ブログ

ホーム > ブログ > 健康住宅 カビ | 広島で注文住宅・リフォームなら株式会社岡田工務店 百彩住宅
ブログ
「コロナ対策とカビ対策」広島工務店 広島の家 失敗しない家造り  投稿日:2020年07月6日

地球温暖化とカビ


 

地球温暖化が進み世界中で災害が発生しています。

 

日本でも

 

観測史上最大の大雨などのニュースが

 

毎年耳にするようになり災害も発生しています。

 

地球の歴史にとっては繰り返されてきた

 

変動かもしれませんが人類にとっては大きな問題です。

 

今年のコロナウィルスも地球変動による影響も考えられなくはない

 

私はそう思っています。

 

冬場に発生が多いインフルエンザと違い

 

温度が高い夏にもその威力が衰えないというのは怖い話です。

 

ウイルスの進化によるものと言えるかもしれません。

 

歴史上では、肺炎という病気の流行は繰り返されてきました。

 

それぞれ特徴があり

 

ワクチン等が出来ていないため

 

対応できない状態が続きたくさんの犠牲者が発生したといわれます。

 

細菌というのはコロナに限らず色々な形で存在しています。

 

カビ菌も変化していく可能性があります。

 

カビは、30度を超える環境には増殖できません

 

しかし、気候変動により気温が上昇し

 

その温度でも増殖生息できるカビが発生し

 

35度以上でも生息できるカビが現れると

 

人間の36℃から37℃体温内でも増殖可能で

 

新たな病原体が変貌し人間に猛威を振るう事が考えられます。

 

そのような事態を想定してカビ対策を考えて家造りを進める必要があります。

 


カビ対策の家


 

 

コロナ対策を考える事と同時にカビ対策を考えることが重要になります。

 

私が、カビやコロナ対策で一番有効なポイントとして挙げることは

 

ふき取りが容易

 

換気設備やエアコンもシンプルで掃除しやすい

 

掃除機の普及で家で掃除機をかけることが多くなりましたが

 

掃除機の排気はどうしても埃を舞い上げるので拭き掃除をしてから

 

掃除機をかけるというのが理想な形となります。

 

コロナの影響で除菌消臭剤やアルコールなどでの

 

除菌方法が多く出ていますが、樹脂やプラスチックアクリルなどは

 

相性が良くない物もあるので使用には注意が必要です。

 

特にアルコール系でふき取ったお家の便座は艶がなくなっています。

 

私は、中性洗剤を水で薄めて水拭きとから拭きで掃除する方法を推奨しています。

 

実際、国際感染研究所や経済産業省もコロナ対策として推薦しています。

 

https://www.nite.go.jp/data/000109230.pdf

 

家にとっても優しいため是非お勧めいたします。

 

カビ対策として有効対策

 

通風

 

湿度の制御

 

ふき取り

 

とにかくふき取りが一番有効です。

 

しかし、カビが発生しているところは

 

むやみにふき取らず

 

消毒用アルコールカビ取り剤を濡らしカビにあてて

 

ゆっくりカビをふき取る作業をするようにしましょう。

 

健康を考えて家を造ることが、失敗しない家造りのポイント

 

デザインとコロナ対策カビ対策をしっかり考えた家造り大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
「空調システムの落とし穴」広島工務店 広島で家を建てる 投稿日:2020年04月14日

空調システムの落とし穴


 

エアコン換気扇に頼った家づくりは反対派

 

時代に逆らう形になるのであまり大きく言わない

 

エアコンを使っている限り

 

ウイルス系の屋内家族感染は防げない

 

エアコンでコロナグルグル循環状態になる。

 

総合病院、高齢者施設クラスター発生は免れない

 

「機械換気に頼るリスク」をずっと話してきましたが

 

正義と言うのは、人数や規模が大きいほど正義になり

 

正解になる傾向があります。

 

私の場合、先々代先代から納まりの歴史や

 

失敗経験を聞いてきたため、何となくそれらの将来が読めるため

 

多数派正義にとらわれないように家づくりしてきました。

 

いつか正義になる事を信じて・・・

 

通風性能を活かすために

 

高気密高断熱は、住宅づくりにとても大切

 

やはり、通風性をどう高めることが健康住宅には重要になります。

 

花粉やPM2.5に対しての対策は快適性を得ることも必要ですが

 

それだけではなく健康で体に及ぼす影響に対して対策が出来るように

 

準備しておくことも必要です。

 

今回のウイルスやカビなどは

 

現在の空調換気システムではマイナスになる要素がたくさんあり

 

それだけに頼ると、施設や家庭内感染は免れません

 

通風計画と換気扇を併用して行える計画も必要になります。

 


平安時代以降、古くから苦しんできた日本の伝染病


 

昔から日本も感染病で苦しんできました。

 

代表的な物は「はしか」「天然痘」「結核」

 

日本家屋は、経験から工夫と知恵を受け継ぎ、伝染病に対してよく考えられています。

 

「靴を脱ぐ」日本では当たり前ですが、これは優れた感染予防策

 

 

今回のコロナが世界と大きく感染差があるのはこれも大きな要因だと思います。

 

「上がり框」これも、優れた考え

 

床に流れる風を框にぶつけて上に空気を拡販している効果がありこれもすごい工夫

 

バリアフリー化でなくなりつつある「入口の段差」

 

これも優れた通気に対しての対策です。

 

欄間や地窓や高窓、障子紙やふすま、畳

 

感染対策としてもとても優れています。

 

 


院内感染や家庭内感染を無くすには


 

コロナ流行中だけでもエアコンを止めて暖房器具をガス及び石油ファンヒーターにする。

(2酸化炭素対策には逆行しているのはつらいけど)

 

換気扇は、換気ルートを考え、廊下やトイレはマスクを着用する。

 

どうしてもエアコンを使う場合、フィルターをよく洗うこと

 

風が通る窓を計画的に開けて風をなるべく多く通す

 

正直、鎖国しても機械文明が邪魔をして薬が無い場合

 

感染数を減らすことは難しいと思っています。

 

窓を開けて風通しを良くして、寒ければ服やカイロで調整する。

 

総合病院のお医者さんは、マスクを取る場所は

 

前室で衣類を脱ぎ、中室でマスクを取りで待機をするくらいでないと

 

これからオーバーシュートが起きてパニックが起こらないようにするために

 

政府や知事が、軽症患者にホテルを活用すると言っていますが

 

最悪の環境化に閉じ込めるので、重症患者を増やすだけと思います。

 

そして、スタッフも含めパンデミックを予想します。

(第二のダイアモンドプリンセス号)

 

やはり、公園に仮設建物を建てて簡易でも無菌室のような機能を持たせないと・・・

 

感染病対策を含め、ずっと健康住宅を考えています。

 

 

 

 
 
 


ページ先頭へ
「通風デザイン」広島工務店 広島で家を建てる 投稿日:2020年04月8日

通風デザイン


これは日本建築においてたくさんの工夫が見られます。

 

近年、エアコンが出来て通風の重要性が軽視されるようになりました。

 

しかし、通風は日本で建物を建てるのであればやはり外せない事です。

 

コロナウイルスが猛威を振るい換気を言われるようになりました。

 

しかし、住宅構造上ウイルスを蔓延させるであろう住宅が増え

 

建物内感染が増えると思っています。

 

換気システムや空調すステムを含め考える必要があります。

 

エアコンとコロナ、空調システムととコロナ

 

このパンドラの箱を開けるとパニックになるので

 

あまり大きな声では言いませんが

 

私は、昔から空気環境の危険性を危惧してきたので

 

自分が計画した家は結構考えていると思います。

 

外から持ってきた菌をどれだけ蔓延させない工夫も必要と思います。

 

住宅の通風を考えて住宅を建てる事をお勧めいたします。

 


菌と闘ってきた日本人


 

日本人は、伝染病や菌と闘ってきました。

 

それに応じて日本建築は工夫されてきました。

 

高床式から始まり、京町屋、囲炉裏、蔵、田舎づくりなど

 

住宅内でも上がり框類や欄間、風水も工夫の一つです。

 

江戸から昭和初期にかけてあらゆる工夫がされてきました。

 

ぞの中で、現在住宅は進歩というよりは退化している気がして仕方ありません

 

個別の部材は、優れたものが多いですが、道具に頼りすぎていかにもに見えますが

 

大したことをしているわけではありません

 

パーツを寄せ集めて組み立てているだけという感じでお金をかければ

 

どうにでもなるという考えばかりです。

 

これも商品+商売という形が強くオプションで建築費だけが上がっているだけで

 

家の価値が上がっているわけではありません

 

私も商売をしているので生きていくには儲けなければ成り立ちませんが

 

食べ物と違いやすかろうよかろう、高いからよかろうというわけにはいきません

 

この世に残るため、家造人には責任が重くのしかかってきます。

 

それを考えると時代に流されない芯を持ったプライドを持ち

 

家を造ることが家造人には必要になります。

 

これは、今も変わってはいけない考え方ですが・・・難しいですね。

 

日本人は、ずっと菌と闘っている。

 

その為に大切な事は通風デザインです。

 

風をどう取り込みか?によって菌をコントロールできます。

 

窓の配置、高さや組合せ、風向きや圧力差と温度差

 

近隣の建物の位置関係で変わってきます。

 

その分析をすること少しでも効率よく風を取り込むことが出来ます。

 

大変難計画ですが、根気よく計画するようにしています。

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
 最近のエントリ
 カテゴリー
ブログ(491)

はじめに(10)

プロフィール(7)

遊家ができるまでの秘話 Secretstory(18)

社長のつぶやきコラム(87)

岡田工務店こだわりの家づくり(60)

「歳を取らない家」(8)

健康になる家(9)

遊家の家づくり(128)

住宅医のつぶやき(8)

初めての家造り(11)

健康住宅 空気環境(13)

失敗しないリフォーム(2)

ストレスを軽減する家(16)

家造りポイント(10)

賢い資金計画(1)

賢い キッチンづくり(4)

賢い 浴室づくり(3)

賢い 庭づくり(1)

賢いメンテナンス(7)

賢いエネルギー(5)

賢いリフォーム(2)

賢い家造り(14)

健康住宅 睡眠(4)

健康住宅 ストレス(12)

健康住宅 カビ(14)

健康住宅 色(5)

困った ややこしい同居や相続(0)

健康住宅に 照明(4)

困った 中古住宅(1)

困った 片付け(1)

困った マンションリフォーム(1)

困った 涙のクレーム(12)

困った 環境問題(60)

困った 火災(5)

困った 離婚と家(4)

困った 結露(4)

困った 火災保険(1)

安心 二帯住宅(2)

安心 耐震診断(12)

安心 耐震構造(6)

長持ち 健康(12)

こだわり リビング・ダイニング(2)

こだわり子供部屋(1)

こだわり 家電(5)

こだわり 照明 光 色彩(8)

こだわり 家造り(7)

長持ち こだわり(4)

長持ち 土地(2)

長持ち 間取り(2)

長持ち 基礎(7)

長持ち シロアリ(2)

長持ち 構造材(7)

長持ち 屋根(1)

長持ち 断熱気密(8)

長持ち 外壁(5)

長持ち 外壁塗替え (2)

長持ち 音(10)

長持ち 高気密高断熱(2)

長持ち 通風計画(8)

長持ち 設備(5)

長持ちキッチン(3)

長持ち デザイン(0)

長持ち 家具(1)

長持ち 光熱費(2)

長持ち 内装(4)

長持ち 壁紙(1)

長持ち 畳(0)

長持ち リフォーム(4)

長持ち ウッドデッキ(0)

長持ち 現場管理(3)

長持ち その他(0)

長持ち 家に関係なし(0)

長持ち外壁塗装(3)

施工住宅動画紹介(5)

子育て日記(6)

失敗しない家造り(22)

賢い共稼ぎの知恵(1)

ブログアーカイブ
岡田工務店の強み
パッシブライフ
ブログ
イベント情報
施工事例
ただいま施工中
リフォーム事例
メルマガ登録はこちら
OKADAチャンネル
会社案内
資料請求・お問合せ
コンテンツ
  • 岡田工務店の強み
  • パッシブライフ
  • ブログ
  • イベント情報
  • 施工事例
  • ただいま施工中
  • リフォーム事例
  • メルマガ登録はこちら
  • OKADAチャンネル
  • 会社案内
  • 資料請求・お問合せ
  • 物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル

    物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル
    こだわり社長のつぶやき
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ