ブログ

ホーム > ブログ > 遊家の家づくり | 広島で注文住宅・リフォームなら株式会社岡田工務店 百彩住宅 - パート 41
ブログ
少しづつ影響が・・・ 投稿日:2013年02月28日

安部政権になり2か月、この間に「アベノミクス」の円が大きく変動しました。

これを機会にとガソリンや電気代などいろいろな輸入分野が値上げを始めてきました。

産業界もうまくちょっとした円安を理由に値上げをしていますが

実際は、円高時代に先読みして輸入強化をしているので在庫からして便乗値上げなんでしょうけどね。

円高に振れたときじゃあ値下げを進めるのか?と言えば、なかなかしないのに

建材関連も今から少しづつ便乗値上げ(笑)してくると思います。

住宅業界は、実際物価が上がってもじゃあ値上げという事が出来ないのでつらくなるのですが

うまくインフレが進めんで(着工件数が増えれば)解消できる問題とおもいますが・・・

 

3/11から2年が経とうとしています。

あの衝撃の日からエネルギー問題にたいして色々と目を向けられるようになり

原発問題など課題が山積みです。

ウランやプルトニュームに関して色々と知ると

子孫に迷惑をかけないようにするためにはこの問題をしっかり考えて行く必要があると思います。

 

1970年から日本はどれだけ変わったのか?ちょっと比較

1970年~ちょっとだけ調べると

人口 1970年1億460万人→2013年1億2千740万人に(2千280万人増 なかには年金関係で存在しない人も多数含まれるらしい(笑))

2040年頃32年年後には1970年代と変わらない人口(高齢者ばっかり)

 

1970年から2013まで165KWH位増えている

そりゃエアコンやら電子レンジとかテレビやパソコンや暖房便座などいろんな商品が無茶苦茶に増えたため人口の増加と電気の使用量が多くなるのはよくわかる

(省エネタイプが増えたため1985年のピークより電気使用量は減っている。)

 

それでは今後の問題になると

人口の低下と省エネ商品の向上により電気の使用量は激減するでしょうねぇ

今がピークでこの先10年において右肩下がりになっていくでしょう!!

1970年までのレベルまでは下がらないまでも大きく低下すると思います。

 

でっ!この先日本で原発が必要かというと、この数字を見る限りいらないはずなんですが

やっぱりからんでくるのが国と企業と行政の問題になってくるでしょう!!

人間の住む世界必ず利害関係が出てきます。

原発を誘致している所に下りてくるお金

原発を稼働している会社と国(政治家)との関係

色々な問題がありやめることのできないさまざまな理由があるのでしょう

原発を止める方法は、電気会社を国営にするか?現プルトニュウムの処理方法を見つける。

企業を入れてメガソーラーなど他のシステムとコスト競争をさせ原発による発電コストが他のコストより高くなれば

原発に代わるコストの安い発電方法の開発ができれば原発が必要なくなる??のかな?

でも、日本が原発をやめても中国などの近隣諸国も同じようにやめないと・・・風に乗ってくる。涙

 

 

さて、話がぶっ飛びますが

省エネ住宅が大きくクローズアップされそれに伴い

今後、低炭素建築物の認定基準というものが進められていく

住宅建築の仕事をしていて言っていいのか悪いのかわかりませんが(この先ちょっと触れてはいけない事なのかもしれないのでどうしよう??)

住宅に関しては、〇〇法人が比較的法づくりが作りやすいため 

結局、時代の流行の中でどさくさに紛れて法人数を増やしてそこに取り巻く環境づくりをしているのでは?と思っていしまいます

 

姉歯事件→瑕疵担保保険など

CO2問題→長期優良化住宅→住宅性能など

原発問題省エネ→低炭素住宅など

 

これって、わざわざ建築主の負担になるのに強制的にしていく必要があるのか?
と思います。これ以上割愛
 
このような仕組みを作る前に
 
地域環境に見合った、きちんとした住宅を作る会社を選別して育てていけばいいのでは?とか?

もっともっとオフィスや物品販売店や街の看板や自動販売機などの高エネルギー消費建物の改善をしていけば!といつも思うのですが・・・

これにかかわっているお客様がいると思うので・・・割愛

 

 

 

 

 

また、エネルギーに戻ります。

家庭の住宅においての時間帯別電力需要というグラフがあります。

bandicam_20110730_131546520.jpg

家にある電気製品と思いますが、待機電力が消費電力が高いのが見てわかります。

便利になればなる程消費電力は増えてきます。

待機電力=熱にもなります。(夏場のエアコンを効きにくくしているちょっとした原因)

 

経年変化及び断熱性、そして使いやすさなどの取り組みは研究中ですが少しずつ進めて行っていますが

この待機電力をアナログ管理しやすい環境づくりがまだできていません。

(デジタルは待機電力かかるから(笑)

待機電力を少しでも少なくできるような取り組みをしていっています。

IR_0383.jpg

                           待機電力状況

 

少しでも使わない電気を考えることで電気消費量を減らし

省消費エネルギー対策やクリーンエネルギーを推進していくことで

子供達が大きくなり安心して暮らせる環境を残てやりたいと思っています。

 

 

最後まで訳の分からない文章を読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
困った問題だ! 投稿日:2013年02月19日

中国での大気汚染!そして原発の稼働!

日本に降り注ぐ大きな問題と思っています。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20130219-00000018-jnn-int

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130218-00000043-reut-bus_all

光化学スモッグからPM2.5

発がん性が高いらしい         

 

原発においては国内で原発稼働を止めても

もし、中国で事故があった時には中国国内よりも日本への影響が大きく

国が結果どのように対処するのか?

国も対応策がないため触れることができません。

 

結局は、原発よりもコストがかからない

クリーンエネルギーを開発して中国に売る事で解決できるんでしょうけど

はっきり言って自分の力ではどうしようもできません 涙

 

クリーンエネルギーの推進を進めることが重要と思います。

今、各メーカーから色々な商品が開発されてきました。

代表的なものは

1.太陽光発電

2.エネファーム

その他

 

やっぱり色々な問題があり

自信を持ってお勧めできないのが問題です。

太陽光発電、エネファームもいいんですけどねぇ

 

 

10年以上前太陽光発電で、近頃色々と相談を受けるようになりました。

各メーカー共通で保守定期点検について何も言われなく取付業者に聞いたら

「事前申し込をしないといけない今は、受付ていない」

と言われて結局修理代がすごく高くついた

モジュール接続部分に水が入って発電しなくなったらしい

 

某大手ハウスメーカーでオプションで取り付けた太陽光が発電しなくなり、修理依頼をしたが太陽光メーカー商品のため

対応が出来たいと言われ7か月が経過し、弁護士を立てて訴訟を起こす勢い

4KWの商品で「10年で元が取れる」と言われ数値通りに出ない現実とメーカーの無責任さで怒っています。

その当時はドタバタとしたセールスで☆お得、☆電気代が浮くなどと元が取れるという売り込み方だったらしい

壊れるリスクはあるので

そのような商品は将来の子孫のために貢献しているという気持ちで導入する考えが大切です。

機械物は当たりはずれがあるのでメンテナンス費用がどうしても発生します。

それでスマートハウスってどうンなるんでしょうね??

色々あるのでここでは割愛

 

 

父の友人のお金持ちの人に冗談で聞いたことがあります。

「お金持ちになるのってどうしたらいいんですかね!!」

「えいじくんがお金持ちになりたいなら、まずお金を使わないことだよ!!それと物を大切にすること!!」

「へぇ~・・・?」

その頃はピン??ときませんでした。

 

中学生の頃聞いたその話を5年前に思い出し

実はこの言葉を基本に家づくりに取り組んでいます。(内緒でしたが・・・)

 

なるべくエネルギーを使わない環境、無駄な機械をつけない(お金を使わない)

便利で使いやすい快適な家族だんらんができる住空間づくり(家にいる時間が楽しくてお金を使わない)これはこれで問題かも??

経年変化に対応した少しでも長持ちする家(物を大切にする)

 

5年前はあまりこの話をしてもあまり相手にされませんでした(笑)

時代なんでしょうかね??

来家は、数字ではわかりにくいですけど機械に頼らない分確実にお金がたまるはずなんですけど(笑)

 

なるべくエネルギーを使わない家=お金のたまる家

 

IMGP0034.JPG

「来家」床暖房モデル

 

読んでいただきありがとうございます。

読みにくい状態でUPしてすみません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
人間ドック! 投稿日:2013年02月15日

毎年恒例の人間ドックに来ています。

車の車検、特にトラックは一年車検で大きなお金を使うのに

一線で働く自分たちの健康が損なわれたら皆さんに迷惑がかかると思っています。

そして、家を造る者として少しでも永く元気でいることで

建てさして頂いた責任を果たせると思っています。

新規のリフォームさせていただくお客さんの中で良く聞く言葉で

「この家を建てた会社なくなってだれに頼んでいいかわからなかったのよ」

「この家建てた時の親切な営業マンがいなくなって頼みにくくなったのよ」

とかいろいろそんなことを聞けば、細く長く健康第一でやっていくことが

作らしてもらう責任として大切なことと思っています。

 

さて、家も定期検診が必要となってきます。

たくさんの住宅を建ててきた中でまず最初にメンテナンス起こることは

 

1.1階床下の床なり

2.クロスや塗り壁留部分の隙

3.建具の建付け調整

 

1.2は在来木造住宅では、ほぼおこることでメンテナンスは容易にできる項目と思っております。

 

3.は初期段階では容易に調整できる内容ですが、長い目で見たとき容易に修理出来なくなる

  既製品建具のメンテナンスチェックをお勧めします。

 

既製品建具は近年素晴らしい躍進で殆どの会社で使われるようになり

現在の住宅のコストが大幅に下がった理由の一つに挙げられると思います。

 

この既製品建具が、普及し始めてから18年位になりますが

10年たった位の建物で良く使う場所の建具の金物が損傷して交換する事例が多くみられています。

既製品メーカーの金物は大半がOEMで供給されている金物が多く

在庫がなくなると修理交換したくてもできなくなる可能性があります。

そこで住み始めてからわかることですが、よく使う建具を確認して

その場所のパーツを余分に購入しておくことをお勧めしておきます。

メーカーがパーツを持っていても10年位と思いますので

2012-08-25 08.31.53.jpg

それと戸車の間に髪の毛が巻き付いているのを放置いて使っていると

戸車が摩耗して敷居のレールを痛めてしまうことがありますので

洗面所に片引きの建具がある場合髪の毛やほこりがついていないか

確認することをお勧めします。

 

早期発見が大切

定期検診をすること人も家も同じだと思います。

 

 

 

 



ページ先頭へ
 最近のエントリ
 カテゴリー
ブログ(452)

はじめに(10)

プロフィール(7)

社長のつぶやきコラム(82)

岡田工務店こだわりの家づくり(48)

「歳を取らない家」(8)

遊家の家づくり(126)

初めての家造り(11)

ストレスを軽減する家(15)

家造りポイント(10)

賢い資金計画(1)

賢い キッチンづくり(4)

賢い 浴室づくり(3)

賢い 庭づくり(1)

賢いメンテナンス(6)

賢いエネルギー(5)

賢いリフォーム(2)

賢い家造り(14)

健康住宅 睡眠(4)

健康住宅 ストレス(11)

健康住宅 カビ(10)

健康住宅 空気環境(8)

健康住宅 色(5)

健康住宅に 照明(3)

困った 中古住宅(1)

困った 片付け(1)

困った マンションリフォーム(1)

困った 涙のクレーム(12)

困った 環境問題(53)

困った ややこしい同居や相続(0)

困った 火災(5)

困った 離婚と家(4)

困った 結露(3)

困った 火災保険(1)

安心 二帯住宅(2)

安心 耐震診断(12)

安心 耐震構造(6)

こだわり リビング・ダイニング(1)

こだわり子供部屋(1)

こだわり 家電(5)

こだわり 照明 光 色彩(7)

こだわり 家造り(5)

長持ち 健康(11)

長持ち こだわり(4)

長持ち 土地(2)

長持ち 間取り(2)

長持ち 基礎(7)

長持ち シロアリ(2)

長持ち 構造材(6)

長持ち 屋根(1)

長持ち 断熱気密(8)

長持ち 外壁(5)

長持ち 外壁塗替え (2)

長持ち 音(10)

長持ち 高気密高断熱(2)

長持ち 通風計画(6)

長持ち 設備(4)

長持ちキッチン(3)

長持ち デザイン(0)

長持ち 家具(1)

長持ち 光熱費(2)

長持ち 内装(4)

長持ち 壁紙(1)

長持ち 畳(0)

長持ち リフォーム(4)

長持ち ウッドデッキ(0)

長持ち 現場管理(3)

長持ち その他(0)

長持ち 家に関係なし(0)

施工住宅動画紹介(5)

子育て日記(6)

住宅医のつぶやき(6)

健康になる家(5)

失敗しない家造り(14)

賢い共稼ぎの知恵(1)

長持ち外壁塗装(3)

ブログアーカイブ
岡田工務店の強み
パッシブライフ
ブログ
イベント情報
施工事例
ただいま施工中
リフォーム事例
メルマガ登録はこちら
OKADAチャンネル
会社案内
資料請求・お問合せ
コンテンツ
  • 岡田工務店の強み
  • パッシブライフ
  • ブログ
  • イベント情報
  • 施工事例
  • ただいま施工中
  • リフォーム事例
  • メルマガ登録はこちら
  • OKADAチャンネル
  • 会社案内
  • 資料請求・お問合せ
  • 物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル

    物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル
    こだわり社長のつぶやき
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ