ブログ

ホーム > ブログ > 賢い 浴室づくり | 広島で注文住宅・リフォームなら株式会社岡田工務店 百彩住宅
ブログ
広島の家 広島リフォーム 「生活音と健康」 投稿日:2022年04月12日

「生活音と健康」


 

 

新築住宅、リフォーム、色々考えられて造られていますが

 

音に関て、あまり考えられていません

 

そして、生活初めて、気付かれることが多く後戻りできません

 

30年前マンション

 

ローコスト化として直貼り工法が流行った時代

 

 

洋室はカーペット敷き、クッションタイプフリーリングで対応

 

天井は直貼りクロス、スラブ厚さが薄いため

 

上階や下階のおとが気になって生活が窮屈になっている方が多くいらっしゃいます。

 

カーペットからフローリングに変えるときは、遮音的に注意が必要です。

 

L45であってもコンクリスラブ厚うすいと性能が発揮できません。

 

どうしてもという場合、置床工法や遮音マット敷き込みなど工法を

 

検討する必要があります。

 

それと同時にレベル(水平問題)RCの場合

 

当時、オートレベルであたりをつけて直付押さえしているため

 

斜めの家が多く、ビー玉を転がるマンションがたくさん現れ社会問題にもなりました。

 

その当時のマンションは、キッチンの据付に注意しないと

 

床に合わせてキッチンが斜めに取り付ける業者もありますので注意が必要です。

 

リノベーションの場合レベリングで調整する方法もあります。

 

さて、音問題として、換気扇やIHからも音が発生します。

 

耳鳴りのような音で、機材が古くなればより大きな音に変わります。

 

IHは薄い鍋など振動で変な音がなり、調理がつらくなります。

 

 


高音を抑え程よい音の空間にする。


 

近住宅は、高音が発生しやすく音に対して見えないストレスを抱えています。

 

 

見えない五感は、それが当たり前のように生活していて

 

知らずうちにストレスになっています。

 

家の中で音が聞きづらく、自然に家の中の声が大きくなり

 

落ち着きのないがやがやした感じになり、知らないうちにイライラして

 

片頭痛を持つ人もいらっしゃいます。

 

それは、乾燥しやすい住居とそれに対する生活音が共鳴して聞こえるため

 

部屋にいて音が聞き取りにくくなっています。

 

そのため、それが騒音になりテレビの音がうるさかったり

 

茶碗の音や洗い物の音までも耳障りに聞こえやすくなります。

 

そこで、やさしい音の空間をつくることが重要になります。

 

人が聞こえる周波数を検討して、程よい周波数を作ること

 

これが重要になってきます。

 

弊社の家づくりのポイントに心地よい音の家を造っています。

 

音へのこだわりは、健康住宅においてとても大切な事です。

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
「ユニットバスはあったかい?」広島工務店 投稿日:2021年03月31日

 


ユニットバスはあったかい?


「新しくしたユニットバスが寒い」

相談を受けました。

断熱ユニットバス宣伝していますが

ユニットバスに断熱性能を求めることは

正直難しい話です。

限られたスペースの中に浴槽を納めるため

壁も薄く設計されています。

その間に断熱性のない発泡スチロールを

貼り付けているだけなのです。

在来住宅は、床下換気口が設けられ

床下からの空気がながれ

浴槽下から隙間風が入ります。

あったか味のある浴槽をパネルで視覚的に

あったかく感じても、実際は温まっていないので

ヒートショックに対して注意が必要です。

ユニットバス廻りを床壁天井躯体で断熱をする。

これは、とても重要な作業になります。

耐久性にも大きく関わってきます。

新築においても同じです。

基礎断熱の場合外気が入りにくいですが

空気は動きます。

床下断熱の場合ユニットバス廻りの

気密化をする必要があります。

ユニットバスは温度差が出やすい場所

パネル裏周りが結露しますのでしっかりとした

配慮が必要になります。

簡単に出来そうなユニットバスリフォームですが

実は、奥深いリフォームですので注意しましょう

 



ページ先頭へ
「大雨と樋」広島工務店 広島の家 失敗しない家づくり 投稿日:2020年06月26日

今年も大雨が降っています。

 

広島もたくさんの雨が降りました。

 

バケツをひっくり返したような雨という言葉もよく聞きます。

 

その雨が屋根に伝わり樋に流れます。

 

集中豪雨になどの大雨では雨が流れ切らずオーバーフローし

 

壊れたように若しくは詰まったように見えます。

 


降水量と樋の排水能力


 

当たり前についている樋ですが、樋にも性能があります。

 

この性能の違いで排水能力が変わってきます。

 

樋は軒樋と竪樋の組み合わせに変わってきます。

 

大雨での排水能力の検討も必要です。

 

樋の種類で大きな差が出ますが

 

それ以外にも埋設雨水配管の性能も重要になります。

 

樋の性能が良くても雨水配管が悪いと排水能力は低下します。

 

雨水を側溝等に流す場合、雨水枡から雨水管きょで流す場合

 

その排水状況によって大きく変わってきます。

 

 

街中で合流式の場合、雨水と汚水が同時に流れるため

 

公共埋設配管、下水処理場能力によっても変わってきます。

 

広島市の中心街は、埋設配管の交換工事が勧められ性能が変わってきています。

 

今まで浸水していた場所も少しづつ改善されてきています。

 

しかし、大雨と満潮が重なると排水量が減少するため排水能力が大きく低下

 

高性能の樋をもっても排水が出来ない場合があります。

 

雨水排水能力と雨水埋設配管能力と樋の性能を考えて計画する必要があります。

 

 


樋の取付高さと耐久性


 

 

軒樋も取り付ける地域によって取付位置が変わってきます。

 

雪が多い地域では、樋を付けない場合もありますが

 

雪が樋に絡みにくい(すがもり)位置に、樋の取り付け位置を下げ樋の受金物を増やします。

 

屋根の角度や降水量によって軒樋の高さの位置を調整していきます。

 

瓦の出や広小舞の取り付け方、軒先水切など

 

微妙の調整ですが、この調整により鼻隠しの汚れ具合が変わってきます。

 

 

家が古くなったと感じる要因の一つに鼻隠しや破風の汚れがあり

 

わずかな工夫で見た目の耐久性が大きく変わってきます。

 

 


雨風しのいで家は長持ち


 

家は、「雨風しのいで家は長持ち」という言葉を言い伝えられてきました。

 

目立ちにくいことですが、家の耐久性ににおいてとても重要な要素なので慎重に検討するとが重要です。

 

屋根材と樋の細かい納まりをキチンと瓦や板金屋と協議し進める必要がありとても重要な作業です。

 

瓦の性能確認と樋の納まり確認

 


樋を点検する


 

樋の点検は、軒先の為危険です。

 

樋を点検する方法として弊社はドローンを活用しています。

 

ゴミが詰まっていたりして排水が出来ない場合

 

場合によっては雨漏りの危険性が出てきます。

 

 

樋の点検をすることをお勧めいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
カレンダー
2022年6月
2022年5月
2022年4月
2022年3月
2022年2月
2022年1月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
 最近のエントリ
 カテゴリー
ブログ(545)

はじめに(10)

プロフィール(7)

遊家ができるまでの秘話 Secretstory(27)

社長のつぶやきコラム(89)

岡田工務店こだわりの家づくり(89)

「歳を取らない家」(13)

健康になる家(15)

遊家の家づくり(132)

住宅医のつぶやき(9)

初めての家造り(14)

健康住宅 空気環境(21)

失敗しないリフォーム(4)

ストレスを軽減する家(20)

家造りポイント(20)

賢い資金計画(1)

賢い キッチンづくり(6)

賢い 浴室づくり(5)

賢い 庭づくり(1)

賢いメンテナンス(8)

賢いエネルギー(6)

賢いリフォーム(2)

賢い家造り(21)

健康住宅 睡眠(4)

健康住宅 ストレス(15)

健康住宅 カビ(14)

健康住宅 色(7)

困った ややこしい同居や相続(0)

健康住宅に 照明(4)

困った 中古住宅(2)

困った 片付け(1)

困った マンションリフォーム(3)

困った 涙のクレーム(13)

困った 環境問題(64)

困った 火災(5)

困った 離婚と家(5)

困った 結露(4)

困った 火災保険(1)

困った住宅家電設備(2)

安心 二帯住宅(3)

安心 耐震診断(13)

安心 耐震構造(9)

長持ち 健康(15)

こだわり リビング・ダイニング(2)

こだわり子供部屋(2)

こだわり 家電(7)

こだわり 照明 光 色彩(10)

こだわり 家造り(12)

長持ち こだわり(4)

長持ち 土地(2)

長持ち 間取り(2)

長持ち 基礎(11)

長持ち シロアリ(3)

長持ち 構造材(8)

長持ち 屋根(2)

長持ち 断熱気密(15)

長持ち 外壁(5)

長持ち 外壁塗替え (2)

長持ち 音(14)

長持ち 高気密高断熱(5)

長持ち 通風計画(9)

長持ち 設備(7)

長持ちキッチン(5)

長持ち デザイン(0)

長持ち 家具(1)

長持ち 光熱費(2)

長持ち 内装(4)

長持ち 壁紙(1)

長持ち 畳(0)

長持ち リフォーム(5)

長持ち ウッドデッキ(0)

長持ち 現場管理(5)

長持ち その他(0)

長持ち 家に関係なし(0)

長持ち外壁塗装(4)

施工住宅動画紹介(5)

子育て日記(6)

失敗しない家造り(37)

賢い共稼ぎの知恵(1)

「幸せそうに見える家」と「幸せな家」(1)

こだわり社長のQ&A(2)

ブログアーカイブ
岡田工務店の強み
パッシブライフ
ブログ
イベント情報
施工事例
ただいま施工中
リフォーム事例
メルマガ登録はこちら
OKADAチャンネル
会社案内
資料請求・お問合せ
コンテンツ
  • 岡田工務店の強み
  • パッシブライフ
  • ブログ
  • イベント情報
  • 施工事例
  • ただいま施工中
  • リフォーム事例
  • メルマガ登録はこちら
  • OKADAチャンネル
  • 会社案内
  • 資料請求・お問合せ
  • 物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル

    物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル
    こだわり社長のつぶやき
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ