ブログ

ホーム > ブログ > 長持ち 高気密高断熱 | 広島で注文住宅・リフォームなら株式会社岡田工務店 百彩住宅
ブログ
「家は家族を守るシェルター」広島工務店 広島で家を建てる 投稿日:2020年02月28日

家は家族を守るシェルター


 

家は家族を守るシェルター15年前から言い続けています。

 

コロナウイルスが猛威を振るっています。

 

県によっては学校の休校が決まり、自宅待機が余儀なくされています。

 

自宅待機といえど自宅が「安心なのか?」と言う疑問があります。

 

自宅も共同生活

 

共同生活なので、安心とは言えません

 

近年の住宅は、マンションや住宅の気密化が勧められています。

 

私も気密化は賛成派ですが、考え方を誤ると住宅が凶器に変わります。

 

インフルエンザ流行し、供がインフルエンザにかかると

 

家中の人がインフルエンザ感染していくことがまれにあると思います。

 

近くにいることが原因という事もありますが、住宅の性質もかかわっています。

 

高齢者も増えインフルエンザで死亡する人が2010年あたりから年々増えています。

 

原因は、何か?

 

 

あくまで仮説ですが、住宅の作り方にも変化が訪れた時期が重なります。

 

2003年からシックハウス対策の義務付けされ、換気についても規制が出来ました。

 

室内においての環境は昔に比べると改善されてきました。(私は苦手な材料が今でもありますが・・・)

 

24時間換気も義務付けされ良い方向に舵を切られました。

 

近年、住宅も高性能化しRCの建物にやや劣りますが木造住宅も気密化が進みました。

 

ここ10年で住宅の換気や冷暖房の仕様も増え色々な方式が出てきました。

 

全館空調、全館換気など第一種換気も増えてきました。

 

床下エアコンなどもあります。

 

良いシステムもありますが、落とし穴もたくさん潜んでいます。

 

やはり、家族の共同生活をする

 

家の中で誰かがインフルエンザに掛かってしまったら

 

人を隔離しなければなりません。

 

院内感染が起こる原因は病室を隔離することが出来ない事が原因です。

 

 

ダイヤモンドプリンセス号も感染者が増えたのは、全館空調がエアロゾル原因?

 

もし、各部屋の独立した空調であれば、あそこまで広がらなかったのではないか?と思っています。

 

感染症病棟でない施設の病院に行くと感染する可能性があるので、

 

コロナ発生地域の病院は大したことがないのであれば病院に行くのは避けるべきだと思います。

 

以前父が、結核で吉島病院に入院したことがあり、換気設備についての大切さを聞き

 

その後、総合病院の手術室(無菌室)などを造った時に色々換気や空調ついて学びました。

 

感染症病室や無菌室や空調が重要ですが、一般住宅は当然そこまで出来ませんし必要ありません

 

しかし、空調設備に依存するのは怖いので切り替えが効くことが大切と思います。

 

そのために、ゾーンで切替できる空調などがあればいいのですが、なかなか難しいので

 

私は、第三種換気を主として考えています。

 

専門家からすれば時代遅れかもしれません

 

しかし、四季があり湿度が変化する日本、カビ対策含め、今も昔も変わっていません

 

やはり、風通しが良い家が一番健康には良いと思っています。

(花粉症の人もいるのですべてではないですが・・・)

 

自然風や温度変化を利用して窓を開けて短時間で一気に換気させることを進めています。

 

ですから、風向きにこだわっています。

 

さて、コロナウイルスが、エアロゾル(微粒子)汚染されるようであれば

 

周囲にコロナに掛かった方がいる場合

 

狭小住宅で周囲の住宅の排気口に換気ユニットの給気口があると屋内に汚染の可能性が出てきます。

 

給排気の位置の確認をお勧めいたします。

 

インフルエンザでもコロナでも感染者がいれば24時間換気を止めて隔離する

 

定期的に窓を開けて一気に空気の入替をすることをお勧めいたします。

 

風通しの良い家は、共同生活にとても大切重要項目の一つです。

 

常日頃は、高気密高断熱で計画性を持った24時間換気

 

屋内のCO2濃度を安定させるかを考え

 

ウイルス患者が出た時は隔離し、効率よい換気に切替えることが出来る

 

これが私の理想的な考えです。

 

 



ページ先頭へ
「めまいと住宅」健康になる家 健康住宅 投稿日:2019年06月17日

めまいと住宅


私は、ある日突然めまいに襲われ、「人生終わった!」と思った経験があり

 

メニエール病と疑いましたが、季節的に起こるめまいと診断され

 

点滴と安静で正常に戻りました。

 

めまいでの怖い経験をしたため

 

めまいになる原因は何かを

 

色々な方法で調べました。

 

めまいの原因

 

石のような固い部分の傾きによって水平や垂直を知る「耳石」

リンパ液の流れで頭の向きをはかる「三半規管」

 

これらの器官がつかんだ感覚を、脳へ送ることで

 

平衡感覚を保っています。

 

平衡感覚は、どんな態勢になろうとも

 

体のバランスを保っていようとする機能を持っています。

 

この機能に異常が現れた時に「めまい」が起こります。

 

めまいと耳の奥の内耳には密接な関係があります。

 

家を造るのが仕事で、お医者さまではないので、

 

体の事はあまりわかりませんし治すことはできません

 

しかし、家や環境に係る、健康予防対策は出来ます。

 

家と健康は、病気を予防する大切な役割がありますので、

 

色々な方向から検討していく必要があります。

 


天候と体調


 

 

 

めまいになってから、めまいの原因を調べると良く出てくる「季節病とめまい」

 

すごく興味を持ち、色々と調べています。

 

天候によって、体調がすぐれず、不登校ぎみの、息子の、仲の良い友達がいます。

 

天候によって不登校になる原因を探ってみました。

 

天気以外で天候にかかわってくることと言えば、温度、湿度、気圧

 

この三つは、季節や日によって変化しています。

 


湿度変化とめまい


 

 

住宅と健康はとても深い関係にあり、分析は家づくりのために大変参考になります。

気圧の変化で、三半規管の不調から体調を崩すかたが多いと言われます。

以前、ブログで書きましたが、気圧の変化は体に負担を与えています。

気になって実施データーを取ってみました。

フェイスブックやブログ、ツイッターなどでめまいで体調のすぐれないという記事をピックアップし

そのかたがたの体調がするれない日の場所、気温、湿度、気圧をチェックし

データーをだし、分析しました。

 

1. 

 気圧が低い、若しくは低くなった前後で発症するケース

1010パスカルから低い場合に発症

2.

気温差が8.2度以上

3.

湿度差が26%以上

この三点で多く発生しています。

その中で気になったのが、過乾燥湿度差による原因が、多くみられ

湿度55%~26%あたりの変化幅でめまいが発生している人が多いようです。

あくまで私の仮説ですが、急激な湿度変化により耳の中の鼓膜が乾燥収縮に耐え切れず

耳が不調を訴え、耳石が移動しめまいが発生しているのではないかと思っています。

近年、住宅やオフィスなどの機械化が進み、過乾燥する状態が多くあります。

原因はたくさんありますが、

めまいを防ぐ一つとして、湿度調整が不可欠なのではないかと思っています。

ヘッドフォンが流行していますが、これも急激な湿度変化を起こす原因となっていると思います。

立証はありませんが、注意して損はありません

住宅と健康はとても深い関係にあり、分析は家づくりのポイントとして大変参考になります。



ページ先頭へ
「難聴にならない家の工夫」健康から考える家づくり 健康になる家 投稿日:2019年06月16日

難聴にならない家


 

 

健康住宅を造るには、色々な可能性を排除する必要があります。

 

あまり家づくりには、関係ないと思われるかもしれませんが

 

健康と家の構造は大きく関係し、耳の負担を考える必要があります。

 

気圧をコントロールすることで体調もコントロールできます。

 

気圧を工夫してコントロールする事はとても大切です。

 

 

原因は、一つではありませんが難聴にならない工夫を取り入れましょう。



ページ先頭へ
 最近のエントリ
 カテゴリー
ブログ(457)

はじめに(10)

プロフィール(7)

社長のつぶやきコラム(83)

岡田工務店こだわりの家づくり(51)

「歳を取らない家」(8)

遊家の家づくり(127)

初めての家造り(11)

ストレスを軽減する家(15)

家造りポイント(10)

賢い資金計画(1)

賢い キッチンづくり(4)

賢い 浴室づくり(3)

賢い 庭づくり(1)

賢いメンテナンス(7)

賢いエネルギー(5)

賢いリフォーム(2)

賢い家造り(14)

健康住宅 睡眠(4)

健康住宅 ストレス(11)

健康住宅 カビ(11)

健康住宅 空気環境(9)

健康住宅 色(5)

健康住宅に 照明(4)

困った 中古住宅(1)

困った 片付け(1)

困った マンションリフォーム(1)

困った 涙のクレーム(12)

困った 環境問題(55)

困った ややこしい同居や相続(0)

困った 火災(5)

困った 離婚と家(4)

困った 結露(3)

困った 火災保険(1)

安心 二帯住宅(2)

安心 耐震診断(12)

安心 耐震構造(6)

こだわり リビング・ダイニング(1)

こだわり子供部屋(1)

こだわり 家電(5)

こだわり 照明 光 色彩(8)

こだわり 家造り(6)

長持ち 健康(11)

長持ち こだわり(4)

長持ち 土地(2)

長持ち 間取り(2)

長持ち 基礎(7)

長持ち シロアリ(2)

長持ち 構造材(6)

長持ち 屋根(1)

長持ち 断熱気密(8)

長持ち 外壁(5)

長持ち 外壁塗替え (2)

長持ち 音(10)

長持ち 高気密高断熱(2)

長持ち 通風計画(6)

長持ち 設備(5)

長持ちキッチン(3)

長持ち デザイン(0)

長持ち 家具(1)

長持ち 光熱費(2)

長持ち 内装(4)

長持ち 壁紙(1)

長持ち 畳(0)

長持ち リフォーム(4)

長持ち ウッドデッキ(0)

長持ち 現場管理(3)

長持ち その他(0)

長持ち 家に関係なし(0)

施工住宅動画紹介(5)

子育て日記(6)

住宅医のつぶやき(7)

健康になる家(7)

失敗しない家造り(14)

賢い共稼ぎの知恵(1)

長持ち外壁塗装(3)

ブログアーカイブ
岡田工務店の強み
パッシブライフ
ブログ
イベント情報
施工事例
ただいま施工中
リフォーム事例
メルマガ登録はこちら
OKADAチャンネル
会社案内
資料請求・お問合せ
コンテンツ
  • 岡田工務店の強み
  • パッシブライフ
  • ブログ
  • イベント情報
  • 施工事例
  • ただいま施工中
  • リフォーム事例
  • メルマガ登録はこちら
  • OKADAチャンネル
  • 会社案内
  • 資料請求・お問合せ
  • 物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル

    物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル
    こだわり社長のつぶやき
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ