ブログ

ホーム > ブログ > 長持ち 基礎 | 広島で注文住宅・リフォームなら株式会社岡田工務店 百彩住宅
ブログ
「7覚から生まれる力」広島市工務店 広島で家を建てる 投稿日:2019年11月12日

7覚から生まれる力


 

気密断熱という言葉は建築業界に浸透し少しづつ認知されてきています。

 

しかし、まだ認識は甘く気密断熱性の重要性の優先順位が低いのが現実です。

 

今年初めにデザイン派の建築家さんの見積を数件しましたが

 

その図面に共通していることは、断熱性能が皆無に等しいぐらいで

 

デザインに重きを置き、勝手に断熱性能と安全性能を上げて提出たら論破されました。

 

予算が合わないことが理由ですが

 

「デザインVE案で調整したらいいのでは?」と思いながら

 

「また、悲しい家が出来るんだ」と悲しみました。

 

依頼者は、理想をもって家造りをします。

 

イメージは、色や形雰囲気を視覚で創造し五感は入口

 

触覚、聴覚、嗅覚、味覚の総合的にバランスを考慮して検討しなければいけません

 

しかし、世の中五感で解決する傾向にありますが

 

実は、5感では収まらず私は7感+αで判断しています。

 

残り2つ

 

感覚(温度や湿度、温かさや冷たさ)

 

実感(実際の空気感、霊感含む(笑))

 

結局、人が満足を満たす重要な事は

 

感覚と実感が大半を占めています。

 

人が不快に思う事は、聴覚と嗅覚

 

これらのバランスを調和することが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
「家も目標を持つ」広島工務店 広島で家を建てる 牛田工務店 投稿日:2019年11月11日

目標を持つ事は、どんな時でも大切な事

 

目標を見失うと挫折が訪れます。

 

家造りにも目標を持つ事が大切

 

しかし、目先にとらわれて目標を失っているお家が多い現実

 

それは、住み手、造り手共通

 

住み手は、どんな家にしたいかを明確にストーリーを作り

 

造り手は、何十年持たせるか目標を持つ事で

 

設計やデザインや施工をバランスよく整えてくれます。

 

それは、新築もリフォームも同じ

 

目標を少し高めに設定するとより安心できます。

 

経験上

 

5年しか住まないとか10年しか住まないといわれる方は

 

それ以上使われている場合が多く、中途半端が一番不便に遭遇します。

 

しかし、期間が明確に限られている場合は、コストを重視することも大切

 

私たちは、その条件に合わせて設定させていただいております。

 

しかし、コストを下げて健康安全リスクを落とすことで

 

病気やけがにより負担が余計にかかることが多く危険側に繋がります。

 

適切な提案と施工ができるところが

 

低価格リフォーム店と岡田工務店の違いと思っています。

 

新築も同じです。

 

20年であれば40年、30年であれば50年先を考える

 

もちろんメンテナンスも必要ですが、メンテンスを含めどれだけ

 

コストがかからず維持できるかが問題になります。

 

初期投資してでもあとから出来ないところには力を注ぎ

 

メンテナンスしやすいところはコストを抑える

 

このバランスが大切です。

 

岡田工務店の家造りは条件に合わせて細部まで検討しています。

 



ページ先頭へ
「土砂災害を考える」広島工務店 広島リフォーム 広島で家を建てる 投稿日:2019年11月5日

土砂災害が全国的に発生、未然に防ぐと言ってもなかなか難しい現実に遭遇しています。

 

土砂災害や浸水があるたびに人間の無力さを感じます。

 

長い歴史の地殻変動や大雨により地形が形成されているため

 

災害が発生した場所に人が生活している形です。

 

よく山間部に貝塚が発見され何万年前その場所は海だったという信じられない話をよく聞きます。

 

日本海は大陸とつながっていて湖で、プレートの変動で徐々に今の形になったなど言われます。

 

弥生時代は、人々は山に住み(高地性集落)災害からもを守り

 

環濠集落(吉野ケ里遺跡)防御施設を形成して集落を形成していた。

 

とくに台風が来る地域に環濠集落が多く見られ人々が助け合いながら形成して生きたと言われる

 

コメ作りが伝わり次第に平地に住むようになり、土木技術なども進み開発され始め

 

江戸時代以降、取水技術が向上し平地に下りてきました。

 

その歴史は、浅く1000年に一度の災害と言いますが

 

そんな災害は、現在人が言うだけでもっと多く災害は起こってきました。

 

日本人口も次第に増え高度成長と共に乱開発が進み

 

戦後資材不足で無造作に切り取った山や森が開発され伏せられ分からなくなり

 

住生活の基本が失われ危険な状態が進んでいます。

 

災害が起こるたびに国の責任にしていますが果たしてそうでしょうか?

 

自己責任が基本

 

自分の身は自分で守る事を前提に考えると

 

やはり、今住む場所を検証してどのような災害に合う可能性があるかを考える必要があります。

 

そのヒントは、たくさんのところに隠れています。

 

現在は大変便利になり昔の航空写真も手に入るようになり戦後どのように自由宅地開発されたかがよくわかります。

 

地理院地図

 

そして、昔の地図や地名などにもその風景が想像できます。

 

地名に関しては、素晴らしいアプリもあります。

 

災害地名

 

まず、住んでいる場所を対策することが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
 最近のエントリ
 カテゴリー
ブログ(440)

はじめに(10)

プロフィール(7)

社長のつぶやきコラム(80)

岡田工務店こだわりの家づくり(45)

「歳を取らない家」(8)

遊家の家づくり(124)

初めての家造り(10)

ストレスを軽減する家(13)

家造りポイント(10)

賢い資金計画(1)

賢い キッチンづくり(2)

賢い 浴室づくり(2)

賢い 庭づくり(1)

賢いメンテナンス(6)

賢いエネルギー(2)

賢いリフォーム(2)

賢い家造り(14)

健康住宅 睡眠(4)

健康住宅 ストレス(9)

健康住宅 カビ(9)

健康住宅 空気環境(8)

健康住宅 色(5)

健康住宅に 照明(3)

困った 中古住宅(1)

困った 片付け(1)

困った マンションリフォーム(1)

困った 涙のクレーム(12)

困った 環境問題(52)

困った ややこしい同居や相続(0)

困った 火災(4)

困った 離婚と家(2)

困った 結露(3)

困った 火災保険(1)

安心 二帯住宅(2)

安心 耐震診断(12)

安心 耐震構造(6)

こだわり リビング・ダイニング(1)

こだわり子供部屋(1)

こだわり 家電(5)

こだわり 照明 光 色彩(7)

こだわり 家造り(3)

長持ち 健康(10)

長持ち こだわり(4)

長持ち 土地(2)

長持ち 間取り(2)

長持ち 基礎(7)

長持ち シロアリ(2)

長持ち 構造材(6)

長持ち 屋根(1)

長持ち 断熱気密(7)

長持ち 外壁(4)

長持ち 外壁塗替え (1)

長持ち 音(9)

長持ち 高気密高断熱(2)

長持ち 通風計画(6)

長持ち 設備(4)

長持ちキッチン(1)

長持ち デザイン(0)

長持ち 家具(1)

長持ち 光熱費(2)

長持ち 内装(4)

長持ち 壁紙(1)

長持ち 畳(0)

長持ち リフォーム(4)

長持ち ウッドデッキ(0)

長持ち 現場管理(3)

長持ち その他(0)

長持ち 家に関係なし(0)

施工住宅動画紹介(5)

子育て日記(6)

住宅医のつぶやき(6)

健康になる家(5)

失敗しない家造り(11)

賢い共稼ぎの知恵(1)

長持ち外壁塗装(3)

ブログアーカイブ
岡田工務店の強み
パッシブライフ
ブログ
イベント情報
施工事例
ただいま施工中
リフォーム事例
メルマガ登録はこちら
OKADAチャンネル
会社案内
資料請求・お問合せ
コンテンツ
  • 岡田工務店の強み
  • パッシブライフ
  • ブログ
  • イベント情報
  • 施工事例
  • ただいま施工中
  • リフォーム事例
  • メルマガ登録はこちら
  • OKADAチャンネル
  • 会社案内
  • 資料請求・お問合せ
  • 物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル

    物件情報
    レモンの家
    リフォーム評価ナビ
    リフォームコンタクト
    ウシタパーク
    ウシタクラース
    houzz
    リッチバススタイル
    こだわり社長のつぶやき
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ