ブログ

ホーム > ブログ > 長持ちキッチン | 広島で注文住宅・リフォームなら株式会社岡田工務店 百彩住宅
ブログ
こだわり社長のお困り相談 Q&A 「音が気になる」広島工務店 ひろしまの家 失敗しない家造り 投稿日:2021年02月26日

 

近頃、音に対しての問い合わせが多くあります。

 

コロナ禍でお家にいる時間が長くなったのも原因かもしれません。

 

音はに対してのトラブルは、デリケートで難易度が高く

 

とても難しい分野です。

 

音トラブルは、殺人事件も起こる程大きな問題になる場合がたくさんあります。

 

家造りにおいても、しっかり音計画をして建てる必要があります。

 


騒音とは何か?


 

音の質によって聞こえ方が違ってきます。

 

 

音楽に好みがあるように、人の聞こえる音も好みがあり受け付けない音は騒音になります。

 

 

 

コロナ禍でお家にいる時間が長くなったのも原因かもしれません。

 

 

 

音はに対してのトラブルは、デリケートで難易度が高く

 

 

 

とても難しい分野です。

 

 

 

音トラブルは、殺人事件も起こる程大きな問題になる場合がたくさんあります。

 

 

 

家造りにおいても、しっかり音計画をして建てる必要があります。

 

 

 

騒音とは何か?

 

 

 

音の質によって聞こえ方が違ってきます。

 

 

 

音楽に好みがあるように、人の聞こえる音も好みがあり受付けない音は騒音になります。

 

 

 


音騒音のメカニズム


 

 

音の周波数以外に騒音に感じる事があります。

 

 

◆不調和リズム

 

 

一定のリズムで音が鳴るときは気になりませんが、トン・トン・トトン

 

 

違うリズムが入ると騒音に感じるようになります。

 

 

雨上がりの水滴音や風の音など

 

 

◆振動による騒音

 

 

エアコンの室外機や換気扇

 

 

車やコンプレッサーや太陽光のパワコン

 

 

雨のしずくがサッシやエアコンや庇に落ちた時の振動から発生する音

 

 

◆鳴き声系騒音

 

 

車や風と違い独特の高い周波数による音

 

 

無駄吠え

 

 


音が騒音になる原因


 

音が騒音になる原因として、どうしても音が発生する場所だけを考えますが

 

家の仕上げや構造によっても変わってきます。

 

特に硬い材質は、音の跳ね返る音が高音に変化し、小さな音でもうるさく感じます。

 

床タイルや天井や壁に漆喰を使用すると音の跳ね返りが増え、キーンという音が発生します。

 

ゲームの音やテレビの音、食洗器や換気扇の音などは特に高音を拾いやすく

 

音の反響が2~3倍に増え、音ストレスが大きくなります。

 


そのためにはどうするか?


 

新築の場合、家の構造や仕上げに工夫が必要になります。

 

床材や壁材、天井材などを工夫することが重要です。

 

天井の材質や形状を変えることで音が緩和することが出来ます。

 

 

やわらかい材質で音を吸収させたり、硬い材料緩和させたり音を創る事も大切です。

 

岡田工務店の家は、壁構造に工夫をしています。

 

新築の場合、比較が出来ないので難しいですが・・・

 

気付きにくいですがなんとなく分かってもらえると思います。

 

完成している家は、カーテンやカーペットなどで工夫することになります。

 

内部騒音か外部騒音か自然騒音か機械騒音か受動騒音

 

それぞれタイプが違います。

 

家族内でも気になる音と気にならない音があり

 

神経的に左右される場合があり、本当にデリケートで音問題は本当に難しい問題に発展します。

 

家造りにおいてとても重要です。

 

幾ら素敵な家でも

 

些細な音で崩壊につながった家族も見てきましたのでしっかり検討することをお勧めいたします。

 

 

音を3㏈下げるだけでもとても難しくとても工夫を要します。

 

 

岡田工務店の家は、見えないこだわりを各所取り入れ音対策を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
「浴室乾燥機の落とし穴」広島工務店 ひろしまの家 広島高気密高断熱 投稿日:2021年01月19日

 


浴室乾燥機の交換


 

 

広島も冷え込んで今年一番の寒さを体験しました。

 

 

コロナ禍の話題が多い中、ヒートショックについても対策を考えないといけません

 

 

特に浴室ヒートショック事故は多く、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞

 

 

貧血やめまいによる転倒事故など色々な危険が潜んでいます。

 

 

寒い日は、しっかり体を温めて体温を上げて、ちょっと下がったところで

 

 

眠ると安眠が出来ると言われています。

 

 

近代の人は、低体温傾向になっています。

 

 

強制的に体温を上げられることで免疫力を高め風邪予防にも貢献できます。

 

 


寒いお風呂を改善させるために浴室暖房乾燥機


 

 

在来風呂は、「寒いから嫌い」と言われる方も多く対策に迷われています。

 

 

浴室は、家の中で一番寒い所にある家が多く、家によっては、氷点下になる家もありました。

 

 

そこで、浴室乾燥機を導入される家も増えてきました。

 

 

しかし、思ったよりお風呂が温まらないという声を聞きます。

 

 

在来風呂の特徴は無断熱の壁の上のタイル、このタイプのお風呂は最悪で壁や天井床が熱容量が小さいため

 

 

熱をためることが出来ません。

 

 

そこで、いくら浴室暖房器具を導入してもあまり温まりません

 

 

浴室に入る前にしっかり予熱をすることになりますが、お風呂のふたを開けたら蒸気に熱を奪われる

 

 

風が当たると気化熱などでよけいに寒く感じることがあります。

 

 

浴室乾燥機は、電気式とガス式がありますが、断熱性の弱いお風呂になればなるほど

 

 

通常の浴室乾燥機は、あまり効果がありません

 

 

電気代は掛かりますが、遠赤外線タイプの暖房乾燥機をお勧めいたします。

 

 

 

長時間ではないので有効性能を優先して遠赤外線タイプをお勧めいたします。

 

 


浴室断熱の有効性


 

 

浴室リフォームなどチラシに入っています。

 

 

あったかお風呂で快適

 

 

正直どうなんでしょう?

 

 

ユニットバスに断熱材が付いているという事ですが

 

 

正直、断熱としての効果は、薄く正直騙されている感は否めません

 

 

ユニットバスは、規格寸法内に収まらないといけないために断熱材を厚くできない

 

 

断熱材の性能を向上させるためには厚さは不可欠で、その厚さを得られないユニットバスは

 

 

在来風呂よりも寒くなる可能性が出てきます。

 

 

耐震診断でリフォーム済みの家をチェックする事がありますが、

 

 

ご主人さまが「お風呂があったかくなった」と言われていますが。

 

 

気温を測定すると

 

 

綺麗になったことやユニットバスの色なので心理的に暖かくなったように感じるだけで

 

 

室温は変わっていない状態になり隠れヒートショックの危険が潜んでいるので

 

 

申し訳ありませんが、注意をするようにアドバイスしています。

 

 


暖房浴室乾燥機に潜む危険


 

 

暖房浴室乾燥機は、決して悪くありません

 

 

ただ、断熱をしていない浴室は、浴室内 天井 床 壁で大きな温度差が生じてしまい

 

 

浴槽から出ようとした瞬間、座った瞬間などでヒートショックになります。

 

 

浴室から寒い脱衣室に出る瞬間もとても危険

 

 

戸建てで浴室を改装するのであれば、脱衣室もセットで断熱補強をすることをお勧めします。

 

 

予熱をしっかりして、お風呂に入る前からお風呂のふたを開け蒸気と室温をなじませる

 

 

脱衣場もしっかり暖房をして温度差を減らすことをお勧めいたします。

 

 


 

今までたくさんの浴室リフォームを手掛けてきました。

 

弊社は、床壁天井の断熱をしっかり行い

 

(家の条件で断熱材を使い分けています)

 

 

 

出来れば脱衣場の断熱リノベーションを提案させていただいております。

 

一番暖かい場所と言われることもある位こだわっています。

 

新築やリノベーション

 

これが、後悔しない家づくりのポイントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
「家の性能をチェックすることの大切さ」広島工務店 ひろしまの家 高気密高断熱 投稿日:2021年01月8日

 


数年に一度の寒波到来


 

広島はこの冬一番の寒さになりました。

 

丁度よいタイミングで、弊社、住宅性能を確認するのに絶好の機会と思い

 

現地調査をしました。

 

この住宅は、U値0.42

 

実際、計算の数字で有って数字遊びでしか過ぎないと思っているので

 

私は、現場を大切にしています。

 

自社設計施工の良い所は、追求が出来る事

 

とことん、こだわりを持って挑む姿勢が取れるので完成の良否に大きく差が出ます。

 

設計事務所依頼の仕事も受けますが、納得する形でさせてもらえる所でしか受けていません

 

何だかんだと言って

 

最後に責任を負うのは、私なので「責任と自信」が持てる仕事を選ばしてもらっています。

 

中途半端にする仕事は、不安ばかり残り

 

夜眠れない位のストレスになるのでとにかく納得できるところまで追求して家づくりをしています。

 

この時期の年賀状に書いてある一言

 

「相変わらず快適に暮らしています」

 

「気持ちよく暮らしています」

 

「この家、最高!」

 

たくさんの声を頂くとホッとして

 

もっともっと良いものを残そうという気持ちになります。

 

そのために、実測が大切になります。

 


予算を組立、最高のバランスを考える


 

家は、予算があります。

 

お金に射止を付けないから最高の物を造って欲しいと言われればうれしいですが

 

なかなか、出会える話ではありません

 

予算の組み立てを考えながら計画することがとても大切です。

 

広島市内は、土地が高く家にかけられるお金のバランスが悪い地域です。

 

だからこそ、家にかける費用をどのように割振るか?

 

そこが大切になります。

 

そこで私が一番に考えていること

 

「経年劣化に強い家」

 

丈夫で長持ちという言葉は、もうすぐ牛田で創業100年になる

 

岡田三世代が受継いできた言葉です。

 

幾らカッコ良くても、いくら斬新でも多機能でも長持ちしないとただのゴミ

 

維持費の負担ばかりかかって飽きてしまいます。

 

フェラーリはカッコいいだけと思われがちですが、

 

カッコいいだけではなくしっかりとメンテナンスが出来るように設計されています。

(修理代は高いですが・・・)

 

しかし、住宅の場合、見た目重視になりがちで中身がペラペラ

 

修理不可能という物件が多く、ちょっと勘違いしている建築屋さんも多く存在しています。

 

近年、特に残念な家が多く気の毒に思います。

 

耐久性の次に、限られた予算で造る家で重要な事は断熱性や気密性と思います。

 

断熱気密性能競争が、一部で起こっていますが

 

最低限の断熱性能の基準から組み立てていく事がとても重要

 

お金をかければいくらでも性能は上げられますが、予算があっての話です。

 

断熱性の良否は、見えない貯金箱にお金が貯まるか、貯まらないか大きく変わってきます。

 

新築は、使用前後の差が見えないため算出しにくいのでドブに

 

お金を捨てていることに気付きませんが、断熱性の良い家と悪い家

 

日々の暮らしのちょっとした所で差が出ています。

 

しかし、断熱オタク的にやりすぎも良くありません

 

断熱気密ばかりにお金をかけるのは正直もったいないと思っています。

 

お金の貯まる、最低限の断熱性能を決めて家づくりをしています。

 

人に自慢できるカッコいい素敵な家にすることは、愛着を持つためにはとても重要な作業です。

 

予算配分をして、少しでも予算を残し

 

残され限られた予算で創意工夫で快適で使いやすく素敵なカッコいい家にしていく

 

ストレスをためない事が、本当に健康住宅

 

これが私のこだわりの家造りになっています。

 


断熱性能調査


 

たくさんの家を造ってきて、各家族の室温の違いを感じます。

 

どのお家もあったかいのですが、自分基準にして設定温度が高かったり低かったり

 

室温に基準がないことがよくわかります。

 

温度や湿度で体感が変わる、暖房器具の種類によって温度の質が違うのが面白く感じています。

 

そこで私が思う室温になるように工夫して造っています。

 

一番寒いときの測定はとても重要になります。

 


21年1月8日 

 

外気温

 

南側6.1℃

 

 

北側4℃

 

 

外壁面温度

 

 

南側8℃(陽が当たる場所)

 

 

北側-0.2℃

 

 

 

屋根瓦面

 

-2℃

 

 

 

 

 

 

熱源

 

職人さん 3名

LED照明3灯

 

 

エアーコンプレッサー1台

 

お日様

 

 


調査結果


 

 

 

室温 北側 8.6℃

 

 

北側 トイレ

 

 

2階北側

 

 

壁面温度 北側 7.5℃ 

 

その他壁 9.5℃

 

2階 天井面温度 北側 7.2℃

 

その他2階天井 8.7℃

 

 

 


 

全く熱源がない状況の上わずかな日のあたりで、この結果はよい状態

 

夏の調査結果とを含めて夏涼しく冬あったかい家に仕上がっています。

 

完成が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
 最近のエントリ
 カテゴリー
ブログ(513)

はじめに(10)

プロフィール(7)

遊家ができるまでの秘話 Secretstory(22)

社長のつぶやきコラム(87)

岡田工務店こだわりの家づくり(66)

「歳を取らない家」(9)

健康になる家(11)

遊家の家づくり(128)

住宅医のつぶやき(8)

初めての家造り(11)

健康住宅 空気環境(17)

失敗しないリフォーム(2)

ストレスを軽減する家(17)

家造りポイント(12)

賢い資金計画(1)

賢い キッチンづくり(4)

賢い 浴室づくり(4)

賢い 庭づくり(1)

賢いメンテナンス(7)

賢いエネルギー(6)

賢いリフォーム(2)

賢い家造り(15)

健康住宅 睡眠(4)

健康住宅 ストレス(12)

健康住宅 カビ(14)

健康住宅 色(6)

困った ややこしい同居や相続(0)

健康住宅に 照明(4)

困った 中古住宅(1)

困った 片付け(1)

困った マンションリフォーム(1)

困った 涙のクレーム(12)

困った 環境問題(61)

困った 火災(5)

困った 離婚と家(4)

困った 結露(4)

困った 火災保険(1)

困った住宅家電設備(2)

安心 二帯住宅(2)

安心 耐震診断(12)

安心 耐震構造(6)

長持ち 健康(12)

こだわり リビング・ダイニング(2)

こだわり子供部屋(2)

こだわり 家電(5)

こだわり 照明 光 色彩(9)

こだわり 家造り(8)

長持ち こだわり(4)

長持ち 土地(2)

長持ち 間取り(2)

長持ち 基礎(7)

長持ち シロアリ(2)

長持ち 構造材(7)

長持ち 屋根(1)

長持ち 断熱気密(13)

長持ち 外壁(5)

長持ち 外壁塗替え (2)

長持ち 音(10)

長持ち 高気密高断熱(3)

長持ち 通風計画(9)

長持ち 設備(5)

長持ちキッチン(4)

長持ち デザイン(0)

長持ち 家具(1)

長持ち 光熱費(2)

長持ち 内装(4)

長持ち 壁紙(1)

長持ち 畳(0)

長持ち リフォーム(4)

長持ち ウッドデッキ(0)

長持ち 現場管理(3)

長持ち その他(0)

長持ち 家に関係なし(0)

長持ち外壁塗装(3)

施工住宅動画紹介(5)

子育て日記(6)

失敗しない家造り(26)

賢い共稼ぎの知恵(1)

「幸せそうに見える家」と「幸せな家」(0)

こだわり社長のQ&A(2)

ブログアーカイブ
岡田工務店の強み
パッシブライフ
ブログ
イベント情報
施工事例
ただいま施工中
リフォーム事例
メルマガ登録はこちら
OKADAチャンネル
会社案内
資料請求・お問合せ
コンテンツ
  • 岡田工務店の強み
  • パッシブライフ
  • ブログ
  • イベント情報
  • 施工事例
  • ただいま施工中
  • リフォーム事例
  • メルマガ登録はこちら
  • OKADAチャンネル
  • 会社案内
  • 資料請求・お問合せ
  • 物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル

    物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル
    こだわり社長のつぶやき
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ