ブログ

ホーム > ブログ > 健康住宅 色 | 広島で注文住宅・リフォームなら株式会社岡田工務店 百彩住宅
ブログ
「食事とダイニングと家族」広島工務店 ひろしまの家 失敗しない家造り 投稿日:2020年09月10日

食事とダイニングと家族


 

私は、憩室があり憩室炎になる持病を持っています。

 

6年前、初めての発症した時、ICUに入るほどの緊急入院

 

初めての経験で驚きました。

 

その時は10日間の断食(点滴)をいましたが

 

入院しているので別に食事的に苦ではありませんでした。

 

2年前2回目の憩室炎

 

2回目は、なんとなく来る気がたので早めの対応が出来たため

 

3日間の抗生物質の点滴ですみました。

 

今回で三回目の憩室炎

 

「来ましたね」と憩室炎を歓迎する準備ができるくらいになりました(笑)

(憩室炎とは大腸に出来るクレーターに便がつまり炎症を起こす病気)

 

憩室炎になるたびに強制ファスティング(断食)

 

お腹は痛いですが、悪い方に考えず、体のリセットと思っています。

 

前回の断食もそうですが、ファスティングを初めて3日目から

 

肌がみずみずしくなり味覚も敏感になり

 

ファスティングをしたときの有効作用と思っています。

 

今回、テーマをもって断食をしました。

 

「食事とダイニングと家族」

 

私はとても食いしん坊

 

食べ歩いたておいしかった料理を再現したい派

 

弱ったときは、「食力」食べて元気をもらう形で健康を維持してきました。

 

家族も自分の食いしん坊が伝染して、食事はいつも家族で和気あいあいと楽しんでいます。

 

中心人物の私が食事を食べなくなったらどうなるのか?

 

我が家で調査してみました。

 

私は、おかゆ生活で禁酒6日間を過ごしました。

 

白いおかゆだけの食事、最初の3日間は味覚が研ぎ澄まされ

 

微妙な味加減を楽しむことが出来ましたが、

 

さすがに彩のない食事は、飽きてきてつまらなくなり

 

ネガティブな気分になりました。

 

家族も私が消極的な食事をしているとしらけた感じになり

 

食事時間も淡白で会話も盛り上がらない状態になりました。

 

家族が集うダイニングテーブルが寂しそうに見えるようになりました。

 

食事をしないというのは、栄養も滞るため、底力がでず減退感がにじみでます。

 

食力を失うと家族全体の明るさを失うという事がよくわかりました。

 

 


ダイニングテーブルと照明


 

 

ダイニングテーブルと照明は大きなかかわりがあります。

 

昭和時代、蛍光灯がもてはやされ、どの家庭の照明器具も蛍光灯が標準でした。

 

 

蛍光灯の光は青白く光り、映し出される光は見え方によっては寂しく映り

 

特に寒い冬は、蛍光灯が暗くなりがちでチカチカした光は、孤独感を感じます。

 

共稼ぎが増えた高度成長期以降

 

「子供の心と蛍光灯の光の関係」が凶悪事件につながっていると思っています。

 

ダイニングテーブルと照明は、家族の顔を映す光

 

顔が元気に見える

 

心を落ち着かせる

 

料理が華やかに見える配色が必要になります。

 

蛍光灯よりも白熱灯がお勧めでしたが、時代が変わりLED照明に変わりました。

 

LED照明の選ぶとき大切な事は、演色性(Ra)の高い商品を選ぶことが大切です。

(Raとは、100に近いほど、本来の自然の色を再現できる性質)

 

演色性が良い照明は、とてもダイニングテーブル状が華やかに見えます。

 

 

 

もう一つ、光の強さと影の関係を知ることも必要になります。

 

光が強い、影になる物が近いと影の色が濃いくなります。

 

陰影の付き方により印象が変わってきますのでそのバランスが大切です。

 

家と家族の関係は大きく色々悩まされます。

 

答えは、なかなか見つかりませんが今できる最善を尽くして頑張っています。

 

 



ページ先頭へ
「変化する生活シーン」広島工務店 広島リフォーム 広島で家を建てる 投稿日:2019年07月1日

デジカメで撮った写真が時が立つと古く感じて見える


 

 

色は、生活シーンを考えながら色選びをするとメリハリのある楽しい空間に変わります。

 

色は、時代とともに変化していきます。

 

昔、撮った写真をみると

 

デジタルカメラで撮った写真でも、写真の中は時間が経っていないのに

 

不思議なものでなんか古く感じます。

 

なぜ?

 

映された写真が、現在から過去になるから

 

その時のトレンドが写真に残っているから

 

古く感じる写真を見ながらいつの悩んでいます。

 

あきない、古く感じない家を造るためにはどうすればよいか?

 

この課題にずっと取り組んでいます。

 


人が映ると古く感じる


 

 

子供を撮った写真や、家族で撮った写真

 

 

 

これは、服装やお化粧のトレンドで古く感じます。

 

写真の見え方にもよりますが、

 

トレンドが映ると、過去が残るために写真が古く感じます。

 

自然の風景、山や川を映した写真が古く見えるかと言えば

 

古く見えません

 

飽きない家を造るポイントになります。

 

 


変化する生活シーンを退屈させない工夫


 

 

変化する生活シーンを退屈させない工夫をすることで

 

飽きない部屋に変化していきます。

 

そのためには、自然色を使い、グラデーションをかけ躍動させる。

アイラインにニッチを付け飾り物を変化させる。

 

毎日、見る目線に、時代を感じさせない物を配置させるなど

 

退屈させない工夫をすることがポイントです。

 

これらを工夫することで退屈しない素敵な家になります。



ページ先頭へ
「世界の色と日本の色ちがい」広島デザイン住宅 投稿日:2019年06月8日

世界中の色


 

 

 

世界にはいろいろな色があります。

私達のいつも見ている日本の色

ハワイでみる、ハワイの色

スウェーデンでみる、スウェーデンの色

 

同じ色でも見え方が全然違います。

 

なぜだろう?

 

そういう風に思っている方が多いと思います。

 

原因はたくさんありますがまず1つ挙げられるのが

 

湿度の量によって色の屈折が変わってきます。

 

朝日と夕日の光の輝きが違うのは

 

朝は冷やされ、静まった乾燥空気のため、光輝き

夕方は、熱せられた湿度の高い空気で優しい丸い光に変わります。

 

その次に挙げられるのは、太陽高度

 

太陽の高さによってできる影は、世界でそれぞれ違います。

太陽の高度が高ければ影が短く

 

太陽の高度が低ければ影が長い

 

地球は丸いので太陽の距離も変わってきます。

 

影が長ければグレーの色が多くなり

 

影が短ければ明るく感じます。

 

夏の海や夏の光が明るく感じ爽やかに見えるのは、

 

 

太陽高度が高いので

 

海がより広く照らされるからです。

 

色と光のバランスを捉えうまく活かしている世界の色は、素敵です。

 

それぞれの国の色はこの太陽高度が大きく影響しています。

 

色決めは、本当に難しく、悩むことが多いと思います。

 

そして、選んだ色と、実際の色が違い、失敗したという経験が多いと思います。

 

迷ったときは「白」

これは、間違いないのですが

 

面白くない上

 

長時間いると結構イライラするんですよ。

 

ストレスを溜めないようにするために、色決めは大切です。

 

光の取り入れ方と、失敗しない色選び

あまり本には書いていませんが

 

「光の入射角と色温度から考える」

 

これが失敗しない色選びの一番のポイントです。



ページ先頭へ
 最近のエントリ
 カテゴリー
ブログ(503)

はじめに(10)

プロフィール(7)

遊家ができるまでの秘話 Secretstory(21)

社長のつぶやきコラム(87)

岡田工務店こだわりの家づくり(62)

「歳を取らない家」(9)

健康になる家(9)

遊家の家づくり(128)

住宅医のつぶやき(8)

初めての家造り(11)

健康住宅 空気環境(13)

失敗しないリフォーム(2)

ストレスを軽減する家(16)

家造りポイント(11)

賢い資金計画(1)

賢い キッチンづくり(4)

賢い 浴室づくり(3)

賢い 庭づくり(1)

賢いメンテナンス(7)

賢いエネルギー(5)

賢いリフォーム(2)

賢い家造り(14)

健康住宅 睡眠(4)

健康住宅 ストレス(12)

健康住宅 カビ(14)

健康住宅 色(6)

困った ややこしい同居や相続(0)

健康住宅に 照明(4)

困った 中古住宅(1)

困った 片付け(1)

困った マンションリフォーム(1)

困った 涙のクレーム(12)

困った 環境問題(61)

困った 火災(5)

困った 離婚と家(4)

困った 結露(4)

困った 火災保険(1)

困った住宅家電設備(2)

安心 二帯住宅(2)

安心 耐震診断(12)

安心 耐震構造(6)

長持ち 健康(12)

こだわり リビング・ダイニング(2)

こだわり子供部屋(2)

こだわり 家電(5)

こだわり 照明 光 色彩(9)

こだわり 家造り(8)

長持ち こだわり(4)

長持ち 土地(2)

長持ち 間取り(2)

長持ち 基礎(7)

長持ち シロアリ(2)

長持ち 構造材(7)

長持ち 屋根(1)

長持ち 断熱気密(11)

長持ち 外壁(5)

長持ち 外壁塗替え (2)

長持ち 音(10)

長持ち 高気密高断熱(2)

長持ち 通風計画(8)

長持ち 設備(5)

長持ちキッチン(3)

長持ち デザイン(0)

長持ち 家具(1)

長持ち 光熱費(2)

長持ち 内装(4)

長持ち 壁紙(1)

長持ち 畳(0)

長持ち リフォーム(4)

長持ち ウッドデッキ(0)

長持ち 現場管理(3)

長持ち その他(0)

長持ち 家に関係なし(0)

長持ち外壁塗装(3)

施工住宅動画紹介(5)

子育て日記(6)

失敗しない家造り(24)

賢い共稼ぎの知恵(1)

「幸せそうに見える家」と「幸せな家」(0)

ブログアーカイブ
岡田工務店の強み
パッシブライフ
ブログ
イベント情報
施工事例
ただいま施工中
リフォーム事例
メルマガ登録はこちら
OKADAチャンネル
会社案内
資料請求・お問合せ
コンテンツ
  • 岡田工務店の強み
  • パッシブライフ
  • ブログ
  • イベント情報
  • 施工事例
  • ただいま施工中
  • リフォーム事例
  • メルマガ登録はこちら
  • OKADAチャンネル
  • 会社案内
  • 資料請求・お問合せ
  • 物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル

    物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル
    こだわり社長のつぶやき
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ