こだわり社長

ホーム > こだわり社長 > 「BBQの扱い方」広島 工務店
こだわり社長
「BBQの扱い方」広島 工務店
投稿日:2018年11月19日

今日の火事

子供達と同じ年齢

胸が痛い

またもやBBQ後の事故

倉庫に炭を入れるのも

一酸化中毒の危険性ありで大間違えです。

NHKニュースを見て思ったのは

実際は分かりませんが外観を見ると

第一種換気?

消えた炭が消えずに燃えたのは

給気の空気が炭に向かって吹いていたから?

なんて勝手に想像しています。

倉庫シャッターだし違うかなと思いながら

昔あったお客様宅の火事を思い出しました。

IHだけど掃除をしていない魚焼きグリルから

火が出て横に置いていた天ぷら油燃え移り

火がフードに吸い込まれているのに

ブレーカーが直ぐに落ちず見る見る火が柱になって

手がつけられなくなったという現場があり

火事と24h換気とブレーカー消火器の位置ついて

研究し色々実践して来ました。

気密が整えば第1種換気は素晴らしい

だけど、防火対策は?と疑問を残したまま

月日が経ちました。

屋内側防火の検討、消火器配置位置の徹底

その他の防火、延焼対策、など

最近では気軽に出来るようになった

BBQの炭の扱い方も注意事項として

取り入れようと思います。

私は人の命と財産を守る仕事

再度防火対策を考えないといけないと痛感しました。



岡田工務店の強み
パッシブライフ
ブログ
イベント情報
施工事例
ただいま施工中
リフォーム事例
メルマガ登録はこちら
OKADAチャンネル
会社案内
資料請求・お問合せ
コンテンツ
  • 岡田工務店の強み
  • パッシブライフ
  • ブログ
  • イベント情報
  • 施工事例
  • ただいま施工中
  • リフォーム事例
  • メルマガ登録はこちら
  • OKADAチャンネル
  • 会社案内
  • 資料請求・お問合せ
  • 物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル

    物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル
    こだわり社長のつぶやき
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ