ブログ

ホーム > ブログ > 家造りポイント | 広島で注文住宅・リフォームなら株式会社岡田工務店 百彩住宅
ブログ
「家の性能をチェックすることの大切さ」広島工務店 ひろしまの家 高気密高断熱 投稿日:2021年01月8日

 


数年に一度の寒波到来


 

広島はこの冬一番の寒さになりました。

 

丁度よいタイミングで、弊社、住宅性能を確認するのに絶好の機会と思い

 

現地調査をしました。

 

この住宅は、U値0.42

 

実際、計算の数字で有って数字遊びでしか過ぎないと思っているので

 

私は、現場を大切にしています。

 

自社設計施工の良い所は、追求が出来る事

 

とことん、こだわりを持って挑む姿勢が取れるので完成の良否に大きく差が出ます。

 

設計事務所依頼の仕事も受けますが、納得する形でさせてもらえる所でしか受けていません

 

何だかんだと言って

 

最後に責任を負うのは、私なので「責任と自信」が持てる仕事を選ばしてもらっています。

 

中途半端にする仕事は、不安ばかり残り

 

夜眠れない位のストレスになるのでとにかく納得できるところまで追求して家づくりをしています。

 

この時期の年賀状に書いてある一言

 

「相変わらず快適に暮らしています」

 

「気持ちよく暮らしています」

 

「この家、最高!」

 

たくさんの声を頂くとホッとして

 

もっともっと良いものを残そうという気持ちになります。

 

そのために、実測が大切になります。

 


予算を組立、最高のバランスを考える


 

家は、予算があります。

 

お金に射止を付けないから最高の物を造って欲しいと言われればうれしいですが

 

なかなか、出会える話ではありません

 

予算の組み立てを考えながら計画することがとても大切です。

 

広島市内は、土地が高く家にかけられるお金のバランスが悪い地域です。

 

だからこそ、家にかける費用をどのように割振るか?

 

そこが大切になります。

 

そこで私が一番に考えていること

 

「経年劣化に強い家」

 

丈夫で長持ちという言葉は、もうすぐ牛田で創業100年になる

 

岡田三世代が受継いできた言葉です。

 

幾らカッコ良くても、いくら斬新でも多機能でも長持ちしないとただのゴミ

 

維持費の負担ばかりかかって飽きてしまいます。

 

フェラーリはカッコいいだけと思われがちですが、

 

カッコいいだけではなくしっかりとメンテナンスが出来るように設計されています。

(修理代は高いですが・・・)

 

しかし、住宅の場合、見た目重視になりがちで中身がペラペラ

 

修理不可能という物件が多く、ちょっと勘違いしている建築屋さんも多く存在しています。

 

近年、特に残念な家が多く気の毒に思います。

 

耐久性の次に、限られた予算で造る家で重要な事は断熱性や気密性と思います。

 

断熱気密性能競争が、一部で起こっていますが

 

最低限の断熱性能の基準から組み立てていく事がとても重要

 

お金をかければいくらでも性能は上げられますが、予算があっての話です。

 

断熱性の良否は、見えない貯金箱にお金が貯まるか、貯まらないか大きく変わってきます。

 

新築は、使用前後の差が見えないため算出しにくいのでドブに

 

お金を捨てていることに気付きませんが、断熱性の良い家と悪い家

 

日々の暮らしのちょっとした所で差が出ています。

 

しかし、断熱オタク的にやりすぎも良くありません

 

断熱気密ばかりにお金をかけるのは正直もったいないと思っています。

 

お金の貯まる、最低限の断熱性能を決めて家づくりをしています。

 

人に自慢できるカッコいい素敵な家にすることは、愛着を持つためにはとても重要な作業です。

 

予算配分をして、少しでも予算を残し

 

残され限られた予算で創意工夫で快適で使いやすく素敵なカッコいい家にしていく

 

ストレスをためない事が、本当に健康住宅

 

これが私のこだわりの家造りになっています。

 


断熱性能調査


 

たくさんの家を造ってきて、各家族の室温の違いを感じます。

 

どのお家もあったかいのですが、自分基準にして設定温度が高かったり低かったり

 

室温に基準がないことがよくわかります。

 

温度や湿度で体感が変わる、暖房器具の種類によって温度の質が違うのが面白く感じています。

 

そこで私が思う室温になるように工夫して造っています。

 

一番寒いときの測定はとても重要になります。

 


21年1月8日 

 

外気温

 

南側6.1℃

 

 

北側4℃

 

 

外壁面温度

 

 

南側8℃(陽が当たる場所)

 

 

北側-0.2℃

 

 

 

屋根瓦面

 

-2℃

 

 

 

 

 

 

熱源

 

職人さん 3名

LED照明3灯

 

 

エアーコンプレッサー1台

 

お日様

 

 


調査結果


 

 

 

室温 北側 8.6℃

 

 

北側 トイレ

 

 

2階北側

 

 

壁面温度 北側 7.5℃ 

 

その他壁 9.5℃

 

2階 天井面温度 北側 7.2℃

 

その他2階天井 8.7℃

 

 

 


 

全く熱源がない状況の上わずかな日のあたりで、この結果はよい状態

 

夏の調査結果とを含めて夏涼しく冬あったかい家に仕上がっています。

 

完成が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
「風を読む家造り」広島工務店 ひろしまの家 失敗しない家造り 投稿日:2020年10月12日

エアコンの必要性


 

住宅計画でとても重要なポイントは、家にどうやって風を取り込むか?

 

スマートハウスが出てきて全館空調でエアコン制御の家も増えていますが

 

システムだけに頼る家づくりはやはり問題があります。

 

オフィスや施設は、空調に頼らざる負えませんが

 

人が日常生活する住宅においては風通しはとても重要になります。

 

以前からブログで書いていますが

 

エアコンが苦手な私はエアコンの冷気が窮屈に感じ落ち着きません

 

エアコンをON、OFFを調整しています。

 

住んでいる家が古いので断熱性能が悪く温度ムラがあるのも原因です。

 

エアコンが一般の家に普及し始めて、45年高度成長期、住宅ブーム移行普及が始まりました。

 

すでに、90.9%一軒当たりの保有台数も2019年3.21台という数字が出ています。

 

地球温暖化により、夏の気温が上がり室内に入る風が熱波に変わり

 

屋内でも熱中症になる可能性が高くなりました。

 

エアコンをうまくコントロールして使う必要性が出てきました。

 


エアコンが苦手な理由


 

なんで私がエアコンが苦手なのか?

 

建築環境造りのプロとして色々と分析しました。

 

温度湿度の関係で快適さを表していますが、私は温度湿度+気圧差が関係していると分析しています。

 

曇りになったり。台風が近づくと頭痛がしたり耳鳴りが強くなったりするかたがいると思います。

 

この現象も気圧差により発生します。

 

外気温が高く部屋の温度が低いと部屋の中が圧縮されて体感的に落ち着きません

 

サッシュ性能やガラスの性能によって左右されますが、温度差が大きいほど膨張率が大きくなり

(熱で暖めることで空気が膨張し、反対に冷やすことで空気は圧縮、空気が圧縮すると体積は小さくなります)

 

見えない空気が、気圧変化により、体に負担をかけています。

 

冷房の効いた部屋から外に出ると、縮まったからだが開放的に感じる理由は微妙な気圧によるものです。

 

 


簡単に換気扇で空気を入れ換えられない


 

エアコンを使う事により部屋を閉めきる時間が長くなりました。

 

しかし、コロナの流行により換気をすることの重要性を言われています。

 

機械の換気は、住宅の場合、1時間当たり0.5回部屋の空気を入換える最低基準と定められています。

 

実は、換気扇の換気は、あまり信用できません。

 

気圧と同じように空気は温度差があり

 

暖かい空気は軽く

 

冷たい空気は重い性質があります。

 

換気扇の能力にもよりますが、部屋には温度差があり

 

暖かい空気層と冷たい空気層が分かれています。

 

その空気層よりも下にある空気は重く換気扇の能力では吸い上げる事が出来ず

 

空気だまりが発生して、隅々まで1時間当たり0.5回部屋の空気を入換える事が出来ません

 

サーキュレーターなので空気を攪拌する必要があります。

 


風通しのいい家は今も昔も変わらない


 

エアコンの普及により住宅の考え方も大きく変わってきました。

 

外国では、全館空調の普及が高いみたいですが、日本もまねる必要はないと思っています。

 

確かに数字や理論はよくわかりますが、だから健康的に暮らせるのか?と思っています。

 

私も、超高性能住宅を造ることはとても大切と思っていますし実際に造っています。

 

家造りにおいて、快適に暮らせる家であっても健康に暮らせないと家の価値が下がります。

 

日本は、古代から疫病と戦ってきました。

 

その理由は、湿気によるカビからの食中毒や結核(伝染病)で苦しんできました。

 

そのため、風通し換気を重要視され、風水は風の流れと方位を結びつけています。

 

風の流れと精空気を取り入れることで、人はナチュラルになり健康になれます。

 

 


風を読む家造り


 

 

風を読む造りはとても重要

 

 

良い気を取り込み悪い気を出す風水では基本です。

 

 

風を読み取り込む工夫をしていない家は、重苦しい空気感に変わります。

 

 

岡田工務店の家づくりは、風と太陽を読むことから始めます。

 

 

 

 

現地の風向き調査から始まり、風が効率よく入るように

 

 

何度も条件を変えバランスよい窓の配置を考えてシュミレーションしていきます。

 

 

家の中にたくさん精空気を取り込めるように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
「台風に強い家」広島工務店 ひろしまの家 失敗しない家造り 投稿日:2020年09月2日

 


遊家が出来るまで 「構造編


 

 

家づくり一つ間違えれば大きな損失につながります。

 

 

そのため、色々悩み一つ一つ問題を解決して作り上げました。「遊家」

 

 

その遊家も早いもので開発から13年が経ち結果が自信変わりました。

 

 

今まで考えて形にしてきた開発秘話を書いていきたいと思います。

 

 


台風に強い家


 

年々大きくなっている様子の台風

 

台風10号が発生しました。

 

太平洋の海水温が高いため台風の勢力が衰えません

 

ゼネコン時代から台風を追いかけていますが

 

9月の太平洋気温が30℃を超えた状況が続く年はあまりなかったです。

 

今年は、要警戒の年と思っています。

 


台風と家


 

日本は、地震が多い印象ですが、台風は毎年上陸若しくは通過しています。

 

九州から、西日本、紀伊半島、千葉も台風に大きな被害が訪れています。

 

広島デルタ地帯は、大雨が降る事で出来た地形なので

 

昔から台風が多くこの地形が形成されました。

 

この地形に近い地域は比較的台風被害が続いています。

 

グーグルマップを見て、自分の地域を見て確認することをお勧めします。

 

「地震に強い家」は丈夫そうに感じますが、台風に対しての家造りも大切です。

 

耐震性能3等級という言葉が出ていますが、

 

この耐震性能は、設定でコントロールでき誘導が出来ます。

 

耐風性能も風力区分を調整することでコントロール出来て

 

耐震等級3、台風性能等級2だから強い家というアピールをしています。

 

一般の人は、分からない陰の部分ですが重要なことです。

 

岡田の家は、金物や筋交いの量、耐力壁の量が違うと大工さんに言われますが

 

そりゃ、実際計画をするとそれだけの量になります。

 

いくらかっこいい家であっても、安い家であっても

 

台風の多い広島の家は、絶対に必要な条件と思っています。

 

毎年、来る台風で家が揺れると家の劣化が進み耐久年数も短くなります。

 

大型台風時代、地震強い家も大切ですが、台風に対してのバランスの良い家

 

これが、とても大切です。

 

台風に強い家は、壁量、偏芯率をしっかり検討することで変わります。

 

 

岡田工務店の注文住宅は、強風地域MAX、標準風速MAX仕様

 

 

瓦も風速60m/sの瓦を使用しています。

 

 

問題のサッシュに関しては、建設地で調整

 

 

窓廻りに風をさえ切るような風のあたりが弱い場所は断熱性優先

 

 

風当たりの強い所は耐風性を考慮して家づくりをしています。

 

 

その場所にあった部材を細かく設定が出来る岡田工務店の家の特徴の一つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
 最近のエントリ
 カテゴリー
ブログ(517)

はじめに(10)

プロフィール(7)

遊家ができるまでの秘話 Secretstory(22)

社長のつぶやきコラム(87)

岡田工務店こだわりの家づくり(69)

「歳を取らない家」(9)

健康になる家(11)

遊家の家づくり(128)

住宅医のつぶやき(9)

初めての家造り(11)

健康住宅 空気環境(18)

失敗しないリフォーム(3)

ストレスを軽減する家(18)

家造りポイント(12)

賢い資金計画(1)

賢い キッチンづくり(4)

賢い 浴室づくり(5)

賢い 庭づくり(1)

賢いメンテナンス(7)

賢いエネルギー(6)

賢いリフォーム(2)

賢い家造り(15)

健康住宅 睡眠(4)

健康住宅 ストレス(12)

健康住宅 カビ(14)

健康住宅 色(6)

困った ややこしい同居や相続(0)

健康住宅に 照明(4)

困った 中古住宅(2)

困った 片付け(1)

困った マンションリフォーム(2)

困った 涙のクレーム(12)

困った 環境問題(61)

困った 火災(5)

困った 離婚と家(4)

困った 結露(4)

困った 火災保険(1)

困った住宅家電設備(2)

安心 二帯住宅(2)

安心 耐震診断(13)

安心 耐震構造(7)

長持ち 健康(13)

こだわり リビング・ダイニング(2)

こだわり子供部屋(2)

こだわり 家電(5)

こだわり 照明 光 色彩(9)

こだわり 家造り(8)

長持ち こだわり(4)

長持ち 土地(2)

長持ち 間取り(2)

長持ち 基礎(7)

長持ち シロアリ(2)

長持ち 構造材(7)

長持ち 屋根(1)

長持ち 断熱気密(14)

長持ち 外壁(5)

長持ち 外壁塗替え (2)

長持ち 音(10)

長持ち 高気密高断熱(3)

長持ち 通風計画(9)

長持ち 設備(6)

長持ちキッチン(4)

長持ち デザイン(0)

長持ち 家具(1)

長持ち 光熱費(2)

長持ち 内装(4)

長持ち 壁紙(1)

長持ち 畳(0)

長持ち リフォーム(5)

長持ち ウッドデッキ(0)

長持ち 現場管理(3)

長持ち その他(0)

長持ち 家に関係なし(0)

長持ち外壁塗装(4)

施工住宅動画紹介(5)

子育て日記(6)

失敗しない家造り(29)

賢い共稼ぎの知恵(1)

「幸せそうに見える家」と「幸せな家」(0)

こだわり社長のQ&A(2)

ブログアーカイブ
岡田工務店の強み
パッシブライフ
ブログ
イベント情報
施工事例
ただいま施工中
リフォーム事例
メルマガ登録はこちら
OKADAチャンネル
会社案内
資料請求・お問合せ
コンテンツ
  • 岡田工務店の強み
  • パッシブライフ
  • ブログ
  • イベント情報
  • 施工事例
  • ただいま施工中
  • リフォーム事例
  • メルマガ登録はこちら
  • OKADAチャンネル
  • 会社案内
  • 資料請求・お問合せ
  • 物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル

    物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル
    こだわり社長のつぶやき
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ