ブログ

ホーム > ブログ > 失敗しない家造り | 広島で注文住宅・リフォームなら株式会社岡田工務店 百彩住宅
ブログ
「音と健康」ひろしま防音室 投稿日:2022年11月27日

 

空気や匂い見えない環境として「音」があります。

 

人を不愉快にさせる要因として一番の原因は「音」が挙げられます。

 

人は、リズムによって生きています。

 

色々な音によってコントロールされています。

 

合う音合わない音

 

その音の違いによって

 

さまざまなドラマが生まれる

 

楽しい話もあれば、サスペンスもある

 

住宅においての音は、サスペンスになることが多い

 

近年、家電製品が出てきて待機電力の電気音

 

換気扇の音、食洗機の音、様々なが入り混じっている。

 

その音で見えないストレスが生まれる。

 

耳鳴りのような機械の音に知らず知らずのうちに

 

コントロールされている。

 

そんな音に対して少しでも和らげるような対応も大切になってくる。

 

しかし、気密化が進み余計に音の対応が難しくなってきています。

 

そして、テレワークやグループLINEなどでの部屋での

 

会話で声が漏れるようなりそれが家族間のストレスに変わりつつあります。

 

ストレスを減らすために

 

個室空間の作り方も変化を求められるように変わってきます。

 

そのためには、ドアや壁間仕切りの防音改善が必要になります。

 

音と健康=防音空間

 

これは、これからの家造りのキーワードになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
「換気扇の音がうるさい」住宅トラブル 投稿日:2022年11月1日

 

換気扇の音がうるさいので見てほしいということで

 

点検に伺いました。

 

換気扇の音は、家の中がうるさいだけではなく

 

近隣にも迷惑がかかることもあります。

 

換気扇がダクトタイプかパイプファン換気によっても違います。

 

パイプファンは、機械の音が鳴ることが多いですが

 

ダクトファンは、ダクトの入れ方によって変わってきます。

 

そしてダクト配管方法とダクトの繋ぎ方によっても変わっていきます。

 

今回依頼を受けたダクトはVD-15ZFLC7

 

 

 

正面騒音 風量をグラフで見る

 

 

強のとき57.7db

 

弱で53.8db

 

強弱共に20dbほど音がうるさい

 

機械の劣化もあるがブレード部分の音が酷く

 

機械の問題だけではないので機械を取ってみる

 

 

テープで吹き出し口を塞いで確認する。

 

 

 

正直あまり変わらないので外壁換気口を見てみる。

 

径100の換気口

 

実物とは違いますがこの形の給気用

デザイン優先の形

 

最大50㎥/h風量に対しての換気扇の能力は80㎥/h

 

 

半径5cm(=0.05m)の円柱内部において風速V=x[m/s]の風が通過する場合の風量Q

 

 

100Φ用換気口計算

半径5cm(=0.05m)の円柱の面積S[m2]は「半径×半径×3.14」より以下の値となります。

S=0.05×0.05×3.14=0.00785[m2]
 
面積S[m2]に風速V[m/s]をかけることで風量Q
 
Q=SV=0.0785[m2]×[m/s]=0.0785[m3/s]
 

150Φ用換気口計算

半径150cm(=0.075m)の円柱の面積S[m2]は「半径×半径×3.14」より以下の値となります。

S=0.075×0.075×3.14=0.0176[m2]
 
 
 
100Φ用換気口計算
 
面積S[m2]に風速V[m/s]をかけることで風量Q
 
Q=SV=0.0785[m2]×[m/s]=0.0785[m3/s]
 
 
150Φ用換気口計算
 
 
Q=SV=0.0176[m2]×[m/s]=0.0176[m3/s]
 
 
 
 
100Φ用換気口単位を[m3/h]に変える場合
 

1時間は3600秒なので3600[s/h]をかけることで単位変換

0.0785[m3/s]×3600[s/h]=80[m3/h]
 
=80[m3/h]/0.0785[m2]/3600[s/h]=0.283[m/s]
 
 
この数値がよりも測定値が低ければ換気口の通気量が足りないという事に
 

 
 
排気に機械を当てて風速を測定すれば原因究明につながります。
 
 
 
 
排気口が原因で騒音になっているのか?
 
 
機械の故障でなっているのか?
 
 
判明出来ます。
 
 
 
しかし、高所なのでドローンで飛ばせるか?が問題です(笑)
 

 


 
 
換気扇と排気口の関係は大きく左右します。
 
 
風を受ける位置に場合は換気の力を下げたり
 
 
内部に影響を与えたり、近隣の位置によっては
 
 
騒音や匂いの問題なども発生したりします。
 
 
細かい所ですがバランスを考えて計画が必要です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 



ページ先頭へ
「日本の家は寒い。」広島高気密高断熱 投稿日:2022年09月5日

 

日本の家は寒い。

 

「厚着すればなんとかなる」

 

日本人は古くから、我慢することを美徳と考えがちです。

 

「冬の寒さなんて着こめばなんとかなる」と考える方もいらっしゃいますが、

 

健康的な生活という側面から見れば、とても危険なこと。

 

日本家屋の多くが夏基準で建てられていることも

 

住む人を危険にさらす大きな要因かもしれません。

 

 

それは決して悪いわけではありません

 

屋内で暑さを我慢して熱中症で体調を悪くすることも問題で

 

エアコンを一日中かけて生活するも負圧の中で過ごすことで

 

血圧が低い人は特に体調不良になります。

 

人は、適正温度と温度と思っていても寒ければ体内燃焼し

 

体温をあげ暑くなり冷房温度を下げていく傾向にあり

 

若い代謝の良い子供達はエアコン温度を下げがちになります。

 

あまり外気との温度差を作ると耳が圧迫されて

 

三半規管が影響が出てくる可能性が出てきます。

 

冷房温度管理も重要になります。

 

窓を開けてしっかり、外気との圧力差を減らすことも大切です。

 

そのためには、風通しのよい家が重要になります。

 

日本の夏基準の家も悪くありません

 

 

 

世界保健機関(WHO)住宅と健康に関するガイドラインの勧告

 

冬季の最低室温は18℃以上に

 

世界保健機関(WHO)では

 

2018年に冬季の室温は18℃以上にすることを強く勧告する報告書を発表しました。

 

報告書では「室内の寒さの健康に与える影響」が指摘されるなど、

 

室内の温度が居住者の人体に大きな影響を与えることは世界規模で問題視されています。

 

暖かい家が血圧改善につながることも検証されており、

 

これからの住宅を考えるすべての人が、快適で健康な暮らしをおくることができる、

 

そんな願いを当たり前にするための指標が「18℃以上」となります。

 

18℃と言っても、屋内の平均温度が18℃ではなく

 

床から天井まで温度ムラないことが重要になります。

 

温度計が18℃と記していても足元が低くて頭が暖かいとめまいが発生しますし

 

足元が暖かくても隙間風が足に当たると寒く感じます。

 

日本の家の冬の室温  大半の都市で平均温度が12℃以下

 

快適範囲とは程遠く、大半の都市の寝室温度が12℃以下となっています。

 

温度ムラがあり12℃以下は、さすがに厳しいですが

 

無暖房で屋内上下気温が12℃付近であれば体は順応します。

 

室内温度をあまり下がらない様に作ると眠りのスイッチがかからず

 

浅い居眠りになり睡眠障害が発生します。

 

室温が下がりにくい場合は、耳から上にアイスノンを置いて冷やして眠ると

 

心地よく眠れます。

 

睡眠無呼吸症候群に悩まされている私

 

色々と試してみてこの眠りが心地よく眠れます。

 

ヒートショックなどを解消するためには住宅全体の断熱性を高める対策が求められます。

 

日本の省エネ基準を世界の基準と比べてみると・・・

 

日本の断熱基準は、世界と比べて低いと言われます。

 

世界と比べる必要はないとは思いますが

 

なんか世界を基準としないと行けない風潮なのですが、

 

ひろしまの家しか建てないので広島に合った家を追求しています。

 

言っても、断熱性能はとても重要で

 

HEAT20のG2、G3レベルなら欧米の先進国と同等以上の断熱性能です。

 

省エネ性能的にはG1からG2 G3は、省エネ金銭的には大きく変わりませんが

 

屋内気温差は変わってきます。

 

1℃を上げるためにという考え方で断熱性能を上げていきます。

 

熱容量と熱伝導という考え方が重要になり

 

そのバランスが大切になります。

 

次回、私なりの見解をお話ししたいと思います。

 

 

 

 



ページ先頭へ
カレンダー
2022年11月
2022年10月
2022年9月
2022年8月
2022年7月
2022年6月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
 最近のエントリ
 カテゴリー
ブログ(552)

はじめに(10)

プロフィール(7)

遊家ができるまでの秘話 Secretstory(29)

社長のつぶやきコラム(89)

岡田工務店こだわりの家づくり(92)

「歳を取らない家」(14)

健康になる家(15)

遊家の家づくり(133)

住宅医のつぶやき(9)

初めての家造り(16)

健康住宅 空気環境(21)

失敗しないリフォーム(5)

ストレスを軽減する家(21)

家造りポイント(21)

賢い資金計画(1)

賢い キッチンづくり(6)

賢い 浴室づくり(5)

賢い 庭づくり(1)

賢いメンテナンス(8)

賢いエネルギー(7)

賢いリフォーム(2)

賢い家造り(21)

健康住宅 睡眠(5)

健康住宅 ストレス(17)

健康住宅 カビ(14)

健康住宅 色(7)

困った ややこしい同居や相続(0)

健康住宅に 照明(4)

困った 中古住宅(2)

困った 片付け(1)

困った マンションリフォーム(3)

困った 涙のクレーム(16)

困った 環境問題(66)

困った 火災(5)

困った 離婚と家(5)

困った 結露(4)

困った 火災保険(1)

困った住宅家電設備(2)

安心 二帯住宅(3)

安心 耐震診断(13)

安心 耐震構造(9)

長持ち 健康(15)

こだわり リビング・ダイニング(2)

こだわり子供部屋(2)

こだわり 家電(7)

こだわり 照明 光 色彩(10)

こだわり 家造り(13)

長持ち こだわり(4)

長持ち 土地(2)

長持ち 間取り(2)

長持ち 基礎(11)

長持ち シロアリ(3)

長持ち 構造材(8)

長持ち 屋根(2)

長持ち 断熱気密(17)

長持ち 外壁(6)

長持ち 外壁塗替え (3)

長持ち 音(14)

長持ち 高気密高断熱(6)

長持ち 通風計画(10)

長持ち 設備(7)

長持ちキッチン(5)

長持ち デザイン(0)

長持ち 家具(1)

長持ち 光熱費(2)

長持ち 内装(4)

長持ち 壁紙(1)

長持ち 畳(0)

長持ち リフォーム(5)

長持ち ウッドデッキ(0)

長持ち 現場管理(5)

長持ち その他(0)

長持ち 家に関係なし(0)

長持ち外壁塗装(4)

施工住宅動画紹介(5)

子育て日記(6)

失敗しない家造り(38)

賢い共稼ぎの知恵(1)

「幸せそうに見える家」と「幸せな家」(2)

こだわり社長のQ&A(2)

イベント情報(0)

ブログアーカイブ
岡田工務店の強み
パッシブライフ
ブログ
イベント情報
施工事例
ただいま施工中
リフォーム事例
メルマガ登録はこちら
OKADAチャンネル
会社案内
資料請求・お問合せ
コンテンツ
  • 岡田工務店の強み
  • パッシブライフ
  • ブログ
  • イベント情報
  • 施工事例
  • ただいま施工中
  • リフォーム事例
  • メルマガ登録はこちら
  • OKADAチャンネル
  • 会社案内
  • 資料請求・お問合せ
  • 物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル

    物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル
    こだわり社長のつぶやき
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ