こだわり社長

ホーム > こだわり社長 > 「ドローンで現場管理」ひろしまの家 | 広島で注文住宅・リフォームなら株式会社岡田工務店 百彩住宅
こだわり社長
「ドローンで現場管理」ひろしまの家
投稿日:2022年10月20日

12日目のお勉強

コンクリート打設について

ゼネコン出身でどうしても

コンクリート打設は熱くなってしまいます。

今回の基礎は一発打ち

マンションでは普通ですが

木造基礎ではあまりしないので大変勉強になると思います。

さて、まずはコンクリートとスランプについて


スランプはコンクリートの柔らかさを表す数値


底の無いバケツを逆さまにしたような容器に

生コンを十分詰め込んで、

その容器を引き上げたときに

生コンのてっぺんが何cm下がるかで

生コンの軟らかさを長さ(cm)で表しています。

数値が大きいほど軟らかく、小さいほど硬い。


土木では、スランプ8を使っていましたが

あまりに硬いためスランプ12に変わりました。

スランプ値が小さいほど強いのですが流動性が悪く

コンクリートと鉄筋がなじみにくい為、スランプ15~18を使います。

コンクリート一発撃ちの場合、柔らかいスランプ18をつかうと

コンクリートが流れ出ていくのでスランプ12を使いました。

コンクリートと鉄筋のなじみを確認しながら

バイブレーターをついていきました。

夏場であればすぐ乾くのでスランプ15が良いのですが

丁度良い気候なのでスランプ12が使えたのは良かったです。

さて、コンクリート打設のスランプも柔らかいほど流れがよく

コンクリートと鉄筋との癒着が良いので

スランプ18のコンクリートを使うのですが

だだ、作業を早く進めるために

水を大量に入れて柔らかくする基礎屋さんもいます。

それは、NG退場!です。

信頼おける基礎屋さんと工事をすることが大切です。

コンクリートの打ち方と管理の方法を教えました。

細かい所でまで、管理して言います。


ドローンからの現場管理


近くでどのようにバイブレーターをついてほしいか指示をして

それからは、職人さんの邪魔をしないように

ドローンでコンクリート打設確認



カレンダー
2022年11月
2022年10月
2022年9月
2022年8月
2022年7月
2022年6月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
岡田工務店の強み
パッシブライフ
ブログ
イベント情報
施工事例
ただいま施工中
リフォーム事例
メルマガ登録はこちら
OKADAチャンネル
会社案内
資料請求・お問合せ
コンテンツ
  • 岡田工務店の強み
  • パッシブライフ
  • ブログ
  • イベント情報
  • 施工事例
  • ただいま施工中
  • リフォーム事例
  • メルマガ登録はこちら
  • OKADAチャンネル
  • 会社案内
  • 資料請求・お問合せ
  • 物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル

    物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル
    こだわり社長のつぶやき
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ