ブログ

ホーム > ブログ > 長持ち 通風計画 | 広島で注文住宅・リフォームなら株式会社岡田工務店 百彩住宅
ブログ
ひろしまの家 広島工務店 「心地よい天井部屋の高さ」 投稿日:2022年04月20日

 

品ある会話ってありますよね。

 

声が大きくもなく小さくもなく、ほどよい声のボリューム

 

ほどよい声のボリュームにするためには、声を聞き取りやすくする必要があります。

 

 

その波長をうまくコントロールする必要があります。

 

声質は、声の音色のうち音韻(おんいん)

 

音とひびき。また、その調和、 関わらない声質のこと

 

高い声は、緊張を伴い、

 

低い声は、揺らぎがあり安心を感じることが出来る。

 

住宅は、音楽教室と違い音の性質が違います。

 

一つは音色。

 

柔らかい音とかクリアーな音とか

 

あるいはキンキンした耳障りな音とかカスカスの潤いのないとか。

 

この音色は、室内の壁、天井、床などの材料によって変わります。

 

もう一つは、残響

 

残響が多いと豊かな響きをもたらすのですが

 

多すぎると音がにごりかえってきたなくなります。

 

この残響は、部屋の大きさ(空間容積)によって大きく変わります。

 

音楽を主にした住宅なら良いですが

 

これが声の聞き取りにくさに変わります。

 

 

防音室を作る時には音の伸びやかさを考えますが

 

一般住宅では、音の聞き取りにくさは、ストレスの原因になります。

 


天井の高さと音の聞き取りやすさ


 

天井の高さが音の伸びやかさを決める指標だと言ってもよいと思います。

 

天井高のことはあまり気にされない方が多いのですが

 

いくら平面的に広くても

 

天井が低ければ気持ちの良い音にはなりません。

 

天井高さを2.7m以上にしても、全体の空間容積は増えそれだけ長い残響になり

 

音楽室では響きが豊かになるというメリットはありますが

 

住宅では、声が聞き取りにくく残響音がイライラする原因になります。

 

私の経験では、一般自由宅の天井高が2.4m前後がちょうどよいと思いますが

 

その高さであっても空気中の音は縦波なので

 

天井と床、そして跳ね返る壁にひと工夫が必要になります。

 

吹抜けで天井高い場合も、工夫が必要です。

 


声が聞き取りにくいからギクシャクする。


 

近年の住宅は、音がキンキン響き

 

声が聞き取りにくくなり

 

家族の声が、自然と大きくなりつつあります。

 

 

聞いているのか、聞いていないのかわからないとか

 

声が聞き取りにくいため会話スルー家庭も多いのではないのかなぁ~と思います。

 

住宅の構造のせいで音がキンキン響き

 

 

 

大声になったり、不機嫌に聞こえる家が多いのではかなと思います。

(本当に不機嫌なのかのしれませんが・・・【苦笑】)

 

地震に強く、高耐久

 

高気密高断熱、風通しよく、自然素材

 

夏涼しく、冬あったかい、エコ住宅は、もはや標準になり

 

防音室を造る工務店だからこそ音にこだわる。

 

家じゅう、心地よい音になる工夫をしています。

 

そして、気圧コントロールも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
ひろしまの家 広島高気密高断熱 「吹抜けの音を考える」 投稿日:2022年04月16日

 

 

吹抜けの音を考えて家を造る

 

 

吹抜けの良さは解放感が取れる事と採光が得られるところにあります。

 

しかし、吹抜けにおける問題は、温度問題と音問題

 

吹抜けの音は、生活音と空気圧音の二つに分かれます。

 

生活音は、キッチン家電音とテレビ音と話し声も聞こえます。

 

空気圧音は、ドアの開閉の圧力で起こる圧力音

 

生活音は高音をどう抑えるかというのがポイントで音の分析して対処

 

間柱間に音が入り太鼓現象が生まれるので吹抜面にグラスウール(ロックウール)を入れる。

 

 

私の造る家は、騒音が嫌いなので気になる場所にグラスウールを入れるようにしています。

 

問題は、ドアの圧力で起こるドアの振動ドアを極力減らして計画、脱気をつけています。

 

音を分散する方法として、吹抜けの天井に勾配をつけたり、音をやさしくするために

 

パイン等の天井羽目板を張るなどしています。

 

 

ただ、注意したいのは音の共鳴(音と音が重なる騒音)

 

ホールとかでもあるのですが屈折した音がぶつかると高い音が出ます。

 

吹抜けの音を建築後減らすのは難しいので、吹抜け音対策はしっかり行う事が大切です。

 

 

 



ページ先頭へ
広島の家 広島リフォーム 「生活音と健康」 投稿日:2022年04月12日

「生活音と健康」


 

 

新築住宅、リフォーム、色々考えられて造られていますが

 

音に関て、あまり考えられていません

 

そして、生活初めて、気付かれることが多く後戻りできません

 

30年前マンション

 

ローコスト化として直貼り工法が流行った時代

 

 

洋室はカーペット敷き、クッションタイプフリーリングで対応

 

天井は直貼りクロス、スラブ厚さが薄いため

 

上階や下階のおとが気になって生活が窮屈になっている方が多くいらっしゃいます。

 

カーペットからフローリングに変えるときは、遮音的に注意が必要です。

 

L45であってもコンクリスラブ厚うすいと性能が発揮できません。

 

どうしてもという場合、置床工法や遮音マット敷き込みなど工法を

 

検討する必要があります。

 

それと同時にレベル(水平問題)RCの場合

 

当時、オートレベルであたりをつけて直付押さえしているため

 

斜めの家が多く、ビー玉を転がるマンションがたくさん現れ社会問題にもなりました。

 

その当時のマンションは、キッチンの据付に注意しないと

 

床に合わせてキッチンが斜めに取り付ける業者もありますので注意が必要です。

 

リノベーションの場合レベリングで調整する方法もあります。

 

さて、音問題として、換気扇やIHからも音が発生します。

 

耳鳴りのような音で、機材が古くなればより大きな音に変わります。

 

IHは薄い鍋など振動で変な音がなり、調理がつらくなります。

 

 


高音を抑え程よい音の空間にする。


 

近住宅は、高音が発生しやすく音に対して見えないストレスを抱えています。

 

 

見えない五感は、それが当たり前のように生活していて

 

知らずうちにストレスになっています。

 

家の中で音が聞きづらく、自然に家の中の声が大きくなり

 

落ち着きのないがやがやした感じになり、知らないうちにイライラして

 

片頭痛を持つ人もいらっしゃいます。

 

それは、乾燥しやすい住居とそれに対する生活音が共鳴して聞こえるため

 

部屋にいて音が聞き取りにくくなっています。

 

そのため、それが騒音になりテレビの音がうるさかったり

 

茶碗の音や洗い物の音までも耳障りに聞こえやすくなります。

 

そこで、やさしい音の空間をつくることが重要になります。

 

人が聞こえる周波数を検討して、程よい周波数を作ること

 

これが重要になってきます。

 

弊社の家づくりのポイントに心地よい音の家を造っています。

 

音へのこだわりは、健康住宅においてとても大切な事です。

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
カレンダー
2022年6月
2022年5月
2022年4月
2022年3月
2022年2月
2022年1月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
 最近のエントリ
 カテゴリー
ブログ(545)

はじめに(10)

プロフィール(7)

遊家ができるまでの秘話 Secretstory(27)

社長のつぶやきコラム(89)

岡田工務店こだわりの家づくり(89)

「歳を取らない家」(13)

健康になる家(15)

遊家の家づくり(132)

住宅医のつぶやき(9)

初めての家造り(14)

健康住宅 空気環境(21)

失敗しないリフォーム(4)

ストレスを軽減する家(20)

家造りポイント(20)

賢い資金計画(1)

賢い キッチンづくり(6)

賢い 浴室づくり(5)

賢い 庭づくり(1)

賢いメンテナンス(8)

賢いエネルギー(6)

賢いリフォーム(2)

賢い家造り(21)

健康住宅 睡眠(4)

健康住宅 ストレス(15)

健康住宅 カビ(14)

健康住宅 色(7)

困った ややこしい同居や相続(0)

健康住宅に 照明(4)

困った 中古住宅(2)

困った 片付け(1)

困った マンションリフォーム(3)

困った 涙のクレーム(13)

困った 環境問題(64)

困った 火災(5)

困った 離婚と家(5)

困った 結露(4)

困った 火災保険(1)

困った住宅家電設備(2)

安心 二帯住宅(3)

安心 耐震診断(13)

安心 耐震構造(9)

長持ち 健康(15)

こだわり リビング・ダイニング(2)

こだわり子供部屋(2)

こだわり 家電(7)

こだわり 照明 光 色彩(10)

こだわり 家造り(12)

長持ち こだわり(4)

長持ち 土地(2)

長持ち 間取り(2)

長持ち 基礎(11)

長持ち シロアリ(3)

長持ち 構造材(8)

長持ち 屋根(2)

長持ち 断熱気密(15)

長持ち 外壁(5)

長持ち 外壁塗替え (2)

長持ち 音(14)

長持ち 高気密高断熱(5)

長持ち 通風計画(9)

長持ち 設備(7)

長持ちキッチン(5)

長持ち デザイン(0)

長持ち 家具(1)

長持ち 光熱費(2)

長持ち 内装(4)

長持ち 壁紙(1)

長持ち 畳(0)

長持ち リフォーム(5)

長持ち ウッドデッキ(0)

長持ち 現場管理(5)

長持ち その他(0)

長持ち 家に関係なし(0)

長持ち外壁塗装(4)

施工住宅動画紹介(5)

子育て日記(6)

失敗しない家造り(37)

賢い共稼ぎの知恵(1)

「幸せそうに見える家」と「幸せな家」(1)

こだわり社長のQ&A(2)

ブログアーカイブ
岡田工務店の強み
パッシブライフ
ブログ
イベント情報
施工事例
ただいま施工中
リフォーム事例
メルマガ登録はこちら
OKADAチャンネル
会社案内
資料請求・お問合せ
コンテンツ
  • 岡田工務店の強み
  • パッシブライフ
  • ブログ
  • イベント情報
  • 施工事例
  • ただいま施工中
  • リフォーム事例
  • メルマガ登録はこちら
  • OKADAチャンネル
  • 会社案内
  • 資料請求・お問合せ
  • 物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル

    物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル
    こだわり社長のつぶやき
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ