こだわり社長

ホーム > こだわり社長のつぶやき | 広島で注文住宅・リフォームなら株式会社岡田工務店 百彩住宅
こだわり社長
「終活は人を若返らせる」広島工務店 広島リフォーム 広島防音室 投稿日:2019年10月9日

仕事柄、高齢者の方の家に行く機会が多い

 

その家に残された荷物

 

 

衣類や本やよくわからない箱たち

 

子供たちの物やありとあらゆるものが散乱している。

 

庭はの木々は伸び放題で手が付けられない状態

 

耐震工事の依頼を受け、そのお宅の終活のお手伝い

 

終活と言っても私たちに出来る事は物を片づけ処分するだけ

 

色々を話を聞きながら進める

 

物を処分するには勇気もいるし後押しもいる。

 

当然、高齢者の方はごみの捨て方もわからない

 

分別しながら昔ばなしやバカ話をしながら少しづつ整理処理を進める

 

そんなことをしているうちなんか老夫婦が少し若返ったような気がする。

 

不要な物ばかりに囲まれて生活すると

 

人は老けて見えるのかなぁ~

 

やはり、すっきりした綺麗な環境で生活する事は大切と確認した。

 

工事が終わる頃、笑顔があふれる家に変わると思います。

 

要らない物を整理しながらのリフォーム

 

これは良い!!

 

 

 

 



ページ先頭へ
「赤松選手お疲れさまでした」広島工務店 広島で家を建てる 広島防音工事 投稿日:2019年09月28日

広島東洋カープ赤松選手本当にお疲れさまでした。

牛田在住の為、色々なことで話を聞くことがあり

 

選手としても父親としても素晴らしいと聞いています。

 

人柄って顔に出ますね。

 

今後、色々な機会でめぐりあわせがあると思うので

 

お話できればいいなぁ~と思っています。

 


 

家族で気軽にホームパーティーが出来たらいいなぁ~

 

今後、「与えられた遊びから、創る遊び」に変わると思い

 

牛田で先駆け的にオープンさせ5年目を迎えたレンタルキッチン牛田パーク

 

牛田パークホームページ

 

中国新聞から連絡があり

 

「これからの時代、与えられた遊びから、創る遊びに変わってきた」

 

「ホームパーティなどで楽しんでいる方を探していると」

 

「このような場所があるとは知らなかったので取材させてほしい」

 

との話でした。

 

急な連絡で近々のホームパーティイベントがなかったので

 

またの機会になりましたが、「与えられた遊び世代」が大人になり

 

子供のころに思い描いた、創る楽しみを思い出し

 

形に変わってきています。

 

「Let’s make it. 創ろう自分たちで!」 

 

 


魅せる家


 

私は、たくさんの家を造ってきました。

 

まず、「家は人を守り住む」というのが大前提ですがそれだけではありません

 

昔の家の役割は、人をもてなすという日本人のおもてなし文化がありました。

 

人を招き魅せる事が大切にされてきました。

 

生活空間を二の次にしてでも、客間や応接間を作り

 

一番の空間をお客様のために造ってきました。

 

高度成長期、共稼ぎなどで時間が無くなり

 

家のあり方が変わってきました。

 

「魅せる家から隠す家」

 

この世の中、断捨離や片付け本がダイエット本

 

沢山、出ています。

 

「買って満足、読んで納得」

 

正直、片付け本を読んだ後、その本すら片づけない状態です。(自分)

 

スタイルの良い人はダイエット本を読む必要ないし

 

片づけが出来る人は、片付けの本を読む必要がない

 

何でそうやって出来るんだろう?と思ってきました。

 

そこで発見したことは

 

「人に会う機会が多い、人を招き入れる事が多い」

 

そのような人やお家がいつも綺麗な状態になっていると思います。

 

いくら、便利な収納家具をそろえても

 

いくら便利グッズを買っても

 

上手に使わないと意味がありません。

 

人に魅せる見てもらう事は大切です。

 

家づくりの要素の一つに「人に魅せる(自慢できる家)」

 

これがいろいろな意味で重要!

 

私が設計デザインする家は、人に魅せる自慢できる物語をたくさん作っています。

 

人と招き入れれるように驚きを潜ませています。

 

これは大切なことだと思います。

 

父が1973年(昭和48年)に行ったアメリカ旅行で受けた衝撃

 

その話を小さいころから何度も何度も聞かされてきました。

 

客間や和室など囲む空間で、来客者をもてなすのではなく

 

LDKで家族とお客が一体となって寛げる空間

 

これは、アメリカ的で日本にはない文化

 

これからの日本の家づくりもこの空間造りが支流になってくる。

 

それから、12~13年後、LDKというのがトレンドとなり当たり前となりました。

 

しかし、日常生活する空間をオープン化するのは難しく

 

物価の上昇で広島の家が小さくなり始めた上

 

家族がいれば、理想通りにならないのが現実で

 

それをどう工夫するかを常日頃から考えています。

 

「人は絶対にどこかに物を置く」

 

その場所は、一番いい場所であり、家族には邪魔な荷物

 

この心理を利用し、そのどこかを決めて誘導する工夫をすること

 

家づくりは大切な要素です。

(只今、片づけない息子の行動を観察しています。)

 

昔から人に魅せる家づくりの基本

 

人も同じですが

 

外観を魅せることは結構容易

 

問題は中身です。

 

狭い空間をどうやって、人に魅せられる空間(自慢できる空間)にするか?

 

私の家づくりテーマの一つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
「オオカミ中年と台風」広島工務店 台風情報 防音工事 投稿日:2019年09月23日

台風17号が広島に近づく予報

 

日本近海で発生した台風だから「どうなんだろう」なんて思いながら

 

今回も台風調査

 

その情報を新築物件のお施主様やちょっと危ないかと思う物件

 

工事施工中現場の安全情報として活躍させています。

 

備えあれば憂いなしという事ですが

 

「オオカミ中年と台風」と感じられるかもしれません

 

現場管理を20歳から初めて28年

 

福岡でのゼネコン時代1991年台風19号

「まあ大丈夫か!」という甘い判断から

 

現場の万能板が60メートル歩道側に倒した責任と恐怖から

 

接近する台風が来るたびに風向き調査対策をしてきました。

 

当初は、気象庁の訳の分からない気象データーをFAXで送ってもらったり

 

図書館に行ってその見方を調べたりしてアナログ的に調べていました。

 

さすがに素人が調べる情報なので温度変化、寒気の流れジェット気流や偏西風、気圧の変化や海水温など

 

情報が足りず、来た台風方向が予想と違い

 

「違うじゃん!」と思いながら危険な状態で足場を番線結束して走りまわっってました。

 

インターネット、気象衛星ひまわりもまともになり予測がある程度正確になってきました。

福岡付近通過台風予測は、1991年から1997年まで 7年間で13回

 

広島付近通過台風予想は、1998年から2019年まで 21年間で11回

 

早期的予想を入れると30回程度の予測ですが、正確に解析できるようになりました。

 

 

広島は、比較的台風が通過しにくい場所と思います。

 

しかし、1997年台風19号のように強力台風が訪れる可能性も高く油断はできません

 

台風を知ることは家づくりに大変役立ちます。

 

 

 

やはり、台風で怖さを感じるのは「風の音」

 

安心感を感じるためには、外部の音を程よい音量まで下げるのが必要です。

 

あまり音が聞こえないのも返って不安になります。

 

人は無音という環境には適していないのです。

 

音って面白く、時に騒音に感じ時に心地よさに変わる

 

この絶妙なバランスが、心地よさに変わると思います。

 

難しい課題ですが、

 

今取り組んでいる「家と音の心地よさ」

 

台風も活かして家オタクを続けていきます。

 

 

 

 

                                          

 

 

 



ページ先頭へ
岡田工務店の強み
パッシブライフ
ブログ
イベント情報
施工事例
ただいま施工中
リフォーム事例
メルマガ登録はこちら
OKADAチャンネル
会社案内
資料請求・お問合せ
コンテンツ
  • 岡田工務店の強み
  • パッシブライフ
  • ブログ
  • イベント情報
  • 施工事例
  • ただいま施工中
  • リフォーム事例
  • メルマガ登録はこちら
  • OKADAチャンネル
  • 会社案内
  • 資料請求・お問合せ
  • 物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル

    物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル
    こだわり社長のつぶやき
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ