ブログ

ホーム > ブログ > 子育て日記 | 広島で注文住宅・リフォームなら株式会社岡田工務店 百彩住宅
ブログ
「防災の為の事前調査」広島工務店 広島の家 失敗しない家づくり 投稿日:2020年07月14日
 

我が家の防災計画


 
 
 
 
 
我が家の浸水可能性を分析してみました。
 
 
 
大雨の降った後、地元の川を見て廻りました。
 
 
 
 
 
太田川→猿猴川(京橋川)→二又川  流域
 
 
 
 
 
京橋川が水嵩が増れば牛田方面よりも白島側に流れます。
 
 
 
白鳥公園が広いのでよっぽどの事がないと超えることがないとは思います。
 
 
 
川がカーブしている某有名焼き肉屋さん付近は、土がえぐれる可能性はあります。
 
 
 
白島の土手も治水計画の上よく考えてられて整備されています。
 
 
 
牛田の問題点はやはり女学院方面から流れる二股の場所
 
 
 
 
都市部では内水氾濫が多く発生します。
 
 
 
 
 
 
川が暗渠になっているため土砂が、二股土手の交わるところで堰き止めたれら
 
 
 
新田医院方面から牛田早稲田に廻って
 
 
 
自分の住んている牛田中方面にも水がまわってきます。
 
 
 
 
 
二股土手整備工事中一度我が家が水没した事があり原因はその場所でした。
 
 
 
 
ポンプ場の管理次第で浸水する可能性がありポンプ場の判断力が大きくかかわってきます。
 
 
 
 
都市の治水管理は行政の力にも左右されます。
 
 
 
我が家の場合は、あまり動かず家で待機
 
 
 
突然の雨に遭遇した場合
 
 
 
子供の通学路において暗渠付近やマンホールに近づかない
 
 
 
間に合わない時はマンションやビルの階段で高い箇所で待機するように話をしています。
 
 
 
地域の特性場所を知ることはとても大切です。
 
 
毎回、ニュースで聞く
 
 
「今までこんな経験したことのない」
 
 
 
異常気象が日常的になってきた今
 
 
 
いかなる場合の備えが必要になってきています。
 
 
 
危険予知をする事をお勧めいたします。
 
 
 
 
 
 


ページ先頭へ
「災害に対しての心構え」広島工務店 広島の家 災害を考える家 投稿日:2020年07月11日

日本の水災害の歴史から学ぶ


 

梅雨がなかなか終わってくれませんね。

 

各地で災害が起き、雨災害の怖さを思い知らされます。

 

昔は、気象衛星ひまわりといえば予測確率が低かったような記憶がありますが

 

ひまわりが年々高くなってきています。

 

しかし、あまりの気象予想精度が高くなっても大規模災害による死者数が減っていないのが現状です。

気象災害死亡者数

 

日本の大規模災害原因を調べてみました。

 

戦後から調べましたが、戦後すく大きな台風が着てたくさんの被害が出ました。

 

戦後の為、防災という事が出来ずたくさんの命が奪われました。

 

その災害要因は梅雨前線と台風

 

戦後で家もバラックという状況と護岸整備も不十分

 

戦中森林の乱伐採のため土砂崩れも多く発生しています。

 

昭和30年までの間はどこかの県で災害が発生し1000人以上の命が失われました。

 

発電と治水としてとしての役割として

 

1951年ごろからダム建築が盛んにおこなわれ始めました。

 

毎年と言っていいほど各所でダムか完工となりそこしづつ整備されてきましたが

 

昭和34年の伊勢湾台風の甚大な被害で国も大きく移行しました。

 

その2年後の昭和36年1月に「災害対策基本法」が公布され

 

災害対策を総合的かつ計画的に進めることとし

 

防災計画の作成、災害予防、災害発生時の対策や救援、復旧などの基本がまとめられました。

 

残念ながらその年にも大きな災害がありたくさんの命が奪われました。

 

そして、治水のための放水路整備などが出来て

 

少しずつ大雨により災害に対して対応できるようになりました。

 

昭和高度成長が訪れ建築ラッシュと共に増勢が行われ乱開発が進みました。

 

土地がない広島でも各所で団地開発が行われ過去の歴史や地名を消していきました。

 

昭和42年には呉市において大規模災害が発生

 

(昭和46年球磨川の氾濫)

 

それ以後も周期を置いて梅雨前線による大雨土砂災害が発生しています。

 

全国的に調査した結果、九州、四国、山口、千葉、埼玉、茨木、中部、岐阜、北海道

 

細かく調査していけばもっとポイントが出ると思いますが

 

災害が発生する場所は基本決まっています。

 

その場所の歴史を知ることで対処できると思うのですがなかなか難しいみたいです。

 

高度成長期の乱開発から40年以上が過ぎました。

 

コンクリート擁壁、間知石も劣化してきています。

 

今まで見たことがない泥や土が流れていたら注意が必要です。

 

点検をする必要がある団地も見受けられます。

 

山手に住む方は裏山の状況確認

 

川そばに住む方は、満潮時刻の確認と水位の確認

 

避難経路と避難施設の確認も必要と思っています。

 

ひまわりの進歩と共に情報が多く得られるようになったにもかかわらず

 

災害でなくなる方が減っていません。

 

大規模災害クラスの大雨の回数も年々増えています。

 

どうこう言っても自己判断になりますのでしっかり備える必要があります。

 

特に過去のデーター的に7月8月9月10月まで大規模災害が起こるデーターが出ています。

 

日本はやはり台風による災害が多いです。

 

地震も怖いですが、台風に強い家は、地震にも災害に強い家につながります。

 

防災を考えた家づくりとても大切です。

 

「雨風しのいで強い家」家づくりの基本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
「クレームを振り返る」広島工務店 広島で家を建てる 投稿日:2020年04月2日

クレーム、メンテナンスを振り返る


 

これまでハウスメーカーの下請けなどでたくさん家を建ててきました。

 

その中でたくさんのクレームがありました。

 

クロスの割れジョイントがクレーム一番多く家が古く見える要因

 

このクロスのひび割れが出にくくなる方法を長年考えてきました。

 

温度収縮によるクロスのジョイントの隙は湿気があるので対応しにくいのですが

 

それ以外のクロスジョイントは改善してきました。

 

まず、クロスのひび割れの出る要因の一つは木の動きによるクラックがあります。

 

無垢の柱であれば乾燥収縮で柱に背割りがあれば背割りの開からクロスが動く

 

芯持ち柱の場合、柱のねじれから下地が動いて割れることが多くあります。

 

昔と違いプラスターボードが厚くなったのとビス止めに変わりひび割れが減りました。

 

集成柱は柱がひねらないので壁が動きにくくなりクロスのダメージが減りました。

 

窓廻りは、窓廻りにジョイントを持ってこない張り方をすることで改善しました。

 

手間はかかりますがこれは大変効果的です。

 

プラスターボードの継ぎがすくなければ少ないほどクロスのヒビは入りにくくなります。

 

 

壁のクロスは改善されてきましたが、天井のクロスはなかなか改善されていません

 

他の住宅会社で工事をしている大工さんから

 

天井ボードを注意して貼っているのに

 

クロスに割れが入ると相談を受ける事がありますが

 

これは、大工さん施工の責任ではなく構造の問題から発生していることが大半です。

 

広島は、土地が狭いため2階建ての建物が多く当たり前的なくらい

 

クロスの歴史って無茶苦茶古くなく

 

壁はプリント合板や天井は天井化粧ボードなどを張っていたため

 

そこまでクラックは気にしていませんでしたが

 

内装がクロスに変わりクレームが増えました。

 

そのため今でもこのクレームに苦労している住宅は多くあります。

 

弊社も温度収縮によるジョイント割れはゼロではありませんが少ないと思います。

 

そのテクニックは、ここでは書けませんが、家の構造とバランスが関わっています。

 

これは、クロス以外にも長持ちささるテクニックとして

 

とても大切な事なので、意識をもって施工するようにしています。

 

そして、クロス職人の技量によっても耐久性は変わってきます。

 

クロスを貼る事は職人として出来るのですが職人が

 

意識を持ってカッターを入れるかによって変わってきます。

 

上手な職人と普通の職人を見分けるポイントがあるのですが

 

これを書くと職人さんに怒られるので書きませんが

 

どの業種でもテクニックが色々ありその技術で成り立っています。

 

そのテクニックや癖を見抜き良い所を引き出しながら建物を作り上げていく

 

これが、長持ちする家を造る秘訣です。

 

チーム岡田は、職人一人ひとりがテクニックを屈指して作っています。

 

まあ、あれこれめんどくさい社長が目を光らせているもんで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
 最近のエントリ
 カテゴリー
ブログ(503)

はじめに(10)

プロフィール(7)

遊家ができるまでの秘話 Secretstory(21)

社長のつぶやきコラム(87)

岡田工務店こだわりの家づくり(62)

「歳を取らない家」(9)

健康になる家(9)

遊家の家づくり(128)

住宅医のつぶやき(8)

初めての家造り(11)

健康住宅 空気環境(13)

失敗しないリフォーム(2)

ストレスを軽減する家(16)

家造りポイント(11)

賢い資金計画(1)

賢い キッチンづくり(4)

賢い 浴室づくり(3)

賢い 庭づくり(1)

賢いメンテナンス(7)

賢いエネルギー(5)

賢いリフォーム(2)

賢い家造り(14)

健康住宅 睡眠(4)

健康住宅 ストレス(12)

健康住宅 カビ(14)

健康住宅 色(6)

困った ややこしい同居や相続(0)

健康住宅に 照明(4)

困った 中古住宅(1)

困った 片付け(1)

困った マンションリフォーム(1)

困った 涙のクレーム(12)

困った 環境問題(61)

困った 火災(5)

困った 離婚と家(4)

困った 結露(4)

困った 火災保険(1)

困った住宅家電設備(2)

安心 二帯住宅(2)

安心 耐震診断(12)

安心 耐震構造(6)

長持ち 健康(12)

こだわり リビング・ダイニング(2)

こだわり子供部屋(2)

こだわり 家電(5)

こだわり 照明 光 色彩(9)

こだわり 家造り(8)

長持ち こだわり(4)

長持ち 土地(2)

長持ち 間取り(2)

長持ち 基礎(7)

長持ち シロアリ(2)

長持ち 構造材(7)

長持ち 屋根(1)

長持ち 断熱気密(11)

長持ち 外壁(5)

長持ち 外壁塗替え (2)

長持ち 音(10)

長持ち 高気密高断熱(2)

長持ち 通風計画(8)

長持ち 設備(5)

長持ちキッチン(3)

長持ち デザイン(0)

長持ち 家具(1)

長持ち 光熱費(2)

長持ち 内装(4)

長持ち 壁紙(1)

長持ち 畳(0)

長持ち リフォーム(4)

長持ち ウッドデッキ(0)

長持ち 現場管理(3)

長持ち その他(0)

長持ち 家に関係なし(0)

長持ち外壁塗装(3)

施工住宅動画紹介(5)

子育て日記(6)

失敗しない家造り(24)

賢い共稼ぎの知恵(1)

「幸せそうに見える家」と「幸せな家」(0)

ブログアーカイブ
岡田工務店の強み
パッシブライフ
ブログ
イベント情報
施工事例
ただいま施工中
リフォーム事例
メルマガ登録はこちら
OKADAチャンネル
会社案内
資料請求・お問合せ
コンテンツ
  • 岡田工務店の強み
  • パッシブライフ
  • ブログ
  • イベント情報
  • 施工事例
  • ただいま施工中
  • リフォーム事例
  • メルマガ登録はこちら
  • OKADAチャンネル
  • 会社案内
  • 資料請求・お問合せ
  • 物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル

    物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル
    こだわり社長のつぶやき
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ