こだわり社長

ホーム > こだわり社長 > 「信じられない」広島工務店 広島の家 失敗しない家づくり
こだわり社長
「信じられない」広島工務店 広島の家 失敗しない家づくり
投稿日:2020年07月9日

世の中どうしたらよいのだろうか?と思う事がある。

3歳の子供が親の身勝手な行動で餓死した。

本当に信じられない出来事で心痛い

子育てって大変なのはよくわかる。

子供は言う事を聞かないしわがままを言う

そのたびに怒りたくなる。

今回の事件は、若い母親が彼氏と会うために

子供を置いて旅に出たという

子育てがどうのこうのいう前に

この母親が問題でこのような母親が生まれたのか?考える必要があると思っています。

育ってきた環境もひどかったのかもしれない

教育というのは幅広く学問だけでなく道徳(モラル)なども学ばないといけません

上下関係、友人関係、たくさんの関係で形成されていて

世の中に出るとそれらの関係に順応しないといけない

それが出来ないと社会から取り残されていきます。

経験から関係は育っていきます。

私が、子供達に教えていることは

人にやさしく

自分が嫌な事は人にしない

絆を大切に

世の中すべて自己責任

これらは分かっていても、なかなか子供には理解できません

友達や仲間からの雑音が入り楽な方にゆがんでいく傾向もあります。

しかし、小さな頃からこれらの言葉は成長と共に心のDNAに刻み込むことで

経験でふるいにかけられ、良いとは心のどこかに蓄積されていきます。

失敗しても怒らず、経験を植え付けるような言葉で刻む

それが大人になった時、少しづつ華を咲かせテイクと思っています。

小さい頃からの道徳モラル教育が大切さを学校とかではなく

責任を持って親が子供に伝えないといけない役割があると思っています。

個人主義が社会性という規律を壊しつつあり

民主主義は理想的でありカッコいい言葉ですが

実際の子育ては社会主義、リーダーの親がしっかりしないといけません

母性本能という言葉だけで女性が子育てをするのが義務のような風潮があります。

(母性本能って男なので正直よくわからない)

母性本能よりも娯楽が勝るようになってきた現在

若い親たちの子育ての考え方が変わってきています。

女性だけが子育てをするという環境が薄らいできました。

夫婦が楽しめる時間をどう作るか?という形も生まれてきています。

家の役割も時代と共に変わってきています。

コロナの影響もあり、住むだけの家から

今後、新たな形に急激に変化しようとしています。

家事動線を考え効率を上げ少しでも共同環境を造る。

家で楽しめる時間を多く出来るような工夫

子供達と程よい会話、程よい間が取れるような工夫

夫婦間でもそれぞれの趣味などが干渉しないような工夫

それらの工夫をレベルアップさせていずれ進化という歴史に変わっていきます。

私のような今の時代で家造りをする者が

工夫から進歩に

進歩から進化にする

役割を担っていると思っています。

日々楽しみながら工夫の探索をしています。

いつか進歩の歴史に刻まれることを夢見ながら(笑)



岡田工務店の強み
パッシブライフ
ブログ
イベント情報
施工事例
ただいま施工中
リフォーム事例
メルマガ登録はこちら
OKADAチャンネル
会社案内
資料請求・お問合せ
コンテンツ
  • 岡田工務店の強み
  • パッシブライフ
  • ブログ
  • イベント情報
  • 施工事例
  • ただいま施工中
  • リフォーム事例
  • メルマガ登録はこちら
  • OKADAチャンネル
  • 会社案内
  • 資料請求・お問合せ
  • 物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル

    物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル
    こだわり社長のつぶやき
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ