料に繋げています。

 

正直、ここではたくさんの事が書けず残念ですが

 

たくさんのノウハウを生かしながら家づくりをしています。

 

丈夫で長持ちは、高気密高断熱住宅を造る上で失敗しない家造りには大切なポイントです。

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
「高気密高断熱の難しさ」広島工務店 広島高気密高断熱 失敗しない家造り 投稿日:2020年10月27日

気密材の選定の難しさ


 

気密材に使われる材料は、色々あります。

 

比較的テープ接着という形が多いですが、材料の相性によって粘着力が変わります。

 

硬質ウレタン系材料と気密テープは相性が悪く長期的に見て心配があります。

 

ウレタン系の材用は劣化すると表面がパウダー化(粉化)していき

 

施工時は密着している状況でも時が経つと効果薄れはがれ始めます。

 

温度変化によって収縮しているため長期的に考えると問題が発生します。

 

カネライトや珪カル系材料は特に気密時の工法が問題になります。

 

構造用合板などにテープ処理での気密はテープの種類によっては劣化指数が上がってきます。

 

ブチル系のテープは比較的材料と付着性もよく粘りがあります。

 

熱による融着しやすい材料なので木部に使うテープとしてはよい材料です。

 

防水シート系もテープ選びをしっかりする必要があります。

 

テープの種類によっては、収縮する性質のテープもあります。

 

形状が変わり気密層が破断可能性があります。

 

気密の施工方法によっては、長期間気密が保てない家もあります。

 

たかがテープですが、劣化指数を考え

 

しっかり気密研究された施工会社で家を建てる事をお勧めいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
「高気密高断熱の難しさ」広島工務店 高気密高断熱 失敗しない家造り 投稿日:2020年10月26日

 


高気密高断熱


 

 

高気密高断熱という言葉が定着してきつつあります。

 

しかし、高気密高断をどう作っているか?

 

あまり表に出ていません。

 

気密を取る方法

 

断熱の方法

 

色々な方法がありますが、どれが一番良いか?

 

未知数です

 

しかし、長期的に維持できる方法を考え取り入れた住宅でないと

 

本物の高気密高断熱にはなりません

 

 


高気密の役割


 

高気密高断熱のレベルは、年々向上しています。

 

私も気密測定士の資格を持ち、気密測定を施工し

 

課題を解決しながら今にいたっています。

 

気密の方法として、気密シート、合板面材、硬質ウレタン、発泡ウレタンなど様々

 

補足として、気密テープやコーキングなどを使います。

 

床断熱、基礎断熱によっても気密施工難易度が変わってきます。

 

気密を取ることによって、冷暖房性能の向上や通風計画に大きくかかわるので

 

令和時代住宅にとって大切な要素ですが

 

間違った気密をするとかえって家の性能を落とすことになります。

 

材料の組み合わせや施工方法をしっかり考慮して計画する必要があります。

 


気密施工のポイント


 

基礎断熱工法と床断熱方法で気密の難易度が変わってきます。

 

床断熱の場合

 

分電盤の位置やコンセント廻りや設備配管廻りの施工難難易度が上がり

 

電気屋さん設備屋さんの連携が不可欠になります。

 

気密性能を安易に取る方法として

 

硬質ウレタンや発泡ウレタンを採用している所が多いですが一長一短あり

 

長期的な気密性能を維持することが出来るか?という不安があります。

 

材料と気密性を長期的に維持できるか?考慮していく必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
 最近のエントリ
 カテゴリー
ブログ(506)

はじめに(10)

プロフィール(7)

遊家ができるまでの秘話 Secretstory(21)

社長のつぶやきコラム(87)

岡田工務店こだわりの家づくり(62)

「歳を取らない家」(9)

健康になる家(9)

遊家の家づくり(128)

住宅医のつぶやき(8)

初めての家造り(11)

健康住宅 空気環境(15)

失敗しないリフォーム(2)

ストレスを軽減する家(16)

家造りポイント(11)

賢い資金計画(1)

賢い キッチンづくり(4)

賢い 浴室づくり(3)

賢い 庭づくり(1)

賢いメンテナンス(7)

賢いエネルギー(5)

賢いリフォーム(2)

賢い家造り(14)

健康住宅 睡眠(4)

健康住宅 ストレス(12)

健康住宅 カビ(14)

健康住宅 色(6)

困った ややこしい同居や相続(0)

健康住宅に 照明(4)

困った 中古住宅(1)

困った 片付け(1)

困った マンションリフォーム(1)

困った 涙のクレーム(12)

困った 環境問題(61)

困った 火災(5)

困った 離婚と家(4)

困った 結露(4)

困った 火災保険(1)

困った住宅家電設備(2)

安心 二帯住宅(2)

安心 耐震診断(12)

安心 耐震構造(6)

長持ち 健康(12)

こだわり リビング・ダイニング(2)

こだわり子供部屋(2)

こだわり 家電(5)

こだわり 照明 光 色彩(9)

こだわり 家造り(8)

長持ち こだわり(4)

長持ち 土地(2)

長持ち 間取り(2)

長持ち 基礎(7)

長持ち シロアリ(2)

長持ち 構造材(7)

長持ち 屋根(1)

長持ち 断熱気密(12)

長持ち 外壁(5)

長持ち 外壁塗替え (2)

長持ち 音(10)

長持ち 高気密高断熱(2)

長持ち 通風計画(8)

長持ち 設備(5)

長持ちキッチン(3)

長持ち デザイン(0)

長持ち 家具(1)

長持ち 光熱費(2)

長持ち 内装(4)

長持ち 壁紙(1)

長持ち 畳(0)

長持ち リフォーム(4)

長持ち ウッドデッキ(0)

長持ち 現場管理(3)

長持ち その他(0)

長持ち 家に関係なし(0)

長持ち外壁塗装(3)

施工住宅動画紹介(5)

子育て日記(6)

失敗しない家造り(24)

賢い共稼ぎの知恵(1)

「幸せそうに見える家」と「幸せな家」(0)

ブログアーカイブ
岡田工務店の強み
パッシブライフ
ブログ
イベント情報
施工事例
ただいま施工中
リフォーム事例
メルマガ登録はこちら
OKADAチャンネル
会社案内
資料請求・お問合せ
コンテンツ
  • 岡田工務店の強み
  • パッシブライフ
  • ブログ
  • イベント情報
  • 施工事例
  • ただいま施工中
  • リフォーム事例
  • メルマガ登録はこちら
  • OKADAチャンネル
  • 会社案内
  • 資料請求・お問合せ
  • 物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル

    物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル
    こだわり社長のつぶやき
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ